2016年06月28日

付き添い

 最近妻の視力が落ち、「字が読めない」だの、「こんなに不便とは」と、嘆いている。

 元々妻の目は、見え過ぎるくらい良かった。テレビから5,6mほど離れても小さな字幕が難なく読めたほどだ。車に乗れば、私には全く見えない遠くの看板の文字が判読できた。しかし2年くらい前から、「なんだか、前みたいにハッキリしなくなった」と言い出し、ビンのラベルを見つめてはため息をつき、私に「読んで」と頼むことが増えた。しかし、遠くはまだ良く見えるから、免許更新は裸眼で大丈夫だ。

 数年前に白内障の手術をした私だから、彼女の不便さは良く理解できる。今になって、「目で悩んだことなんてなかったから、見えない人の気持ちが分からなかったわ」と、当時の私の状況に同情する。遅いんだよ!

 「加齢による老眼じゃない?」と言うと、「・・・」、まだ老いを認めたくないのか、悔しそうに黙ってしまう(笑)。

 最近更に症状が進んだようで、眼鏡を取っ替え引っ替えしては、「読めない」「こんな小さな文字、誰が読めるんだよ!」と、文句の矛先が印字した相手に向かう。「お前だって、かつては苦もなく読んだじゃん」と言うと、「確かに。そう言えば、針の穴に糸を通せない母親を見て、どうして見えないのかと思った」

 人間、自分がその立場にならないと分からないものだ。

 単に老眼だけならいいけど、私のように白内障だったり、もっと悪ければ緑内障、最近増えているらしい「黄斑変性症」だと心配だ。「一度ちゃんと検査した方がいいよ」と勧めると、素直に頷いた。「いつもそのように素直だったら」と言いそうになった(笑)。

 白内障で世話になった当時の眼科医を思い出し、先週仕事を休んで、病院に連れて行った。当時でも結構年配の医者だったので、「ひょっとすると引退したかも」と懸念した。しかし、元気に診療していた。

 「瞳孔を開いて検査する」ことになり、その為の点眼をする。私が散々体験したことだ。時間がかかるし、一人で待っていてもしょうがない。近くの喫茶店で時間をつぶすことにした。「終わったら連絡して」と伝え、病院を出た。

 2時間後、携帯の着信ランプが点滅した。弾けた声で、「どこも悪くないって!」と叫んでいた。「悪いのは頭だけだ」と聞こえないようにつぶやきながら、「良かったね」と、一応喜んでおいた。

 病院に戻り、自宅に帰る途中、レストランに寄り、ランチした。検査の結果を得意気に喋る彼女。異常のなかったことがよほど嬉しかったようだ。ちゃんと度の合うレンズにしたら、嘘のように良く見えるそうだ。「処方箋をもらったので、近いうちに新しい眼鏡を作る」と、それがまた嬉しそうだ。

 つまりは、度の合わぬ眼鏡を掛けて、「見えない、見えない」と騒いでいただけだったのだ。人騒がせな奴だ。

 仕事を休んでまで付添うことはなかった。まったく!
posted by Boo! at 21:57| 東京 ☁| Comment(4) | 健康・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

代車

 今月末に車検が切れるので、ディーラーに持ち込んだ。「購入してからもう3年になるのか」と驚いてしまう。3年で走行距離約25,000kmだ。平均以上走ってるかもしれない。しかし4.5年前まではこの倍近くは走っていたから、随分減ったものだ。ロクに洗車もしないので、汚れ放題だ。今年2回しか洗ってないと思う(恥)。

 弁解するわけではないけど、この程度ならまだ良い方だ(?)。知人の中には更に上を行く者がいる。新車を購入したら、次の車に買い替えるまで全く洗車しないのだ。「車なんて足だから、走りゃいいのさ」と涼しい顔だ。車検は受けず、買い替えるのみ。だから新車から1週間までが綺麗で、その後は汚れるに任せる(笑)。ここまでは真似できないなあ。

 若い頃は車を持つと嬉しかった。だからヒマさえあれば洗車し、磨いた。今とはえらい違いだ(笑)。ま、今回の車検できっと綺麗に洗車、ワックスがけしてくれるはずなので、これで年末までは洗車しなくて済むかな・・・(笑)。

 しかし、洗車しないからと言って、乱暴に扱っている訳ではない。消耗する部品はケチらず交換する。タイヤ、ワイパー、油脂類などは距離か経過日数、どちらかを優先して決める。だから車の調子はすこぶる良い。

 以前、車検というと最低3日は預けたものだが、最近は午前に出せば夕方には完了させる業者も珍しくない。まるで、クリーニング店の「朝出して夕方オーケー」みたいだ(笑)。しかし、車検くらいはゆっくり丁寧に点検作業して欲しいので、2、3日は預ける。その代わり、代車を用意してもらう。

 今回の代車は新車同然で、まだ2か月らしい。ボディも車内もピカピカで、新車の香りがする。普段汚れた車を運転してるので、なんだか気持ちが新鮮になり、運転も慎重になるような気がする(笑)。

 いつまで運転できるのか分からないけど、運転する限りは安全運転に努め、事故を起こすことなく、いずれ免許返納したい。
posted by Boo! at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

宝物か、不用品か?

 何か楽器を弾く方には「一つだけでは満足しない」傾向があるように思う。スチールギターにしろ、ウクレレにしろ、一つしか持ってない方は少ないのでは?

 だが中には、二台、三台どころか五台、十台以上も揃えてご満悦な方も珍しくない。

 私の周囲にも腕自慢ならぬ楽器自慢の方が何人かいる。「何台あったって、一度には弾けないじゃん」と嫌味を言うと、「それぞれ音色が違うので曲によって使い分ける」と、のたまう。「音色だけ変化しても、腕が変化しないとなあ」と喉元まで出かかるけど、それは言わない。「そのお言葉、そっくり返す」と言われるのがオチだからだ(悲)。

 普通に考えれば、一台あれば充分とは思う。しかし、楽器に限らず、趣味道楽で使う道具には惜しみなく金を使う方が多いのも事実だ。他のことにはケチでも、そういう金は惜しくない。しかしほどほどにしないと、奥さんとトラブルになりかねない。だからたぬきさんは生傷が絶えない。

 スチールギターを各部屋に一台づつセットして「どの部屋にいても弾ける」と得意顔の知人もいる。「じゃ、トイレや風呂場にも置いたら?」と追い打ちをかけると、「そうしたいくらいだ」と、ほざく。もう病気だ(笑)。

 我々年代の若い頃はとにかく貧乏時代で、高価な楽器を手に入れるのは夢の夢だった。物も少なかったけど・・・。大学のサークル仲間にはリッチな奴もいて、ギブソンやフェンダーのギター、アンプを持っていた。私が使う安い国産と比べると確かに音が良く、羨ましかったものだ。特にフェンダーアンプTwinReverbは素晴らしく、下手な私でも上手くなったような気がした(笑)。当時の日本製品はまだまだレベルが低かった。

 しかし日本製でも新品は我々には高値の花で、質店(今のリサイクルショップみたいなものだ)が貧乏学生の御用達だった。初めて手に入れたスチールは日本メーカーの中古品。3,4千円だった。しかし、大卒初任給が2万円台だったから、今思えば大して安くないなあ。ボラれたか?見るからにボロボロで、塗装は剥げ、金属も錆びていた。それを大事に、卒業するまで使い続けた。

 だが今や贅沢な時代になり、初めて楽器を習うような方でも、最初から高価なものを選ぶ。下手すると、プロの方が安い楽器を弾いている(笑)。これは若い時には買えなかった高級ブランド楽器が身近なものになり(経済的に)、ホイホイと手に入れたくなるのだろう。何しろ今の年配者は金を持っている(?)。

 ちなみに私は「一台で充分」派だけど、いつの間にか増えている。スチール三台、ギター二台、ウクレレ二台、それにベース一台(これは借り物)だ。と言っても全て、人様から頂戴したり安く譲ってもらったか、オークションで格安落札したものだから、金額的には大したことない。

 いずれも生録音する時に使いわけようという思惑があった筈だけど、まだ充分に生かしてないようだ。これを宝の持ち腐れと言う(悲)。ま、粗大ごみにならぬよう、せいぜい活用しないと・・・?
posted by Boo! at 22:52| 東京 🌁| Comment(11) | ハワイアン音楽・楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

熊に注意!


 最近熊の出没ニュースが多い。人間が襲われて大けがしたり、最悪の場合は殺されることもある。

 冬眠から覚めた熊が食べ物を求めて歩き回る。昔は山の中で充分な食べ物が採れたから人里に降りてくることはなかった。しかし人間による自然破壊や乱開発した結果、食用である木の実や山菜が激減し、山を降りてくることが多くなっているのだろう。それも人家近くどころか、いつだったか家の中に入って食べ物を漁っていたニュースもあって驚いたものだ

 これは熊に限ったことではなく、猿や鹿なども同じだ。

 かつて、「マタギ」という職業があった。今や死語かもしれない。熊や鹿を求めて山に入り、鉄砲で仕留める。高値で取り引きされる熊胆や毛皮、角が貴重な現金収入になったそうだ。しかし、なかなか出逢うことはないから、何日もかけて追い求める大変な仕事だったのだ。現在だったら、熊のほうから近づいてくるから、取り放題かもしれない(笑)。

 熊と言えば思い出した。一度書いたような気もするけど、悪しからず。先月亡くなった秋田の従兄の話だ。従兄は毎年春と秋、山菜や茸採りをした。楽しみだったのだ。ある年も山菜採りに山奥に入った。地元人間だから、山は熟知している。従兄しか知らない秘密のような場所が最高のポイントだとよく自慢していた。と言うことは、野生動物にとっても最高の場所だ。

 籠を背中に背負い、採った山菜を籠に放り込む。夢中になって続けていると、籠は結構な重さになる。「それにしても、嫌に重いなあ」と、異変を感じた。何気なく後ろを振り返ると、なんと熊が籠に手を乗せていた。仰天した従兄は動くこともできず、ひたすらじっとした。熊は籠に入った山菜を食べ尽くすとゆっくり去ったそうだが、その間、「いつ襲われるか、生きた心地しなかった」と語った。そりゃそうだ(笑)。それにしても、従兄の冷静な行動は素晴らしいと思う。

 実は従兄と熊の遭遇はこれだけではない。その後もあった。二回目は茸採りに向かう途中に出くわした。道路前方を横切る2頭の母子熊だったそうだ。子連れの母熊は神経質なので、とにかく刺激しないように通り過ぎるのを待った。ここでも冷静だ。

 しかし最近のように、熊の出没が当たり前になってくると、うっかりハイキングもできなくなる。イイヴィさん、気をつけてね?

 私もつい最近、熊に会った。従兄の葬儀で秋田に行った時だ。秋田駅改札口で年老いた熊が一頭、私を待ち構えていたのだ。あー、怖かった。
posted by Boo! at 21:40| 東京 ☁| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

ちょっと待て、Win10! (2)

 前回の記事一回で終わらせようとしましたが、やはり中途半端のようですので、続きを書きます。

 Win10にアップグレードしてしばらくは何の問題もなかった。操作の違いに若干戸惑うことはあったが、これは慣れるしかない。ネットで「トラブルの多いOS」と散々の評価とは無縁と思えた。「無償アップグレード期間」が残り少なくなってきたし、古いソフトが使えることも確認できたので、常用しているもう一台のPCも「アップグレードしよう」と検討し始めた。

 そんな矢先、突然画面が固まった。導入してから2ヶ月後のことだ。こういう時は、しばらく時間を置けば復帰することもあるので、静観した。時々クリックしては確認するが、一向に変化なしだ。スタート画面のどこをクリックしても反応しないし、タスクバーに置いてあるソフトも起動できない。仕方なく再起動しようとしても、電源オプションの「シャットダウン」「再起動」が見つからなくなった。これではお手あげだ。

 あとは強制終了しかない。出来るだけ避けたいが、やむを得ない。PCの電源ボタンを長押しした。

 再び立ち上げると、何と今度はスタート画面が消えてしまった。普通は、「Windowsキー」を押せばスタート画面のOn/Offができる。しかし押しても、キーを受けつけない。ただ今度は右クリックで裏メニューを出せるようにはなった。とりあえず、プログラムを呼び出したり、起動・終了させることは可能になった。でもこれでは使い難い。とにかくスタート画面を復活させることだ。

 ネットで調べると、私と同じトラブルで困った利用者の怒りや相談、質問が溢れていた。「これがWin10の欠陥か・・・?」と、やっと思い知らされた。

 いつ頃から問題化したのか調べてみると、昨年の9月過ぎてから騒ぎが大きくなっている。実際はアップグレードが始まった直後からだったとも考えられる。

 問題はこのトラブルに対して、M/Sはどんな手を打ったかだ。どうも後手後手に回っている印象だ。

 私がアップグレードしたのは4月過ぎだ。問題が出てから何ヶ月も経っている。改善修正されたプログラムが配布されて当然でしょう。なのに依然として欠陥プログラムのまま配布するとはひどい。しかも勝手に更新する。文句ばかり言ってもしょうがないか…。

 ネットにはいろんな解決法が提示されてはいる。しかしほとんどは絶対的でなく、何度も試行錯誤しては解決に至っている。その熱意、必死さ、努力には脱帽だ。しかし一方では、なんでユーザーがこんな苦労しなければいけないのか、怒りも増してくる。


 かなり専門的知識のある方にしか解決できない方法では、一般ユーザーにはリスクが伴う。特にレジストリを書き換えたり、書き加えるのは敷居が高いでしょう。だめ元覚悟なら挑戦してもいいかも知れませんが。

 下手にいじくり回すよりも、いっそのこと最初からインストールしなおそうかと真剣に考えた。その場合は、Win8.1に戻す。こんな不安定なOSでは怖くて使えないからだ。

 それでも、「これなら」という解決策が2つほど候補に昇った。しかし手間がかかりそうだ。しかも100%確実でない点でためらってしまう。

「誰でも簡単に解決できるやり方はないのか?」の思いで、片っ端から検索した。

「問題の根源はM/Sにあるのだから、M/Sが情報をださないとおかしい」と考えなおし、M/Sサイト一本に絞って検索を続けた。

 やがて、どうやら自動修正してくれるプログラムを提供するアドレスを見つけた。Windowsupdateとは異なる。M/Sのサポート専門のサイトだ。

 これは試してみても良いと判断し、思い切ってアクセスした。接続されるとすぐに診断が始まり、やがて、「壊れたファイルを修正」と進み、「正常に終了した」と出た。この間15分くらいだったか。

 恐る恐る再起動した。なんと見事に蘇ったではないか。スタート画面が復活し、Winキーの切り替えも問題ない。ネットでの悪戦苦闘ぶりが嘘のように簡単だ。余りにも苦情が殺到し、M/Sも危機感を募らせたのだろう。慌てて修正プログラムを出したと思われる。しかし誰にも検索できるようにしろ、と言いたい。

 実は後日談がある。つい最近、妻のPCがWin10に勝手にアップされた。本人は予約した覚えがないのにだ。家にいる時は電源Onのままだから、気がついたら10になっていたらしい。「私に断りもなく」と、えらい憤慨していた(笑)。

 そして1週間後、やはり私同様、同じ症状がでた。「なに、これ!」と、不安げな妻。

 すでに解決済の私は自信満々だ。「多分大丈夫だよ」といいながら、前回メモしておいたアドレスにアクセスした。無事修正され、何ごともなかったかのように正常に戻った。

 以上、Win10不具合解決顛末記でした。

 もしまだ未解決で困っている方、以下にアクセスしてみてください。またこれからWin10へアップグレードを予定している方もメモすることをお勧めします。備えです。ただし、これで解決できなかったとしても、責任は負いませんが。

 http://aka.ms/diag_startmenu
posted by Boo! at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

はや、6月!

 6月は雨の月、という印象が強い。梅雨の時期と重なるからでしょう。

 沖縄は先月梅雨入りしたそうです。通常、沖縄から3,4週間ほど遅れて関東も梅雨入りしますから、今月10日前後に「梅雨入り宣言」が出るのではと読んでいます。どうでもいいですけどね(笑)。

 雨も、降らないと困るけど、降りすぎても困る。昨年もあちこちで水害被害が出た。日本は「災害の国」と言われる。近年、その被害が益々大きくなっているように思う。これも「地球温暖化」が原因なのだろうか?といっても、その原因だって人間が作り出したものだ。自然からのしっぺ返しと理解した方がよい。

 しっぺ返しと言えば、人間の世界にもよくある話だ。

 身近なところで、例えばたぬきさんだ。若い女性にちょっかいを出し、顔がひん曲がるほどの平手打ちを食った。お蔭で、却って正常近くに矯正されたそうだ。それは良かったけど、根性は曲がったままだ(笑)。

 阿羅漢さんも大変だった。修理で預かったマーチン製ウクレレから勝手に部品取りし、価値のないジャンク・ウクレレに生まれ変わらせた。怒った注文主から損害賠償を請求され、ん十万も支払ったそうだ。ま、天罰でしょう。

 この救いのないお二人に比べて、紳士あたごウクレレさんを見よ。奥さんを愛し、子供を愛し、ついでに金も愛す。実に愛に囲まれた人生を歩んでいる。本当のところは知らないけど・・・。

 特に書きはしませんでしたが、先月は色々な予定が重なり、休みの日曜日がすべてつぶれた。大事な予定だけでなく、どうでもいいような予定もあった。今月も、日曜日が3回つぶれそうだ。どこかで代休でも取らないと、体が参りそうだ。

 私の年齢になると、段々と交際範囲が狭くなる。自分でその範囲を制限することもある。しかしできるだけ友人・知人との付き合いは維持したいと考えているので、少々面倒と思っても、頑張って出ることにしている。ただし、仕事上の付き合いは、どんどん減らす方向にある。いずれリタイヤすれば、そんな付き合いは自然消滅するに決まっているから、大して重きを置いていない。

 オフ会だって、私にとっては大切な付き合いだ。できるだけ長く、お付き合い願いたいものです。時々、きついことを書いても、それは愛情の裏返しと思っていただければ、これ幸いであります(笑)。
posted by Boo! at 23:27| 東京 ☁| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする