2017年04月12日

お悔やみ申し上げます。

 昨日、JGさんからメールが届いた。

 先月末にお母様がお亡くなりになったそうです。

 JGさんが介護を続けていたことは知っていた。当初、年に何度か、沖縄から都内に住むお母様の元に通い、世話をしていた。上京のタイミングがオフ会と合えば、積極的に参加され、達者なスチールギターやギター演奏を聴かせてくれた。

 しかし沖縄から通うのは余りにも遠く、大変だ。やがてお母様が弱ったこともあって、沖縄に連れ帰った。恐らくこの時期は、悩みが深かったに違いない。

 ブログで私の介護体験記を書いたことがあった。それが参考になったかは分からないけど、JGさんの介護ぶりは私のそれとは比較にならない。

 私の場合は、「一人で背負い込まない」「手抜きも必要」「利用できる公的サービスはフル活用する」をベースに介護した。ハナから、「出来ないものは、出来ない」と、腹を括っていた所があった。余計な口を入れてくる親類の意見には、「はい、はい」と適当に相槌を打ちながらも、完全無視した(笑)。「口だけで、助けてくれる訳じゃない」の思いがあった。

 介護を上手く乗り切るには、手抜きも必要と考える。これは、介護経験者でなければなかなか分かってもらえない。経験のない者は、理想論を振りかざす傾向があるように思う。現場を知らぬなんとやらだ。介護は綺麗ごとではない。

 その内、「施設に入りました」と連絡があった。私はなんとなくホッとした。施設に入ったことで、気持ちにも余裕が生まれただろうし、なにより精神的な安心感は大きい。

 そしてこの3月末、お亡くなりになった。亡くなる2週間前から、水、食事、それに点滴もできず、絶食状態だったとか。痰が絡んで窒息する恐れがあったからです。その間は、24時間体制で誰かしらが付き添い、さすがにキツかったようですが、最期を看取ることができたことは、なによりでした。

 JGさんから皆さんに、「落ち着きましたら、是非またオフ会に参加させてください」と書き添えてありました。

 JGさん、再会を楽しみにしてます。

posted by Boo! at 22:08| 東京 ☁| Comment(27) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする