2017年04月05日

あわや…?

 先月末に桜の開花宣言が出されたものの、なかなか見頃にならない。天候不良、低温が続いたからだろうけど、出すタイミングがちょっと早すぎたような気がしないでもない。

 と思っていたら、昨日今日の暖かい陽気で、一気に咲き出した。今日など、どこの桜も満開に近い。桜は満開よりも6,7分咲きくらいの方が綺麗だから、今が丁度の見頃かもしれない。明日は高校時代の仲間とお花見をやるので、まるで図ったかのような絶好の観桜会になりそうだ。

 車を走らせていると、色んな場所の桜が目に飛び込んでくる。普段は気が付かずに通り過ぎるけど、この時期になると、咲き誇る花でその存在を知らされる。

 さて、運転中のことです。数年前に新しく出来た道路でのこと。開通したばかりの頃は走る車も少なく、空いていた。道幅も広くて走りやすい。だが最近は混むようになり、時々渋滞もする。

 今日は車の流れが順調で、快適だった。片側二車線の四車線道路で、私は左車線を走行していた。隣の右側車線には乗用車が私の車と並走していた。チラッと目をやると、中年(初老か?)女性ドライバーだった。順調とはいえ、我々の車の後にも後続車が連なっていた。

 前方に信号が見えた。青だ。しかしあと20m位まで近づくと、黄色に変わった。このような時、そのまま進行するか、止まるべきか、迷うことがある。

 だがこの時はもう交差点に入りかかっていたので、止めることなく通過した。隣の車も一緒に通過するだろうと思った。所が急ブレーキをかけたらしい。赤になったのならまだしも、まだ黃状態だ。この場合は、速やかに通過するか、周囲の状況に注意を払いながら、軽くブレーキを踏むことだろう。

 びっくりしたのは後続車だ。まだ黃だから、前車はそのまま進行すると読んでいたに違いない。クラクションをビービー鳴らした。しかし間に合わず、「ガッシャーン」と凄い衝撃音。ほぼ私の真後ろだから、生々しい。車を横道に停め、現場に走り寄った。

 女性の車は普通乗用車、追突した車は小型クレーン車。ちょっと相手が悪かった。クレーン車のバンパーが乗用車の後部トランクを突き破っていた。大破だ。

 衝撃音が凄かったので、女性が心配だ。窓越しに見える彼女は動転したのか、前方をボーと見ていた。私が110番しようかと迷っていたら、クレーン車の運転手が降りてきた。「早く救急車を呼んだほうがいい」とアドバイスし、私は離れた。怪我はなかったかもしれないが、むち打ち症が心配だ。

 車間距離を十分取らなかった後続車も良くないが、「あんな止まり方してはなあ」と、女性ドライバーにも責任があるように感じた。

 車が順調に流れているときは、要注意だ。つい気持ちが緩んで、注意が散漫になりがちだからだ。そこへ急に前の車が停止したら、ブレーキを踏むタイミングが遅れることは十分予測できる。また、クレーン車は運転席が高く、遠くまで良く見える。しかしそれがかえって手前の車の動きに気が付きにくいのではなかろうか?

 事故を目撃した後は、慎重な運転になるようだ(笑)。少しスピードを落とし、目的地に向かった。
posted by Boo! at 23:10| 東京 ☀| Comment(9) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする