2017年01月10日

お正月あれこれ…。

 正月気分もすっかり抜け、皆さんも平常生活に戻ったことでしょう。

 もしかすると初めてかもしれないが、三が日全て寺・神社にお参りした。元旦は、自宅近くの神社二つをハシゴ。二日は、市内で一番大きいと言われる神社に参拝した。現在の地に住んでからもう35年になろうとしているのに、初めて訪れた。地元では有名だし、車で近くを通ることはよくある。しかし、境内に入ることはなかった。

 さすがに多くの参拝客でごった返していた。だが私にはピンとこなかった。何というのか、「佇まい」が良くないのだ。ただ大きいでは駄目で、「品」のようなものがないと有り難みが薄れる。お賽銭を入れただけで、早々に引きあげた。自宅近くの小さな神社のほうが余程良い。

 「品がないと言えば、阿羅漢さんとたぬきさんを思い出すなあ」と、変な所でお二人の顔がちらついた。

 三日は少し足を延ばして、川越まで行った。有名な喜多院にお参りした。初詣としては4,5年前に訪れた以来で、相変わらず大変な人出だ。その足で、蔵が並ぶ通りを目指す。川越は「蔵造りの町」として有名だ。私も好きな一画で、江戸時代の風情を残している。

 県外から、或いは海外からも訪れているのだろう、人、人のラッシュだ。お互いすれ違うにもやっとの有り様だった。

 蔵を眺めながら、「菓子屋横丁」に向かう。ここも有名だ。一昨年だったか、火事で数店舗が焼失し、死者も出た。「どうなったか…」と気になっていた。しかし再建した店が多く、 何事もなかったかのように、賑わっていた。それでも建築中の建物もあった。なにはともあれ、「菓子屋横丁」として存続できたのは良かった。

 この横丁で何か買うのかと思ったら、妻には目的の店があったらしく、見学しただけだ。そして、その店に向かう。知る人ぞ知る、豆菓子専門の店だ。人気店らしく、外にまで客が溢れていた。入り口で店員から楊枝一本渡され、「中の試食品どれでもとうぞ」と言う。沢山の種類が置いてあり、どれも美味しい。全部口に入れようかと思った(笑)。

 妻は「お土産にする」と、豆の入った容器を幾つも大きな紙袋に入れて、二袋も買い込んだ。

 結構歩き回り、疲れもした。駅ビルにあるコーヒー店で一服した。

 三日続けたとは言え、私に神社巡りの趣味はない。ただ、正月はどうしても「食っちゃ寝」状態になりがちで、体に良いことは一つもない。だからこうして外出して歩かないと体がなまる。

 4日から仕事という方が多いかもしれません。しかし私は思い切って8日まで休んだ。7日は古い友人と新年会。都心まで出た。

 休み最後の8日は、何年ぶりかで映画鑑賞した。「マイルス・アヘッド」だ。ジャズファンであれば、マイルス・デイビスを思い浮かべるはずです。

 「マイルスの空白の5年間を描いたもの」というので、伝記、ドキュメンタリー性を期待していた。しかし多少の事実には基づいてはいるのだろうが、かなり娯楽映画にシフトした脚色だった。

 純粋にマイルスの音楽に期待すると肩透かしを食う。娯楽と割り切れば、楽しめるでしょう。
 
 以上、私のお正月報告です(笑)。

 皆さんは如何でしたか?
posted by Boo! at 22:25| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする