2016年12月16日

悪夢は忘れたころに・・・?

 先月の雪には驚いた。まさか11月に降るとは思わなかったので、雪情報が出ていたにもかかわらず、冬用タイヤに替えなかった。

 幸い、ノーマルタイヤでも無事に運転できたけど、「これは早目に替えたほうがいいな」と思い立ち、近くのタイヤショップに寄った。どこでも良いのだけど、ここで購入したからだ。

 所が、応対した店員が申し訳なさそうに「年内は予約で埋まっていて、早くても来年1月中旬以降になります」と言うではないか。驚いた。考えることは誰しも同じで、11月の早い雪で慌てて申し込んだ者が一気に増えたようだ。

 恐らく他の店でも同じ状況だろうと諦め、帰途についた。途中ランニングのため公園に寄ることにした。駐車場近くまで来ると、なんとなくハンドルが重く感じる。ともかく駐車場に入り、車から降り、車体を眺めると、明らかに傾いている。「まさか…」と思いながらタイヤに目をやると、左側後輪がペシャンコになっていた(悲)。「さっきの店でパンクしてれば、修理してくれたのに」と恨めしかった。

 「こうなったら仕方ない。昔取った杵柄だ。タイヤの一つや二つ、なんとかなる」と自信に満ち溢れながら(?)工具を出し、スペアタイヤを用意した。

 まずナットを緩めようと、レンチを差し込み、回そうとした。非力な私だが、こういう時はバカ力を発揮する。渾身の力を込め、レンチに力を入れた。が、ビクともしない。両手でにぎり、全身に力を込める。もう「痔」になりそうだ。腹立ちまぎれに足をかけ、体重を乗せるように上から力を入れた。しかし、全く歯が立たない(涙)。

 「それにしても、なんでこんなに固く締めるんだ」と、取り付けた業者に憎しみを覚えた。大の男が交換できないほどナットを締められたら、パンクが怖くて遠出などできなくなる。マニュアルにも「締め付け過ぎないように」と、注意書きがあるほどだ。「もうあの店には頼まん」と思った。

 「さてどうしたものか…」と途方に暮れたが、JAF会員であることを思い出した。何十年も年会費を払い続けてきたが、数えるほどしか利用したことがない。バッテリー上がりが2回、エンジン故障1回あった程度だ。

 「こういう時のJAFだ」と携帯を取り、連絡した。長時間待たされるかと覚悟したが、40分ほどで駆け付けてくれた。

 プロ御用達の電動工具であっさりとナットを緩めた。そして手際よく交換した。「ちょっとキツかったようですね」と同情してくれた。会員だからとは言え、無料で済んだことは有難い。

 3日後、12ヶ月点検でディーラーに持ち込んだ。冬用タイヤ交換も一緒にやってくれるというのでちょっと早目に出したのだ。こんなことなら、最初からディーラーに頼めば良かった。

 しかし、パンクも久しぶりだったなあ。後でタイヤの溝を確認したら、釘ではなく、長ネジがしっかりと突き刺さっていた。来春ノーマルに戻すときは新品タイヤにすることにしたので、パンク修理は依頼しなかった。
posted by Boo! at 21:47| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする