2016年08月29日

オフ会 2

 paulさん、MATTさんと続いて私の番だ。本当は、スチールを弾くよりも、最近の練習不足を誤魔化すためにpaulさんの伴奏に徹したかった。と言いながら一応楽器は持参した(笑)。

 paulさんと共通するチューニングなので、どうしても同じ曲が重なりがちだ。できるだけ避けようと、異なる曲を心がけた。それでも1曲ダブったかな?「Hilo March」だ。アレンジが少し違うから良かったけど・・・。この曲、メロもコードも単純だが、急速テンポなのでピッキングが意外と難しい。練習不足を露呈しやすい(悲)。

 私がスチールを弾く時はベースがいなくなる。自分で言うのも何だけど、ベースの欠ける伴奏は淋しいものだ。不安にもなる。しかし、ヴァイブ担当の方が弾けるというので、お願いした。この方、たぬきさんの後輩だが、大変器用だ。ヴァイブの腕前も素晴らしい。たぬきさんには勿体ないほどの後輩だ(笑)。

 1時間ほど遅れて来たきぃばつさんが続いて演奏。何日か前、駅のホームで転倒し、右手の薬指と小指を大怪我したと言う。確かに包帯を巻いていた。そんな状態では弾けないと思うけど、リハビリを兼ねて練習していると言うから、感心すると同時に驚く。「包帯が弦に触れて弾きにくいんですけどね」と言いながら弾き始めた。しかしそんなハンディを感じさせない演奏だった。誰かが、「怪我してる方が良い演奏ですね」と言ったが、何と失礼な…!

 転倒した原因は本人にもわからないそうだ。ま、おそらく若い女性に見とれていたから躓いたのでしょう。

 一巡して再びpaulさんだ。なにしろHSGAでは誰よりも良い演奏して欲しいから、我々も力が入る。paulさんの評価が高まれば、我がオフ会の評価も高まるというものだ(?)。

 たぬきさんは痛風で足が痛く、ペダルが踏めないので、ギター伴奏に徹していた。だから「ラップを弾きなさい」と勧めているのに・・・。

 こうして充実した1日になったが、これは偏にたぬきさんのお陰だ。なけなしの金を叩き、一部屋を改造して作ったスタジオが、今やオフ会専用に成りつつある。実に涙なしには語れないほどの「ビフォーアフター」物語だ。

 楽しいオフ会だったが、ただ今回はクソ暑い真夏だった。やはり夏は避けて、春や秋開催がよいかなと思った。

 ともあれ、お疲れ様でした。重ねてたぬきさんにはお礼を申し上げます。

2016年08月27日

オフ会

 先日、予定通りオフ会が行われ、無事終了しました。
 
 たぬきさんと昼飯をご一緒するため、私だけ1時間ほど早く伺った。チャイムを鳴らすと、出てきたたぬきさんは足を引き摺るようにしていた。「イヤイヤ、参りましたよ。痛くて歩くのも大変で…」と自分の足元を指差した。見ると小汚い足だったが、親指から甲にかけて腫れていて、いかにも痛そう。「痛風」だそうだ。情けないなあ。

 「歩けるんですか?」と訊くと、「近くの蕎麦屋までくらいは大丈夫でしょう」と我慢強いところを誇示する。

 強い日差しの下、2人で店に向かった。たぬきさんは、「すみません、肩貸してください」と言いながら、片手を私の肩に乗せた。「無礼もの!馴れ馴れしいぞ」と思い切りその手を払おうとした。昔だったら、一刀のもとに斬り捨てるところだ。

 しかし心優しい私は、「どうぞ、どうぞ」と肩を差し出した。そのままスピードを上げながら歩いたら、ついてこれないたぬきさんは転倒しそうになった。「痛いからといって、甘えるな」を態度で示したのだ。今の世の中、これくらいで丁度よい(笑)。

 今回の参加者は、きぃばつさん、MATTさん、paulさん、たぬきさん、そして私だったが、もう一人たぬきさんの後輩であるヴァイブ担当の方が加わった。

 来月HSGA日本が主催する会で演奏する予定のpaulさんのために、伴奏の手助けしようと特に力を入れた(?)。4曲の予定曲を持参してきたので、真っ先に彼から始めた。よく練習されているようで、綺麗な音を出す。これでルックスも美型なら、言うことなしだ。
 
 そのHSGAなるもの、勿論私は参加したことがない。しかし、ハワイに本部があることは知っていた。年会費を払えば誰でも会員になれることもホームページで知った。私も「入会しようかな」と、一時心が動いたこともあった。でも演奏デビューしてセンセーションを巻き起こすと、自信喪失者が出て、退会者が続く恐れがある。会の存続のためを考え、断念した…アホ言うな?

 MATTさんに対しては、あれこれ偉そうなことは言えない。ハワイでも有名なミュージシャンと共演してきた強者だから(図々しいのか?)、恐れ多い。1つユニークだと思ったのは、「Sand」の演奏だ。これは普通、CかDのキーだ。チューニングもB11とほぼ決まっている。これをMATTさんはキーをF、チューニングをD9にした。普段はC6にしているが、真ん中のG音を半音下げることによってD9になる。Sandは9thコードのオンパレードだから、これなら雰囲気がよく出る。キーをFにしたのは、このチューニングで弾きやすいからでしょう。色々とよく考える方だ。

更に有り難いことに、ハワイで収録した映像DVDを持参、皆に配ったのだ。野外ステージで弾くプレーヤー達の演奏で、とても貴重だ。きっと、「これを参考に、もっと努力しろ」の思いで配ったに違いない。鋭意、努力します(?)。


一回で収めようと書き出しましたが、疲れたので次回に続く。



2016年08月23日

オフ会間近!

 昨日、関東に台風が上陸した。夜中ころから風雨が強まり、朝起きて雨戸シャッターを開けると横なぐりの雨だった。

 それなのに仕事に出る私はなんて働き者だろう。ん?誰でもそう? 刻々と伝わる台風情報で、自宅周辺市町村での被害が頻繁に報道され、「え、あんな場所が?」と驚いた。川の氾濫、道路冠水や陥没、床上床下浸水…。普段、このような災害とは縁がないような地域だから驚いたのだ。

 1時間に100mm以上も降ったらしいが、こんな数字、どこか地方の話だと思っていた。やはり自然災害はどこにでも起こるということか?幸い、私の住む地域は高台にあるので水による災害の心配はまずない。

 皆さんのお住い地域は大丈夫でしたか?ま、たぬきさん宅以外は問題ないでしょうけど。

 さて、今週木曜日、オフ会が予定されている。毎年集まっているが、今回は参加者が少々すくない。あたごウクレレさんは他の予定が入っていてだめらしい。また、阿羅漢さん、JGさん、イィヴィさん達が不参加だ。この方たち「高齢者トリオ」と呼ばれ、足腰が弱り、歩くのも大変らしい。なに、イィヴィさんはまだ若い?いやいや、50を過ぎたら、60も70も変わりゃせんです(笑)。ま、秋田や沖縄からではそう気楽には来れないでしょうけど・・・。

 最近はたぬきさんのスタジオに集まる。時間に縛られず、ゆっくり楽しめるのは大変ありがたい。全員楽器の持ち替え可能なので、オフ会メンバーだけで伴奏を付けられる。それに、帰り際にはたぬきさんから薄謝が出るので有り難い。毎日オフ会でもよいくらいだ(笑)。


 そんなことよりも、最近はすっかり練習不足に陥っているので、恥さらしになりそうだ(悲)。そこで今回はpaulさんのバックアップに徹するか、なんてことも考えている。なんでも9月にHSGA主催のコンベンションに参加、スチールGtの腕を披露するらしいので、その予行演習に協力するには良いタイミングだからだ。我々の厳しい伴奏に耐えられれぱ、本番では楽勝でしょう。

 追記:JGさんから不参加お詫びのメールが届いた。数年前、母親介護のために東京から沖縄に戻った。現在でも介護を続けているそうだが、かなり弱ってきており、覚悟の日々らしい。毎日のように施設に通い、食事を口に入れてやるそうだけど、「えらいなあ」と感心してしまう。いずれ落ち着いたら、またオフ会に参加してもらいたい。
posted by Boo! at 22:32| 東京 ☀| Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

後輩の魂胆

 大学の後輩が先日我家に来た。

 以前は毎月1、2回通って来て、私の伴奏(ukl)をしたり、私が彼のボーカル練習に付き合った。リズムがukl一本では余りにも淋しいので、やがてカラオケ伴奏を作った。カラオケに合わせて2人で練習を重ね、CD一枚分程度の曲数になった。といっても、彼の唄いたい曲を中心にしたから、スチール演奏ものは少ない。

 「記念に、CDに残したい」と言い出した。余り気が進まなかったけど、当時入院していた彼の兄さんの希望であり、「励ましたいから」ともいう。しかし、我々の唄や演奏が兄さんの力づけになるとは到底思えない。むしろ、症状を悪化させる可能性大だ(笑)。

 「兄さん以外には聴かせるなよ」と念を押し、半年ほどかけてCD制作に専念した。練習とは違って、「いざ、録音!」となると、意識が空回りしたり、変な所に力が入って思うような出来にならない(悲)。何度も録り直しを繰り返したので、半年もかかってしまったのだ。

 あまり良い出来とはいえず、とても兄さんに聴かせる内容ではなかった。しかしもたもたしていると、兄さんの最後までに完成しないかもしれない。「こんなもんで勘弁して」と言いつつ、「聴かせるのは兄さんだけだぞ」と、再び念を押して渡した。

 それから何か月かして、兄さんは亡くなった。「兄貴は毎日ベッドであのCDを聴いてました。ありがとうございました」と、後輩は感謝してくれた。「あんなものでも喜んでくれたなら、良かった」と、なんだか嬉しかった。

 「もう少し何とかしたかったけど、現在の力量はあの程度だし・・・」というと、「いえ、兄貴は感心してました」と言ってくれた。ま、冗談、お世辞でも、褒めてくれればすぐその気になる私は、「おー、そうか、やはりねえ」と、鼻を高くした(笑)。

 その後しばらくして大学の先輩から電話がきた。滅多に電話など寄こさないから「何事だ?」と警戒した。「お前、最近またスチールギターを始めたのか?」と開口一番に言った。私は空とぼけて、「えー?私がですか?誰かの間違いでは?」と白を切った。

 先輩がリタイヤ後、バンドを組み活動していることは知っていた。何年か前まではよく連絡がきて、「スチールギターやってくれない?」と頼まれた。「いえ、もう何十年も触っていませんから弾けません」「じゃ、ベースは?」「楽器もないし、あんな重い物持ちたくもありません。それに美しい指が台無しになります」と、その都度断った。その内あきらめたらしく(笑)、そのような電話は来なくなった。

 いつまでもとぼけていると「だって、お前と**(後輩の名前)で作ったCDを聴いたぞ」と 言うではないか。

 「あのアホめ!よりによって先輩に聴かせるとは」と腹が立った。あれだけ念を押したのに、いとも簡単に約束を破ってくれた。

 もっとも、世間というのは「ここだけの話だ。他言無用だ」が通じないのが相場だ。それなのに、後輩を信じた私がバカだった(悲)。

 久しぶりに我が家に来た後輩の魂胆が分かった。「もう一枚CDを作りましょうよ」とぬけぬけと言いおった。

 悪い思い出が蘇り、「ふん、知るか!」と、スルーした。
posted by Boo! at 23:17| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

障害発生!

 ひどい文字化けになり、びっくりしました。

 日が変わる午前0時を境に発生したようです。最初は、新しくしたPCに原因があるのかと疑い、あれこれ設定を確認しました。しかしどこにも原因が見つからず、手の打ちようがありません。しかも古い記事にさかのぼって表示させても、同じように文字化けします。

 他のブログ・サイトではまったく問題なく、正常に読むことができますが、私と同じ運営会社を利用している方のブログを覗くと、やはり文字化けしていました。また念のために別のPCで開いても同じ症状でした。ということは、ブログ運営会社の方に原因があると断定、問い合わせのメールを出しました。

 今朝、運営会社から「お詫び」と「改善報告」の返信が届き、早速確認したところ、正常に戻っていた次第です。

 皆様も驚かれ、慌ててご自分のPCを疑ったのではないでしょうか?

 私の責任ではないことが、せめてものでした(笑)。


 以下は運営会社の障害報告です。



障害報告(2016.08.13)

平素はSeesaaサービスをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

Seesaaサービスで以下の障害が発生いたしております。


■ 障害内容
時間:2016年 08月13日 00:00ごろ〜
対象:Seesaaブログ
現象:一部のブログにおいて文字化けが発生している
原因:システム障害

<追記>8月13日10:00
上記障害の対応を行い、文字化けが発生しない状態になっております。

なお、ブログの記事等が正常に表示されない場合は、下記ヘルプを参照の上、ブログを最新の情報に更新して頂ますようお願い致します。
■記事の投稿や設定が最新の情報にならない

Seesaa サービスご利用のみなさまには、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした
posted by Boo! at 13:10| 東京 ☁| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

滑り込みセーフ!

 とうとうWin10の無償アップが終わりましたね。一年間という期間を設け、「アップしましょう」の通知が頻繁に届いた。通知だけならまだしも、一方的にアップするような強引なやり方には批判、怒りが沸き起こった。期限が迫ってやっと反省の態度を示し、押し付けがましい更新はしなくなったけど、最初からそうすれば良かったのだ。

 問題は解かりづらい方法にあった。ユーザーはまだ更新しないつもりでクリックしたはずなのに、ある日突然更新インストールが始まったのだから面食らうにきまっている。

 3台あるPCのうち、ノートは自分の意思でアップしたから問題ない。しかし、妻のPCが勝手にインストールされてしまった。「私、なにもしなかったのに」と、ご機嫌を損ねた。2台ともトラブルが起きたけど、修復した以降はこれといった問題が発生していないのは幸いだ。

 さてもう一台のPCだ。これは自分で組み立てたもので、今年で10年になる代物だ。10年といってもその間、あれこれパーツ交換しているから、そこそこちゃんと動く。OSはWin2000からXP、Win7へアップしてきた。交換してないのは、CPU、マザーボード(M/B)、電源くらいだ。しかし、M/Bが古くては、いくらパーツを新しくしても限界がある。

 5月の連休を使ってパーツ総取っ替えを計画したが、Win10の様子見もあって、手を付けなかった。しかしここへ来て、無償アップ期限が目の前に迫った。有償になると、3万円近くもの出費になる(Pro仕様で)。新しく組み立てるにはよいタイミングだし、無償でインストールできる最後のチャンスだ。

 近くには大型PCショップがある。しかし少々高めだし、品揃えが充分とは言えない。そこでわざわざ都内の専門店まで足を運んだ。さすがに違う。その品揃えの豊富さに圧倒された。パーツの選択はほぼ決めていたので、短時間のうちに揃った。M/B、CPU、メモリ(8GB*2)、SSD(250GB)、電源、CPUクーラーだ。旧HDD(3TB)はまだ使えるので流用する。古いSSDをどうするか迷ったけど、128GBの容量では最近不足がちだったので買い替えた。いずれ妻のPCに換装しようと考えている。

マザーボード.JPG


 組み立てで最も不安なのは、部品の初期不良や相性だ。滅多にないけど、もしそれに当たると作業は勿論、クレームや交換に時間が取られる。そこでM/B、CPU、メモリ、電源の最小構成でチェックしてもらった。有料だけど、目の前で確認できる。たったの500円で安心できるのだから、安いものだ。

 夕食を取った後、早速組み立てた。10年ぶりなので初心者みたいなものだ。問題なくBIOS画面が出て、まずはホッとした。あとはWin10のインストールだ。この時点で無償アップ締切時間まで、なんと1時間を切った。全パーツ新しくしたので、新規インストールになる。事前にUSBメモリのインストーラーを作っておいた。

 ずっと気にかかっていた点があった。直前まで使っていたOSはWin7で、バンドル版OSだ。つまり何かのパーツと抱き合わせたOSで、単体OSより安く手に入る。パーツは、メモリ、M/B、HDD…etcから一点選ぶ。しかし条件があり、OSをインストール時、選んだパーツをM/Bに必ず装着しておく。もし将来、そのパーツが使えなくなり、新しいパーツに交換すると、構成が変更されたとして起動しなくなると言われている。

 今回は大がかりな変更だ。これだけパーツを入れ替えたら、いくら無償といっても認証されるのか不安だった。実際、ネットでも「認証されない」「電話でやりとりし、承認してもらうまで大変だった」の声があった。

 一つ希望が出てきたのは、インストール時、Win7のプロダクトキーを入力すればアップグレードが可能になったことだった。それまでは、一度Win7をインストールし、それから10にアップする面倒な方法だった(クリーンインストールの場合)。これは、現在使っているPCのみアップできることが条件だからだ。私の場合は、全く別のPCにインストールするのだから、条件に当てはまらない。しかし、Win7のプロダクトキーが使えるのなら、バンドル品である古いパーツを装着してやれぱ通ると考えた。

 USBメモリから起動し、インストールを開始した。プロダクトキー入力を求められたので、Win7の番号を入力。その後は呆気ないほど簡単にインストール終了。再起動すると、全く問題なくWin10画面が立ち上がった。時間は23:58。辛うじて間に合った(笑)。

 この時点ではまだネット接続していないから、認証もまだだ。この認証が取れないと使えない恐れがあるから、油断できない。最悪、どうしてもダメな場合は、製品版OSを購入すればよいと腹を決め、ネットに接続した。無事にインターネット画面がでた。あとはmicrosoft(m/s)の対応だ。

 翌朝、PCを立ち上げると、やはりm/sから「サインインするように」の確認のメッセージが届いていた。ノートPCで使っていたoutlook.comのパスワードを入力、サインインし、セキュリティコードが届くのを待った。折り返し、すぐに届いたので、通知されたコードを入力して送信すると、そのまま認証された。思ったより簡単だった。

ライセンス認証.jpg

 無事新OSがインストールされたものの、新規なのでこれからアプリを入れないといけない。これがちょっと大変だ。数だけはたくさんあるからだ。取りあえず、仕事用と音楽編集ソフトから入れるか・・・。

 まずは間に合って良かった。

 使い心地ですか? それはまた別の機会に。
posted by Boo! at 23:53| 東京 ☁| Comment(16) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

はや、8月!

 梅雨も明け、いよいよこれからが猛暑本番です。しかし今のところ、昨年までのひどい暑さにはなっていないように感じる。勿論暑いのですが、我慢できないほどではない。毎年の猛暑で、体が熱帯地仕様になってしまったか?

 都知事選挙は予想通り(?)、小池氏に決まった。強さが際立っていた。しかし、問われるのはこれからでしょう。果たしてどのようなかじ取りをするのか、お手並み拝見だ。

 選挙といえば、小学生時代を思い出す。新学期になると、新しいクラス委員を選ぶ。先生が決めるのではなく、クラス全員が、委員になってほしい人物一名を用紙に記入し提出する。立候補者から選ぶのではなく、各自思い思いの名前を書くのだ。

 先生が用紙に書かれた名前を読み上げ、黒板に記す。あとから同じ名前が出ると、数を加える。中には自分の名前を書くやつもいた(笑)。こうして最も得票したものが委員になる。恥ずかしながら、私の名前も黒板に書かれたけど、名前を読まれるたびに、うれしいような照れくさいような気持ちがした。しかし決して私が選ばれることはなく、いつも3番手、4番手だった。

 子供の世界では、リーダーシップの強い者が支持を集めるものだ。これは本能的に嗅ぎ分ける。どこかの政界のように、根回しや義理人情は通用しない。お勉強だけできても支持されない。仲間を束ねる力が求められる。3年前に亡くなったS君がまさにそういう存在だった。もう一人、T大に進むほどの、アホみたいに勉強のできる奴がいたけど、決して選ばれなかった。実に厳しいクラスだったのだ(笑)。

 先日の記事にも書いた従兄だが、お見舞いに行きたいと思い、連れ合いに確認の電話をした。しかし最近はますます症状の振幅が大きく、とても面会できる状態ではないらしい。「当分面会の許可が下りないので、可能になったら連絡します」とのこと。普通の病気とは異なるから、こちらから無理を押すことはできない。しばらくは様子見することにした。

 今月はどこかに夏休みをとるけど、あまり出かけたくない気持ちだ。それでも、会員になっているリゾート施設のある軽井沢に数日間滞在する予定だ。義妹夫婦も一緒だ。リタイヤして毎日退屈しているようなので、声をかけた。

 あとは大学の後輩が久しぶりに我が家に来る。楽器に触りたいのだそうだ。「いつでもいいよ」と返事した。

 下旬には恒例のオフ会がある。1曲くらい新曲を用意したいけど、最近のサボり甚だしく、新曲どころではない(悲)。これまでの曲すら満足に弾けないから困ったものだ。できれば、paulさんとデュエットしたいけど、「paulさん、適当な曲ありますか?」

 ま、この方は常日頃研賛を重ね、腕を磨いているから、特別な練習しなくとも、いつでも余裕でしょう。

 さて先月末、Win10の無償アップサービスが終了しました。みなさんはダウンロードしたのでしょうか?これについては次回、ちょこっと書いてみたい。

 
posted by Boo! at 23:19| 東京 ☁| Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする