2017年03月01日

はや、3月!

 2月は通常の月よりも2,3日少ないので、すぐに一ヶ月が過ぎてしまう。

 頭の痛い確定申告は、先日済ませた。2月の内に済ませたのは、初めてかもしれない。月曜の朝一番、税務署に行った。

 締切りまでまだ2週間あるので、空いているだろうと楽観していた。所が結構並んでいて、驚いた。列は記載済みの方と未記載の方に分かれている。記載済みは提出するだけだから、多少並んでも順調に進む。30分くらいで提出できた。所が未記載の列は遅々として進まない。もう長蛇の列だ。ウンザリしたような顔で並んでいる方たちを横目に見ながら税務署を後にした。

 いつも不思議に思うのだけど、何故、記載して来ないのだろう?しかも税務署に来てから計算や記入を始める方も珍しくない。以前、大きな紙袋2つに入れた大量の領収書をぶちまけ、「これで全部です。お願いします」と、係員に丸投げした者がいた。さすがに呆れた係が「分かる所だけでも自分で記入して下さい」と言うと、「分からないから持って来たんだ」と逆ギレしていた。困ったものだ。何もかもやって欲しいならば、税理士に依頼すればよいのだ。こういう勘違い人間もいるから、係の方も大変だと同情したくなる。

 今回からe-Taxを利用して、PCから送ることを考えていた。しかし、専用カードリーダーを用意したり、マイナンバーカードをつくらねばならない。なんだかんだ数千円の出費が必要になる。マイナンバーカードなんて当分持つ気がないから、パスした(笑)。

 そもそもe-Taxは税務処理効率化のために導入したのでしょう?それには我々納税者の協力が欠かせない。なのに何故我々に余計な出費をさせるのか?理解に苦しむ。導入当初の何年かは、一回目の利用に限って5,000円の補助金が出たと記憶している。それならば期限を設けることなく、そのサービスを続けるべきだ。どうせ一回限りの特典なのだし・・・。変な不公平感を与えないで欲しいものだ。納税者は少しでも節税しようと心がける。やっと5,000円節税できたのに、e-Tax導入費に5,000円もかかったら意味がない。

 確定申告を終えると実に気分がよい。いっときの開放感を味わえる。そこで友人の何人かに連絡を入れ、飲み会と花見のお膳立てをした(笑)。

 花見の場所は卒業した高校の近くだ。下車駅から学校までの広い通り(大学通りと言った)の両側が見事な桜並木で、1km以上続く。当時、新学期になると満開の桜の下を歩いた。勿論、高校時代の仲間と集まる。同期会、クラス会ではなく有志だけなので、7,8名程度だと思う。

 飲み会は、小学校時代のクラスメイトが開いている居酒屋でちょっと一杯だ。こちらも5,6名でしょう。

 どちらの仲間もほとんどリタイアしたので、一声掛けるとすぐにOKの返事がくる。中には、「365日ヒマですので、いつでも」なんて書いてくる。

 とは言え、現役時代は皆、人一倍働いた連中ばかりだ。その頑張りがあったからこそ、今の恵まれた老後生活になっている。オフ会の皆さんにも同じことが言えますね(一部を除く)。特にあたごウクレレさん、きぃばつさん、MATTさんたちはオフ会の「年金搾取トリオ」、あるいは「年金泥棒トリオ」、もしくは「失われた年金の元凶トリオ」と呼ばれている。どれにしても、ろくでもない呼称だ(笑)。このトリオから外れる阿羅漢さん、たぬきさんは、「年金玉すだれ(意味不明)」「極貧年金組」と言われている。

 いまだ働いている私は年金に頼らず、国の負担軽減に協力している。そのため、近い将来、勲章受章者の候補となっている。
posted by Boo! at 22:42| 東京 ☀| Comment(10) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする