2016年07月12日

選挙

 大騒ぎしていた割には投票率も上がらず、結局は大勢に影響なしで終わった。「これでいいのかな?」の思いもあるけど、結果は結果だ。後は、舵取りを誤らず、国民を安心させる方向に導いて欲しいと切に願うしかない。

 私は政治に関心が特にある訳ではないが、それでも投票には必ず行く。最低限の義務だし、棄権しておいてあれこれ文句を言う権利はないと考えている。しかし、投票に行きたくない気持ちもよく分かる。「投票したって・・・」「入れたい党や人もいない」と諦めの気持ちが無関心に向かう。でもその無関心は、時の権力者にとっては「思う壺」だから、やはり投票して欲しい。

 支援したい党がないというのは、本当は不健全なことだ。共鳴したくなるような政策や主義主張があって初めて応援したくなるものだ。しかしどこも上っ面な甘言ばかりで信用できない。「勝てば官軍」とばかり、公約などなかったかのように反故にされるし、露骨な党利党略ばかり見せつけられる。

 最近一番気になるのは、政権によるマスコミへの対応だろうか。不都合な情報は出さないし、政権を批判するマスコミを閉め出す。放送法をちらつかせて、「批判的な放送局は放送停止することもあり得る」とまで発言した政治家まで出てきた。呆れるし、驚くぺき発想だ。マスコミを支えているのは、我々国民だ。マスコミを閉め出すということは、国民を閉め出すことに他ならない。こんな基本的なことすら理解しない政治家など、本来は資格などない。それでも大手振って歩ける不思議な日本型政治。

 政権寄りの放送局や新聞社ばかりになったら恐ろしい。それこそ戦前の日本、現在のどこかの国と変わらなくなる。御用学者、御用マスコミもいらない。マスコミももっと立ち向かわないと、そのうち何も言えなくなる。今、その危機にあるのではないか?

 批判的な意見もきちんと聞く、という大人の態度を取ることこそ民主政治だ。政治家にはもう一度原点に戻って、「民主国家とはどういうことか?」と見つめなおして欲しい。

 あまり政治的なことには触れたくないブログですが、不安感が増すばかりなので、つい偉そうな事を書いてしまいました。

 反論する方もおられるでしょうが、一切受け付けません。なに?それこそ民主的でない?いいのです。この私のブログに限って、独裁に徹しているからです(笑)。

posted by Boo! at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする