2017年06月10日

やっとね…。

 巨人の連敗が止まらなかったが、昨日やっと勝った。前回の勝利がいつだったか、もう思い出せないほどの長く暗いトンネルだった。しかし、一つくらい勝ったって、ま、焼け石に水だ。これから5連勝、10連勝でもしてくれないと、ファンとしては満足できない。

 それにしても、何故こんなに弱くなったのだろう?特にパリーグのチームと戦うと、その弱さが際立つ。まるで、一軍と二軍の試合のようだ(悲)。球界で一二を争うような高い年俸を取る選手が多いのに、それに見合う活躍をしていない。プロは、勝ってなんぼ、打ってなんぼ、抑えてなんぼ、でしょう。それができなければ、高い金を貰う資格などない。

 テニスやゴルフのシビアな世界に比べ、プロ野球は恵まれていると思ってしまう。まるで私の生活のようだ(笑)。ゴルフで年間賞金一億円を稼ぐのは大変だ。ほんの限られた選手しかいない(私も大変だった)。それを何年も続けることは更に至難のことだ(私も至難だった)。故障や不調になれば、ほとんど稼げなくなる(今の私だ)。

 プロ野球はどうか?ケガで一年棒に振っても高い給料は保証されるし、調子が狂って二軍に落とされても同様だ。つまり球団によって選手は厚く護られている。なんだかサラリーマンみたいだ。

 もっとも、これらが全て悪い訳ではない。良い選手を抱えるためには必要だろうし、選手だって生活がある。しかしべらぼうな金を払ってまで抱えたい選手がどれだけいるのだろう。素朴に疑問だ。

 アメリカ大リーグはもっと凄いが、しかし、シビアでもある。活躍すれば惜しみなく金を出すけど、見合わないとなれば、一気に何分の一に下げるし、放出も厭わない。今現在、或いは将来も活躍が期待できそうもないとなれば、例えかつて大活躍した選手であろうと、容赦しない。イチロー、松井もそうだった。日本だったら、いつまでも昔の名前にすがるから、こんな扱いはしない。

 巨人は高い金ばかり払う。他球団から主力を引っこ抜いたり、大リーグから見放されたような選手を迎えたがる。これは巨人の伝統のようだ。つまり、自前の選手を育てる努力をしない。今のレギュラー選手で、生え抜きが一体何人いるか?

 この点では、広島を見習って欲しいものだ。

 弱かったはずの阪神でさえ勝っている(笑)。さぞや、あたごウクレレさんはご機嫌でしょう。ま、今だけですけどね(笑)。


追記・やはり、今日も負けた。せっかくリードしても、相変わらず守れない(悲)。再び、連敗の始まりか?
posted by Boo! at 21:25| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする