2016年07月26日

なんだかなあ・・・。

 「ポケモンGO」とかいうゲームが連日のように報道されている。世界中が大騒ぎし、やがて日本にも上陸するや、もうお祭り騒ぎだ。私はこのようなゲームには関心がないからどうでもいいのだけど、それにしても、ちょっと異常ではないか?
  
 関心がないからゲームの中身もよく分からない。しかし、新聞やネットなどから知ったかぎりでは、こんなゲームらしい。画面に現れるポケモンをゲットするために、探し歩く。実在の場所に隠れているから、スマホのGPS機能を使って自分の位置を確認し、画面を見ながらその場所に向かう。その為、ポケモンを探す者たちが同じ場所に群がることになる。うまくゲットできれば、なにかポイントがつくのか?よく分からん。

 触れたこともないので、正しい理解とはとても言えないけど、現実と仮想の世界が入り混じったゲームのようだ。でも、ゲットしたからと言って、なんだと言うのだろう?それだけで面白いのかなあ?他にも面白いことが隠されているのか?
 
 日本に上陸した直後、いつものように近くの公園に行った。日課であるランニングのためだ。大体決まった時間だから、コースを走るランナーの顔ぶれは決まっている。ところがその日は、見慣れぬ若者達がウロチョロしていた。皆スマホ片手に画面を観ては景色を確認している。「あ、ポケモンだな」とすぐに分かった。公園内だからいいのだけど、しかし周囲に配慮せず、あっちにウロウロ、こっちにウロウロだから、その内目障りになってきた。中にはコースに突然踏み込んでくるバカもいて、走行中のランナーにとっては危なくてしょうがない。

 先日の日曜日、某駅でのこと。下りエスカレーターに乗った。一段前にいた若造がスマホに食い入っていた。上から目をやると、案の定、ポケモンだ。「場所もなにもわきまえない奴だ!」「足を踏み外して落ちてしまえ!」と怒鳴った・・(図体のでかい奴で、怖そうだったので、心の中でだ)。

 やがて階下に近づいたので降りるつもりで足を前に出そうとした。こういうのは流れに乗るようにしないと後ろの方に迷惑をかける。所がこの若造、エスカレーターから降りたらそこで立ち止まってしまった。そしてスマホ画面と駅構内を交互に見比べている。上からは次から次に人々が降りてくるから、私など、避けようとして躓きそうになった。

 なんでしょうね、この現象は!
 
 ポケモンに夢中になってのトラブルも発生している。事故も起きている。入ってはいけない敷地、施設に入ろうとしたり・・・傍若無人だ。政府が躍起になって、「マナー守って」と呼びかけているが、こんな事も異常だ。そもそも「歩きスマホ」を平気でやる連中がそんな注意を聞くわけがない。

 一番の問題は、ゲームメーカーにある。こうなることは開発の段階で予想できたはずだ。どれだけ社会に悪影響を及ぼすか分かり切ったことだ。もしそれを承知の上で公開に踏み切ったとしたら、社会的責任を放棄、無視したことになるし、そこまでの考えが及ばなかったのなら、さらに情けないことだ。「儲かればいい」の考えだったら、最低だし・・・。

 利用者のモラルに期待する前に、ゲーム機能そのものが周囲に迷惑をかけないような設定になっているべきだ。それでも、逸脱して迷惑をかけまくる者はなくならないだろう。その場合は厳しく取りしまる。罰金100万円取ったってよい(笑)。車の運転だって、法律で厳しい違反条項があり、それを大方が守っているからなんとか安全に走れるのだ。
 
 ゲームの面白さを減らしてでも、機能を制限するべきと考える。

 私が心配するのは、我が豪邸敷地内にポケモンが隠れていると情報が流れ、気味の悪い連中が庭にたむろすることだ・・・想像しただけで怖い。実際、静かな住宅地にこのような連中がどこからか集まり、住民が迷惑をこうむっていると新聞に報じられていた。

 もし自宅周辺に夜な夜な集まってきたら、急きょ露店を出し、法外な料金で飲み物を売ろうと思う。通常100円ドリンクを1000円で提供したい。あるいは敷地立ち入り料金として、1分1000円でもいいか・・・(笑)。この場合は、1時間でも2時間でも滞在してよろしい。儲けが出るから(笑)。

 読者の皆さんは高齢者ばかりでしょうから、こんなゲームには無関心のはずです(?)。いや、阿羅漢さんは例外かも。すぐに飛びつくタイプだから(笑)。

 ま、迷惑をかけぬよう、ほどほどにお願いします。
posted by Boo! at 23:04| 東京 ☔| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

夏休み

 西の方は梅雨明けしたのに、こちら関東はまだだ。それどころか、梅雨明け間近になったら、むしろ梅雨らしい天候になっている。お天道様も気まぐれだ。

 そろそろ夏休み計画を立てたいところだ。8月のどこかで軽井沢で数日間過ごす予定だけど、あとは空白のままだ。

 あ、下旬にオフ会があるのだった。ブログのコメントを通してお知り合いになった方達との集いだ。年に1,2回集まってはスチールギターの腕を竸ったり(?)、飲食、会話を楽しむ。元々赤の他人だったのに、こうして親しくお付き合いできることは素晴らしいし、不思議だ。しかも、もう10年近くも続いているのだから奇跡に近い。これもひとえに私の高貴高潔なる人格、掃除機のように人を吸い寄せる人間的な魅力に依るところが大きい・・・と考える。これがもしたぬきさんや阿羅漢さんだと離散家族のようにバラバラになり、とっくに空中分解している(笑)。

 まだ連絡してないけど、信州にいる叔母の見舞いにも行きたい。もう95歳くらいだが、頭はしっかりしている。しかし膝や股関節を痛め、2年前には手術した。いっとき、「楽になった」と喜んでいたが、最近再び痛み出し、歩きが難しくなり、杖や車椅子に頼っているという。

 私と同い年の息子(いとこ)が同居、面倒を看ていると言いたいが、食事は叔母が今でも作る。その頑張りは驚異的だ。いとこは車の板金塗装を仕事にしている。親父の跡を継いだ。自宅敷地内に作業場があり、そこで一人黙々と働く。叔母にも目が届くから都合も良い。一度結婚したが直ぐに破局、以来再婚することなく独身だ。だから叔母は、自分亡き後の息子の行く末が心配でたまらない。思うように動かなくなった体にも拘わらず食事を作り続けるのも、「不憫だ」の思いが強いからだと思う。もっとも、それが生きる気力になっているとも言える。

 電話すると、口癖のように「**ちゃん(私のこと)はいいね。綺麗な奥さんがいて…」と言う。「そうですか?ま、二枚目には美女が寄ってくるんです」と返すと、電話口で大笑いする。なかなか反応も良いのだ。

 同い年のいとこがもう一人いる。隣町にいるので、見舞いのついでに呼び出し、3人で飲もうと計画している。我々3人は同年齢、同学年なので子供自分から兄弟のように仲良かった。本当はあと一人いたのだけど、こちらは40代の若さで亡くなった。

 3人が元気なうちに集まらないと、いつチャンスを失うとも限らない。

 皆さんの夏休み計画は?
posted by Boo! at 22:18| 東京 ☁| Comment(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

雑考

 お中元の時期ですが、基本的には「虚礼廃止」のスタンスなので、ほんの限られた方にしか送らない。

 ひと頃は仕事関係、親類を始めとして、生前両親がお付き合いしていた方達にまで送っていた。しかし私にとっては義理のみで送るだけなので、段々バカらしくなり、ある年を境に大半をスパッと切捨て、スリム化を図った。それでお付き合いが変になったかと言うと、そんなことはない。今では「どうしても送りたい」方だけに絞っている。散々お世話になったということもある。

 お中元、お歳暮は送らないけど、季節ものに限って送る相手もいる。新茶が良い例だ。むしろこちらの方が喜ばれるかな。逆の立場で考えても、新米やさくらんぼ、ぶどうなどが送られてくると凄く嬉しい。

 最近はスリム化を意識しなくても、自然に数が減っている(悲)。ついこの間まで元気だった者が次から次に亡くなるからだ。5月には秋田の従兄が亡くなったので、この春送った新茶が最後になった。

 6月末、お中元の手配をしようと、近くのデパートに行った。これまで送った履歴を一覧で表示してくれるので、品物さえ決まれば簡単に手続が済む。しかし今回は従兄ともう一人が亡くなったので、削除をお願いした。こういう時、いつも複雑な気持ちになる。「本当にいなくなった」ことを再認識させられるからだ。

 一方では、長年送り続けてくれた秋田の新米が今年から期待できなくなる。後を継いだ息子には期待できない。従兄最後の新米が残り少なくなったけど、精米する度に顔がうかぶ。また信州の従兄も難病にかかり、自慢の二十世紀梨の栽培ができなくなった。新米同様、昨年の梨が最後になった。丹精込めて育てた梨の木は全て伐採したそうだ。無念だったろうし、私も悲しい。

 いま気がかりなのは、都内に住む従兄だ。私より一回り近く年上だ。最近アルツハイマー病の症状が出てきたらしい。実を言うと、2,3年前から何となく私は異変を感じていた。日常生活にはほとんど問題なかったし、たまに「あれ?」と気にかかる程度だった。それがここへ来て、家族を悩ますほどの行動が目立ってきたそうだ。

 この従兄の連れ合いは大変できた人で、私も大好きで尊敬もしている。美人でもある。従兄の会社が上手くいっているのも、彼女の力に依るところが大きい。しかし最近は仕事にも支障が出始め、「どうしたものか」と、泣きながら電話がきた。

 話を聞くほどに、こちらが思う以上に深刻な状態にあることが分かった。「まずは病院で適正な診断を受けること。念のため、介護サービスの申請をしておくこと」などをアドバイスした。これらは母介護の経験からだ。

 しばらくして連絡がきた。嫌がる本人を家族中で説得し、大きな病院に連れて行った。診断した先生は「すぐに入院を」と勧め、そのまま入院となった。あきれるほどの急展開だ。そこまで症状が進んでいたということだけど、彼女は「ひさしぶりに熟睡できた」と、ホッとしたような声だった。

 これからどうなるのかわからないけど、快癒することはまず期待できない。また、家族で看ることも難しいだろう。後は穏やかに暮らせるように、老人ホームの手配も視野に入れるようにと伝えた。

 阿羅漢さんやたぬきさんのように、生まれながらにしてアルツハイマー的な方もいる。たまに正常だと、かえって「どうしたの?」と心配になるものだけど・・・(笑)。

posted by Boo! at 22:28| 東京 🌁| Comment(14) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

選挙

 大騒ぎしていた割には投票率も上がらず、結局は大勢に影響なしで終わった。「これでいいのかな?」の思いもあるけど、結果は結果だ。後は、舵取りを誤らず、国民を安心させる方向に導いて欲しいと切に願うしかない。

 私は政治に関心が特にある訳ではないが、それでも投票には必ず行く。最低限の義務だし、棄権しておいてあれこれ文句を言う権利はないと考えている。しかし、投票に行きたくない気持ちもよく分かる。「投票したって・・・」「入れたい党や人もいない」と諦めの気持ちが無関心に向かう。でもその無関心は、時の権力者にとっては「思う壺」だから、やはり投票して欲しい。

 支援したい党がないというのは、本当は不健全なことだ。共鳴したくなるような政策や主義主張があって初めて応援したくなるものだ。しかしどこも上っ面な甘言ばかりで信用できない。「勝てば官軍」とばかり、公約などなかったかのように反故にされるし、露骨な党利党略ばかり見せつけられる。

 最近一番気になるのは、政権によるマスコミへの対応だろうか。不都合な情報は出さないし、政権を批判するマスコミを閉め出す。放送法をちらつかせて、「批判的な放送局は放送停止することもあり得る」とまで発言した政治家まで出てきた。呆れるし、驚くぺき発想だ。マスコミを支えているのは、我々国民だ。マスコミを閉め出すということは、国民を閉め出すことに他ならない。こんな基本的なことすら理解しない政治家など、本来は資格などない。それでも大手振って歩ける不思議な日本型政治。

 政権寄りの放送局や新聞社ばかりになったら恐ろしい。それこそ戦前の日本、現在のどこかの国と変わらなくなる。御用学者、御用マスコミもいらない。マスコミももっと立ち向かわないと、そのうち何も言えなくなる。今、その危機にあるのではないか?

 批判的な意見もきちんと聞く、という大人の態度を取ることこそ民主政治だ。政治家にはもう一度原点に戻って、「民主国家とはどういうことか?」と見つめなおして欲しい。

 あまり政治的なことには触れたくないブログですが、不安感が増すばかりなので、つい偉そうな事を書いてしまいました。

 反論する方もおられるでしょうが、一切受け付けません。なに?それこそ民主的でない?いいのです。この私のブログに限って、独裁に徹しているからです(笑)。

posted by Boo! at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

長寿命?

 「もう、梅雨が明けたのでは」と思わせるような天気が続いている。明ける前から34,5度以上の暑さでは体に堪えますね。扇風機の風で凌げる内はまだ良いけど、さすがにここへきてエアコンを使う日が多くなった。

 我家は一応24時間換気システムを取り入れ、断熱対策もしてある。16年前、当時の住まいが余りにも不快適だったので、それら不満点を解消すべく建て替えを決心した。以前は夏暑く冬寒しの典型的な家だった。何しろ真夏のひどい時は二階の部屋は40度近くになる。エアコンはフル稼働だった。冬は冬で厳寒時朝、階下に降りると、4,5度以下に冷え切っていたこともあった。つまり、室内が外気温と大して変わらない家だった(悲)。某大メーカーの建てた家にしてはお粗末で、「有名メーカーと言ったって、当てにならん」と思ったものだ。

 こんな家では年と共に辛くなる。愛着も感じない。なにより、光熱費のかかることといったら・・・。まだ築17年だったけど、我慢ならず遂に建て替えた。断熱に力を入れていたメーカー数社から資料を取り寄せ、比較検討した。工場にまで見学しに行った。勿論、不満の多かった某大メーカーは候補から外した。

 各メーカーの設計書は、積み上げると30センチ以上にもなった。納得できるまで書き直させたから担当者も大変だったと思うし、よく付き合ってくれたと感心する。それでも最終的には一社に決めないといけない。優劣つけ難く、正直、苦渋の選択だったが、結局は品質、センス、そして営業マンの人柄にほれ込んで某社に決定した。

 予算はかなりオーバーした。しかし「これが最後」の思いで契約した。今でこそ当たり前になってきたが、高気密断熱パネル、24時間換気システム、断熱/防音用2重サッシ窓etc・・・できるだけ外気温に影響されない部材を選んでもらった。

 建て替えた恩恵は大きかった。最初の冬、最も寒い零下2.3度の外気温でも屋内は常に12度以上をキープした。これにはビックリした。以前と10度も開きがある。真夏も助かる。35度以上の猛暑日でも滅多に30度を超えない。暑い外から玄関に入るとヒヤッとして、冷房をつけているのかと勘違いしたこともあった。以前は屋内に熱がたまり、特に二階の部屋は40度近くになることもあった。エアコンもすぐ効くので、光熱費も下がった。

 夏の睡眠も楽になった。寝る少し前に寝室を冷やしておき、ベッドに入って2時間後に切れるようにタイマーをセットする。切れた後は扇風機だけで充分快眠できる。この扇風機、もう30年にもなる古いものだ。しかし、今の最新機種に負けない、むしろ優れている機能を持っている。

 当時としてはまだ珍しいタッチボタン、首振り角度は30〜100度で選べる(今、こんなのないでしょう)。最も重宝するのが、お休みタイマーだ。1,2.4時間後に切れるボタンを選ぶ。自動で適当に首を振り、時々風を止めたりもする。優しい風なので睡眠の邪魔にならない。風が当たり続けて体調を崩さぬようプログラムされているらしい。

 比較的新しい扇風機も二台あるが、この30年ものには負ける。当時の技術者たちの製品作りに対するこだわり意識の高さが感じられる。寝室専用に使っているが、人間の老衰死のように、いつか自然に動かなくなるまで使い続けたい。もっとも、扇風機が先か、私が先か・・・だけど(悲)。
posted by Boo! at 21:51| 東京 ☁| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

はや、7月!


 鬱陶しい梅雨もあと2、3週間もすれば明けるでしょうが、現在の所、あまり雨がふらず、夏の水不足が心配だ。

 昔も異常渇水の年があった。首都圏の水がめがほとんど空っぽになり、段階的に厳しくする取水制限をとった。むやみに水を使えないようにしたのだ。水道の蛇口を目一杯緩めても、ほんのチョロチョロしか出ないので、炊事洗濯をする母親達は大変だったと思う。

 それが台風一発上陸すれば、あっと言う間に解決した。その時ばかりは「台風様々」だった。その台風も、今年はまだ発生してないから、深刻な状況にならねばいいがと気がかりだ。

 さて今月は知人バンドからベースでの助っ人を頼まれているし、昔の学友からは定期コンサートの招待を受けた。こちらは宗教音楽の合唱なので余り気乗りしないけど、友達付き合いの義理だと思って出かける。ベースの手伝いは、楽器・アンプすべて用意してくれるというので、手ぶらで行けばいいけど、上手くてもっと若いプレーヤーに依頼したほうがいいのになあ、と思っている。なんか、気恥ずかしい。

 小中高大の学友たちのほとんどはリタイアし、それぞれ趣味道楽に時間と金をかけている。中には大学に入り直し、勉強や研究に情熱を燃やしている者もいる。勉強嫌いな私には真似できない。いづれにしろ、恵まれているからこそ優雅な老後生活を送っている連中だ。

 我々世代の大半は学校を出てからコツコツと真面目に働き続けた。その結果が老後の安定生活に結びついた。社会がそのようなシステムになっていたのだ。だが現在はどうだろう?非正規雇用がはびこり、若者たちの夢や希望を奪い取っている。実に不健全な日本社会に成り下がっている。安定した仕事や収入を得られないで、人生設計が描けるはずもない。

 と私が嘆いても、なにも力にはなれないか・・・(悲)。せめて資産100億円に到達したら、恵まれぬ若者たちに寄付しようと、実に崇高な考えをもっているけど、でもまだあと99億9千9百九拾万円ほど不足している。生きている間に到達するだろうか?ちょっと難しそうなので、広く皆さんから援助してもらうのがいいかもしれない。でもたぬきさんや阿羅漢じや期待できない。資産ゼロどころか、相変わらず借金返済に苦しんでいるていたらくだ。

 あたごウクレレさんはどうか?奥さんに財布を握られているようなので、難しいでしょう。MATTさんはハワイ生活で使い果たしたし・・・。paulさんは火の車状態、イイヴィさんも高価な車や自転車などにつぎ込んでいるから、期待できない。

 こうしてみると、オフ会メンバーは意外と金欠であることが分かった(笑)。あ、そうだ、きぃばつさんがいた。超真面目タイプだから、相当に貯め込んでいるとみた。しかし後輩であるたぬきさんが無心してるに違いないから、スッカラカンかも・・・。お気の毒に。

 などと馬鹿なことばかり書かないで、今月も元気に過ごしましょう。
posted by Boo! at 21:53| 東京 ☀| Comment(7) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする