2016年12月10日

結婚、されど結婚!

 本日は我々夫婦の結婚記念日です。もう計算できないほどの年数が経ちました(悲)。しかし、女房というのはよく憶えているもので、「何回目だっけ?」と言おうものなら、「45回でしょう」とすぐ返ってくる。

 ま、よく続いたものだと感心する。全ては私一人の努力だ。艱難辛苦に堪えてきたからこそ、今がある。だから彼女には「感謝せよ」「おかずを1品増やせ」と言いたい所だ。しかし向こうも同じように思っているに違いない(笑)。

 結婚前の付き合いが約5年だから、結婚期間の45年を加えると50年、なんと半世紀も付き合ってきたことになる。元々は赤の他人だったのに、こうして長い年月を共に過ごしてきたことは不思議としか言いようがない。相性が良かったのか・・・?

 男同士でもそうだけど、相性の良し悪しは第一印象で決まることもあるし、何回か付き合っているうちに相手の良さが理解でき,付き合いが深まることもある。それも相性が良かったと言えるでしょう。これは理屈ではない。

 かつて、親の選んだ相手と結婚することが当たり前の時代があった。ひどい場合は有無も言わせず、強引に結婚させたケースもあったらしいから今じゃ考えられない。大体泣くのは女性だったでしょう。阿羅漢さんの奥さんなんて、最初「熊と結婚させられた」と日夜泣いたそうだ。

 それにしても、当人の知らぬうちに親と仲人だけの話し合いで決め、結婚式で初めて相手の顔を見るなんて、洒落にもならない。強い今の女性だったら、「ふざけんな!」とばかり、新郎を蹴飛ばして逃げ出すに違いない。

 でも、そのような結婚でも平和な家庭を築き、最後まで添い遂げる夫婦も存在したのだから、たまたま相性が良かったのかもしれない。逆に、熱愛の末に結婚しても、さっさと別れるカップルも多い。結婚というのは恋愛とは違うようだ。一時の勢いだけで結婚してもうまくいかないということだろうか?

 かつて、大学の後輩女子に驚いたことがある。「結婚します」と我々夫婦に招待状が届いた。喜んで出席の返事を出した。別の後輩からは「盛大な結婚披露宴になるようです」と聞いており、「派手好きな**ちゃんらしいや」と楽しみにした。

 所が、式の1週間前に「結婚やめました」と連絡がきた。驚いた我々は「えー!あと1週間だよ」「一体、どうしたの?」と問うた。「前から少し気になっていたのだけど、それがどんどん大きくなってきて、我慢できなくなった」「結婚すればなんとかなるかもと思ったけど、長い先のことを考えると・・・」と半分泣きながら事情を話した。

 聞けば、200名近くの方々に招待状を送ったそうだから、その事後処理には相当なエネルギーとお金を費やしただろうと思う。我々だって、あまりにもドタバタしたキャンセルで、くそ迷惑なやつだと呆れたくらいだ。

 それにしてもよく思い切ったことをしたもんだ。相手の心中を思うと同情したくなるが、しかし、一人だけが悪いということはない。二人でちゃんとした話し合いができなかったのだから、どっちもどっちだ。一番驚き、ショックを受けたのは双方の両親、仲人だろうし、相手である彼の会社での立場も微妙になったに違いない。

 だが考えてみると、結婚して離婚するよりも、結婚前に別れたほうがはるかに良い。周囲には迷惑をかけることになるけど、それはその時だけのことだ。一度しかない人生、多少の犠牲を払っても、自分で納得できる結論を出したほうがよい。

 その2年後、彼女は新しい相手を見つけ、無事結婚した。離婚ではなかったから、初婚になる(笑)。考え方も堅実に変わったか、60名程度の出席者に抑え、こじんまりと、ほのぼのとした好い披露宴になった。現在でも仲良くしているから、あの時の決断は彼女にとっては正解だったようだ。

 さて、5年後の我々は50周年を迎える。金婚式だ。一人だけ元気でもダメだから、なかなか大変な数字だと思う。両親は達成できなかったし、義父母も叶わなかった。その点、あたごウクレレさんご夫妻はすごい。仲の良いことはピカ一だ。金婚式はとっくに過ぎ、もうすぐダイヤモンド婚式を迎えるそうだ。つまり60年ということだ。すごいなあ。なに、まだそんなに経ってない?
posted by Boo! at 22:05| 東京 ☀| Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする