2017年01月16日

チューナー

 楽器の音合わせには基準となる音が必要だ。

 昔はピアノやオルガンの音を参考にして合わせた。しかし、ピアノの場合は狂っていることが多かったから、合わせにくかった。

 最近はいろいろな種類のチューナーが出ている。最も多いのは、電子チューナーでしょう。文庫本くらいの大きさから、500円玉ほどの小さなものまである。ギターやウクレレにはクリップ式チューナーが圧倒的だ。

 大学生の頃は音叉を使ったが、他にと言うと、調子笛があった。

 調子笛は、三味線や琴といった邦楽器によく使われたのではなかったか?お袋が一時三味線の稽古を始めた時に調子笛をピーピー吹きながら音合わせしていたことを思い出す。なかなか音が合わず、四苦八苦していた(笑)。

 ギター用の調子笛もあった。6つの笛が並んでいて、ギターの各弦に対応した笛を吹いた。大学のサークルにもこれを持参してチューニングするやつがいた。でも調子笛はかなり問題があった。

 まず吹き方によってピッチが変わる。息を吹き込むことで笛の温度が上がり、やはり音程が変わりやすい。それに笛自体の精度がどうだったか?

 結局、音叉に信頼を置くことになる。しかしこれも静かな場所で使うのならまだしも、教室のようなざわざわした場所では聴き取り難かった。叩いて振動させた音は、すぐに減衰してしまうので、その為何度も叩くことになる。阿羅漢さんなどはあまりに何回も頭に叩いて振動させるものだから、血だらけになったそうだ。

 固い物体に叩くということは、音叉を傷つけたり、場合によっては変形させてしまう。見ただけでは分からなくても、リスクはある。そうなれば当然、ピッチに影響するだろうことは容易に想像つく。うっかり上から落とすなどは厳禁だ。

 注意深く扱っても、長年使い続けると狂ってくるらしい。そのため、定期的に音叉のピッチを正確に修正することが必要だ・・・と、これは音の専門家から教えられた。ま、我々にはそんな厳密な狂いなどわからないから、ほどほどで良いのだろう。

 ソロで弾く場合は自分のチューニングだけ注意すればよいけど、バンド編成になるとお互いの楽器チューニングに気を払うことになる。5人のうち4人が正確でも、一人がおかしいと全体が狂ったように聴こえるから、責任重大だ。

 しかしスチールギターの場合、どんなに正確にチューニングしても、バーを音程正しく置かなければ意味がないから、難しい。

 最近のYouTubeやウクレレ教室の発表会の演奏を聴くと、結構音が合っているので感心する。入門者や初心者にとっては音合わせは難しいはずだ。ある時期までは、音のずれた不協和音を聴かされる発表会が多かったものだ。それがここへきて、あまり気にならなくなった。

 数年前から友人のウクレレ教室に顔を出すようになって、その理由が分かったような気がした。生徒さん全員が小さな電子チューナーを楽器に取り付けて音合わせしていたからだ。楽器はほとんど弾けなくても、チューナーを頼りに合わせるから、全員ほぼ正しい音にすることができる。メーターを見る目は真剣そのもので、ちょっとでもポイントから外れると直していた。

 電子チュ−ナーは便利な道具だけど、ただ、肝心の音を聴かず、メーターばかりに頼っていると、耳の訓練にはならないと懸念する。あまり過信せず、自分の耳も鍛えてほしいものだ。


チューナー.jpg
(最近購入したクリップ式チューナーです)


posted by Boo! at 23:11| 東京 ☀| Comment(24) | ハワイアン音楽・楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする