2017年01月21日

当たるも…当たらぬも?

 年賀はがきの当選番号が発表された。皆さんの結果はどうだったでしょうか?

 長年に亘って当選結果に一喜一憂してきた。100枚で3等が2枚当たる確率だ。しかし、なかなか当たらない。我家では妻の分と合わせて毎年300枚以上届く。しかし3,4枚当たるのがやっとだ。今年は少し増えて、6枚だった。1枚しか当たらない年もあった。

 最下位である3等でこんな程度だから、2等以上となったら当たるのが不思議なくらいだ。それでも一度だけ2等に当たった年があった。景品が何だったか忘れたけど、狂喜した(笑)。

 何等であれ、「当たる」というのは嬉しいものだ。幸運を独り占めした感がある。

 以前、宝クジを毎年のように買った時期があった。有り余るほどの金を持っている私だから、一攫千金を狙う必要などない。単に運試しだった…はずだ。しかし、3,000円が一度当たったのが最高で、「こんなものに金を使うのはバカげてる」と悟り、以来パタッとやめた。

 「宝クジ」と言えば義母を思い出す。30年以上も前のことだ。義母が友人と巣鴨のとげぬき地蔵に行った。お年寄りに人気のあるスポットだ。お地蔵さんをタワシで水洗いすると病が治るという御利益があるそうだ。しかし沢山の方がゴシゴシ洗うので磨り減ってしまい、新しく作り直したとか。新しい地蔵ができるまで、地元に住むたぬきさんが地蔵代りに立った。つまり、バンド用語で言うと、トラだ。

 でも、御利益ゼロどころか、却って病が重くなる人が続出し、無残にも捨て置かれた。現在のたぬきさんを彷彿させる出来事だった。

 さて義母たちが商店街を歩いていると、ある場所で列を作っていた。宝クジ売り場だった。それまで買ったこともなかったのに、なんとなく勢いで買ったらしい。しかし、たったの2枚だ(笑)。

 後日興奮した電話がきた。「当たった、当たった!」と喚いていた。宝クジを買ったことなど知らないから、「何が?」と問うた。「宝クジだよ」と叫ぶ。「あ、そう」と余り関心なく反応した。3,000円しか当たったことがない私だ。せいぜい同程度か、良くて10,000円だろうと舐めた。

 「違うよ。もっとだよ」と言う。どうもあり得ないことが起こりつつあった。そして、「百万円当たった」の言葉に、「ヒョエー!」と、今度は私が興奮した。たった2枚で百万円とは…。

 即、私の皮算用が働いた。「百万円の分け前をどうするかだな」と、私が当たった訳でもないのに配分を考えた(笑)。「義母が一番権利があるから、6割の60万円を渡す。残りの40万円は、妻と義妹、それに私と義弟の4人で10万円づつ分ければ、バッチリだ」と、我ながらの高い計算力に感銘した。

 だがいつまで待っても、義母から連絡が来ない。「野郎、逃げやがったな」

 その年は、義父の13回忌法要の予定があった。打合せに行くと、「いつも済まないねえ」と言いながら、白い封筒を差し出した。「この間の宝クジのおすそ分け」と言う。「とうとう10万円だ」とニヤニヤしながら、封筒をさすった。だが、なんか薄い。10万円ならもっと厚いはずだ。

「お父さんの法要でなにかとお金が出て行くから、少しだけど」「イヤイヤ申し訳ないです」と、一応感謝の気持ちを現した。

 後で封筒を開けると、1万円札一枚だった(悲)。妻も当てが外れたのか、「チェ!」と不満顔だった。

「ま、良いんじゃないの」と、むしろ大金に浮かれないしっかりした義母に感心した。でも、せめて3万円は欲しかったなあ(笑)。
posted by Boo! at 22:12| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする