2017年06月06日

モデムかルーターか?

 最近、ネット接続がよく切断する。ケースは様々だ。
 
 PCを立ち上げた時点で繋がってなかったり、ネット閲覧中に切れたりだ。メールを送ろうとすると、「サーバーに接続されてません」と出て、送れない。困るのは、更新プログラムのダウンロードが途中で止まってしまうことだ。

 また、NASサーバーを置いて、音楽ファイルや写真、仕事データをバックアップしている。新しいファイルがたまったら、逐次、PCのHDDから送るのだけど、NASに組み込んであるHDDはLAN経由で繋がっている。そのため、ネット接続に不具合が生じると、送ることができない。外付けHDDも利用して、二重のバックアップはしているけど…。

 接続が切れても解決方法はいくつか知っているので、焦ったりはしない。

 一番簡単な方法は、ルーターをリセットすることだ。これでほぼ回復する。しかし切断する度にリセットするのは面倒だ。

 ところが最近、この方法を用いても回復しないことが増えてきたので、「ルーターの故障かも」と疑い出した。だがこのルーター、購入してからまだ3年くらいだ。当時最も評価の高かった製品で、実際、ついこの間までは安定していた。

 2週間位前からは更に切断の頻度が上がり、その度にリセット操作を繰り返す。本当に騙しだましの使い方だ(悲)。

 ルーターのリセットで回復しない時は、モデムのリセットだ。こうなると一体どちらに問題があるのか…。ここがハッキリしないとルーターだけ買い替えても無駄になる恐れがある。もし、モデムに原因があれば、ラッキーだ。ケーブルテレビ会社と契約しているので、モデムは貸与されている。不具合が生じれば無償交換してくれるはずだ。

 そこでどちらに問題があるのか、接続が切れた時に両機種のランプを確認した。するとルーターは正常に点灯状態だったが、モデムの方は、一つのランプが消えていた。ルーターばかり疑っていたが、モデムとは…。

 自宅近くに、契約しているケーブルTV営業所があるので、モデム交換を申し出ることにした。口であれこれ説明しても、無知な老人の世迷い事と誤解されかねないので(笑)、モデムの点灯状態を動画で録り、動かぬ証拠とした。機器が故障しても、サービスマンに来てもらったら正常に動くことがよくあるからです。

 カメラを持参し、営業所に行った。簡単に現状を話し、動画を見せた。そうしたらいともあっさり、「あ、これはモデムが故障してますね」と、交換してくれることになった。

 そして先日来てくれた。

 作業を見ていると、隔世の感がある。タブレットを片手に、モデムの症状を確認している。ここ何日間の使用状況、異常発生などがグラフで表示される。かつては、テスターを使って異常箇所を探したものだ(古いなあ)。

 ネット接続はLANで繋がっているから、どこからでも遠隔操作できる。サービスマンには便利で楽だろうけど、ま、怖いと言えば怖い。

「この日とこの日が特に不安定ですね」と言いながら、新しいモデムに交換した。旧モデムは確かモトローラ製だった。今回はArrisの文字。初めて聞くメーカーだ。

 驚いたのは、このモデムにはアダプターがない。コンセントに直接差し込むだけだ。普通はアダプターを介して電源をとる。以前は大きなアダプターだったので、邪魔だし、電源タップに差すと他の差し込み口までかぶるので、一つ無駄になった。

 交換後は快調だ(った)。気のせいか、さくさくと軽快だ(った)。が、喜んだのも束の間、NASに接続中、切れてしまった。「野郎め、不良品を持ってきやがったか!」

 だがモデムを見ると、ランプは正常に点灯していた。「問題ないようだなあ」とルーターに目を移し確認すると一つのランプが消灯している。これはモデムと正しく接続されているかを示すランプだ。消えているということは、ルーターまで届いていないことになる。

「ウーム…」、少ない脳みそをかき回した。ハタと閃いた。モデムとルーターを繋ぐLANケーブルは、10年くらい使い続けてきた。途中2回ほど、モデムの新型切り替え無償交換があったが、ケーブルはそのままだった。

 確か最近は、高速通信に対応した新しい規格ケーブルが出ていることを思い出し、新しいモデムに付属していたケーブルに交換した。それからは全くノントラブルだ。NASへのデータ転送も速くなり、イライラしない。

 もうしばらく様子をみるけど、ケーブルが原因というのは盲点かもしれない。もしこれで再発したら、またサービスマンに来てもらうしかないが、多分、大丈夫でしょう(?)。
posted by Boo! at 22:20| 東京 ☁| Comment(0) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする