2016年07月15日

雑考

 お中元の時期ですが、基本的には「虚礼廃止」のスタンスなので、ほんの限られた方にしか送らない。

 ひと頃は仕事関係、親類を始めとして、生前両親がお付き合いしていた方達にまで送っていた。しかし私にとっては義理のみで送るだけなので、段々バカらしくなり、ある年を境に大半をスパッと切捨て、スリム化を図った。それでお付き合いが変になったかと言うと、そんなことはない。今では「どうしても送りたい」方だけに絞っている。散々お世話になったということもある。

 お中元、お歳暮は送らないけど、季節ものに限って送る相手もいる。新茶が良い例だ。むしろこちらの方が喜ばれるかな。逆の立場で考えても、新米やさくらんぼ、ぶどうなどが送られてくると凄く嬉しい。

 最近はスリム化を意識しなくても、自然に数が減っている(悲)。ついこの間まで元気だった者が次から次に亡くなるからだ。5月には秋田の従兄が亡くなったので、この春送った新茶が最後になった。

 6月末、お中元の手配をしようと、近くのデパートに行った。これまで送った履歴を一覧で表示してくれるので、品物さえ決まれば簡単に手続が済む。しかし今回は従兄ともう一人が亡くなったので、削除をお願いした。こういう時、いつも複雑な気持ちになる。「本当にいなくなった」ことを再認識させられるからだ。

 一方では、長年送り続けてくれた秋田の新米が今年から期待できなくなる。後を継いだ息子には期待できない。従兄最後の新米が残り少なくなったけど、精米する度に顔がうかぶ。また信州の従兄も難病にかかり、自慢の二十世紀梨の栽培ができなくなった。新米同様、昨年の梨が最後になった。丹精込めて育てた梨の木は全て伐採したそうだ。無念だったろうし、私も悲しい。

 いま気がかりなのは、都内に住む従兄だ。私より一回り近く年上だ。最近アルツハイマー病の症状が出てきたらしい。実を言うと、2,3年前から何となく私は異変を感じていた。日常生活にはほとんど問題なかったし、たまに「あれ?」と気にかかる程度だった。それがここへ来て、家族を悩ますほどの行動が目立ってきたそうだ。

 この従兄の連れ合いは大変できた人で、私も大好きで尊敬もしている。美人でもある。従兄の会社が上手くいっているのも、彼女の力に依るところが大きい。しかし最近は仕事にも支障が出始め、「どうしたものか」と、泣きながら電話がきた。

 話を聞くほどに、こちらが思う以上に深刻な状態にあることが分かった。「まずは病院で適正な診断を受けること。念のため、介護サービスの申請をしておくこと」などをアドバイスした。これらは母介護の経験からだ。

 しばらくして連絡がきた。嫌がる本人を家族中で説得し、大きな病院に連れて行った。診断した先生は「すぐに入院を」と勧め、そのまま入院となった。あきれるほどの急展開だ。そこまで症状が進んでいたということだけど、彼女は「ひさしぶりに熟睡できた」と、ホッとしたような声だった。

 これからどうなるのかわからないけど、快癒することはまず期待できない。また、家族で看ることも難しいだろう。後は穏やかに暮らせるように、老人ホームの手配も視野に入れるようにと伝えた。

 阿羅漢さんやたぬきさんのように、生まれながらにしてアルツハイマー的な方もいる。たまに正常だと、かえって「どうしたの?」と心配になるものだけど・・・(笑)。

posted by Boo! at 22:28| 東京 🌁| Comment(14) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする