2017年04月17日

拒否権発動か?

 仲間から、恒例飲み会の連絡がきた。

 年に1,2回のペースで集まる。長い付き合いだから、集まれば楽しいし、話も尽きない。上から下まで10才ほどの開きがあるが、年齢差は全く感じない。

 所が、2,3年前からこの集まりへの参加にためらいが出てきた。別に仲間が嫌になったわけではない。

 我々は、私を含めて5人のグループだ。今時珍しいと思うが、この5人の内、なんと4人が喫煙者、しかもヘビースモーカー。私一人だけ非喫煙者という構成だ。

 最近はどこの店に入っても、必ず禁煙席がある。タバコを吸わない者にとっては大変助かる。と言うか、むしろ喫煙者のほうが世の中の禁煙圧力に押しやられ、肩身の狭い思いをしているように見受ける。これはこれでちょっと気の毒に思う。

 飲み会だから、当然居酒屋に入る。かつて、酒とタバコがお決まりだった居酒屋でさえ、近年は分煙サービスに努めているから、時代が変わった。店に入ると、案内係が、「禁煙と喫煙、どちらをご希望ですか?」と訊いてくる。

 すると仲間の一人が当たり前のように、「喫煙!」と、でかい声で伝える。4:1と圧倒的に喫煙者が占めているから、強気なのだ。ま、私一人が頑強に反対しても、多勢に無勢だ(悲)。

 タバコを吸わない私に対して、多少なりとも配慮があれば、笑いながら、「いいよ。気にするな」とでも言うけど、一方的に決められると、カチンとくる。

 小さな部屋に通され、乾杯となる。すると4人が一斉にタバコを取り出し、吸い始める。狭い空間だから、あっという間に白い煙が充満する。少しでも煙を避けようと、隅の方に体を寄せるが、無駄な抵抗だ(悲)。煙だけでなく、その匂いも不快なこと、この上ない。

 こんな状況で飲む酒や食べ物が美味しいわけがない。

 何十年もの付き合いだから、良好な関係は維持したい。私一人が我慢すればよい、と受け流してきた。しかし一方では、我慢を続けることに、何か意味があるのだろうか、とも感じている。

 そこで今回の連絡で、「最近益々、タバコの煙や匂いに我慢できなくなっている。」「禁煙席にしろとも言えないから、4人でやれば?」と、返事した。

 すると折り返しメールで、「今まで気にせず、無遠慮に吸って申し訳なかった」とあったから、てっきり禁煙スペースにしてくれるのかと期待した。だがその後に、「出来るだけ、本数を減らす」と続き、ガッカリ。

 本数の問題じゃないのになあ。全然分かってない。

 私は、「吸うな」とは言わない。そこまで強硬ではないつもりだ。嗜好の問題だから、吸いたければ吸えば良い。但し、場所や周囲に配慮してもらいたいだけだ。吸いたくなったら、ちょっと席を外して、吸える場所に移動すればいいことだ。非喫煙者に与える不快感に比べれば、その位の面倒は当然と考える。

 その後のメールで、「連中に相談してみます」と書いてきたが、余り期待しない。

 仲間に非喫煙者に対する配慮が出来るようになったら、改めて参加したい。結局今回はパスすることにした。
 
posted by Boo! at 22:00| 東京 ☁| Comment(10) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする