2017年02月01日

はや、2月!

 お正月気分も大してないまま1月も過ぎ去り、2月に入りました。

 北陸や東北地方といった日本海側は大変な大雪に見舞われている。半端な積り方ではないようで、「雪国の方は大変だ」と気にかかる。秋田の従兄がまだ元気だったら、逐一雪の情報を知らせてくれたはずだ。

 主のいなくなった家には連れ合い一人が暮らしている。バカ広い家に一人では、益々孤独感が募るだろうなと、田舎も都会と同じように核家族化が進む現実を突き付けられる。周辺には親類が散らばっているけど、かつてのような濃い付き合いではないようだ。従兄のように人一倍マメで義理堅くないと、人も来なくなる。まるで何とかの切れ目みたいだ(悲)。毎日のように従兄と酒を酌み交わした、私と同い年のいとこも「全然行かねえ」と言う。「もっとも、未亡人しかいない家に男が一人ノコノコと行けねえけどよ」と言ったので、電話口で大笑いした。

 東京は昨年11月に初雪が降った。こんなに早い時期の雪は滅多にない。だから、この冬は雪が多いかもと心配した。しかし、その後はお天気続きで、気配もない。その代わり空気が乾燥し、インフルエンザ流行が心配だ。

 我家では、1階と2階に加湿器を置き、フル稼働させている。それでも50%付近を維持するのがやっとだ。電源Offにするとすぐに40%以下に落ちるから、加湿の効果はあるようだけど・・・。庭の土もカラカラに乾き、戸外に置いてある鉢物は水不足になりがちだ。先日タップリと水を与えたが、翌日にはもう表面が乾き始めた。

 2月になると頭の痛い作業が待っている。例の確定申告だ。16日から受付が始まる。ただし、還付金を受け取る方はもっと早くから申請できる。あたごウクレレさんなんか、先月に済ませてしまったそうだから、その素早さには驚いてしまう。

 人間、嫌なことはつい後回しにしがちだ。延ばし延ばし、いよいよ切羽詰まってから火事場のバカ力を発揮、一気に片付ける。これが私の昔からのパターンだ(笑)。学校の試験なんて一夜漬けが得意(?)だった。あたごウクレレさんを見習って、来年は早く取り掛かろうと反省するけど、提出してしまえばそんな反省はすぐに忘れてしまう(笑)。

 今月は久しぶりに昔の職場同僚3人と飲み会だ。おばさん3人組だが、当時はまだ結婚前の若い女性達だった。3年間ほど一緒だったが、いずれも寿退職した。彼女達が辞めて10年ほど過ぎた頃、一人から「久しぶりに集まりましょう」と電話がきた。以来毎年のように集まることになった。

 全員、娘さんという印象だったのに、やがて落ち着いた主婦に変わっていく。彼女達の家庭環境が変わるにつれ、話題も変わる。旦那中心から、子育て、進学、就職へと子供中心に移った。一段落すると再び旦那の話になった。昔はのろけていたものだが、最近は深刻な話が多くなっている。

 早期退職させられたがなかなか再就職できない、会社を辞めて独立したものの、経済的に苦しくなったとかだ。このような心配事がないのは一人だけだ。

 それでもなんとか乗り切り、皆、子供達の結婚まで頑張った。さあこれからはノンビリと夫婦二人の生活だと安心した矢先、一人は親の介護に直面することになる。介護に関しては私が先に体験したから、少しはアドバイスできた。しかし長い介護で、昨年やっと解放されたが、その疲れが出たらしく、今度は自分の体調を崩してしまった。やっと体調が戻ったので参加できるそうだ。

 もう一人はもっと深刻だ。大変仲の良い夫婦で、家族もよくまとまっていた。彼女は働き者で、旦那の失業中は一人朝から晩まで仕事を掛け持ちして家計を助けた。よく「うちの旦那はアッシーだから」と言って、会が終わり近くになると、「迎えにきて」と電話をかけた。車で1時間もかかるから、私だったら「ふざけるな」と無視する(笑)。しかし旦那はニコニコしながら迎えに来た。まんざら嫌ではなかったのかも知れない。だが最近、旦那の浮気が発覚し、離婚の危機に直面している。「あんなに仲良かったのに」と、私には信じられない。現在、裁判で係争中だ。

 何十年もの夫婦生活を送っても、壊れる時は簡単に壊れるのだなあと、いささか複雑な気持ちになっている。

 いつ壊れてもおかしくないはずの、たぬきさんや阿羅漢さんが壊れないのは不思議だ。となると逆に、絶対壊れっこない、ゆるぎないはずのあたごさんご夫婦がもしかすると危ないのかも・・・おいおい!

posted by Boo! at 22:15| 東京 ☀| Comment(10) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする