2017年08月25日

町の本屋さん

 先日の新聞記事に、「市町村の2割が書店ゼロ」と書かれていた。

 「どの町にも本屋はある」と信じ込んでいる世代には驚きで、と同時に、「本の虫」を自称する私は寂しい思いがした。

 子供時代を過ごした都内の実家周辺には小さな本屋が2店あったし、貸本屋もあった。毎月予約していた月刊誌の発売日が待ち遠しく、連絡があると、すっ飛んで行った。しかしこの本屋の親父が少々偏屈者で、少しでも立ち読みしようものなら、隣に来て、わざとらしく棚の本にハタキを掛けたりする。客などほとんどいなかったから、いつも店の奥の部屋に閉じこもっていた。客が店内に入ると、その物音で奥からヌーと不細工な顔を出す。そして客の一挙手一投足を見つめるので、落ち着いて本の物色などできない。今振り返っても、「何を考えて商売していたのだろう」と思ってしまう。

 支払いをしても、「有難う」も言わず、ブスっとした顔で金を受け取る。子供だったとは言え、こちらは客だ。段々頭にくるようになり、お袋に「もうあの店には行かない」と宣言した。少し遠くなったけど、もう一つの店に行くようになった。こちらは快活なおばさんで、実に愛想が良かった。自然の成り行きだが、先の本屋はそれからしばらくして閉店した。

 町から本屋が消える原因は幾つかあるのだろう。若者の活字離れ、いや若者に限らず読書しない人が増えている。或いは、本屋に行かず、ネットで注文することなどが考えられる。

 しかし根本は別にあるような気がする。小さな本屋では、現在の多種多様な本に対応することは難しい。すると雑誌類やありきたりの本ばかりを置く様になる。本好きはそんな店からは離れる。出版社は、販売力のない店には売れそうな話題本は回さないだろうし・・・悪循環だ。そのため、品揃えの充実した大型書店ばかりが増える。しかし大型書店が進出する場所は限られる。集客の望める人口の多い所になるだろう。

 幸いにも、自宅周辺にはまだ4,5店が商売しているが、いずれも大型書店だ。数年前までは昔からの本屋がいくつかあったけど、すべて閉店、撤退してしまった。

 どう考えても、小さな本屋が生き残るのは難しい。

posted by Boo! at 22:42| 東京 ☁| Comment(12) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

解決?

 先日、当ブログが「テストの結果、大変危険なサイトです」と警告され、当惑している旨を書きました。

 ユーザーの不安を煽って、怪しいサイトに誘導する手口かとも疑った。しかし、導入しているウイルスソフトのマカフィーからの警告だから、無視はできない。

 フルスキャンして調べたが、全く問題ない。それでもブログを開くたびに警告表示されるから、鬱陶しいたらない(怒)。

 ネットには同じ現象で悩んでいる書き込みが多くあった。いずれもマカフィーを利用している点が共通している。投稿された解決方法を参考に、いくつか試したが、解決には至らない。だがマカフィーには、問題のサイトを調査してくれるサービスがあるとわかり、専用サイトに依頼した。

 対応は素早く、一日置いてリポートメールが届いた。全文英語だから、いくら三か国語(関東語、信州語、東北語の三つ)に堪能な私でも読解に苦労した(悲)。

 それによれば、幾通りかを調べたが問題なしとの答え。「この結果に不満があったら再度メールを」ともあった。問題がないのなら、不満などない。

 しかしその後も、ブログを開く度に警告される。これが解決されなければ、いつまでも不満が残る。

 警告文の最後に、ボタンが目に入った。「こんなボタンあったかなあ?」と思いながら、あまり理解もせず、クリックしてみた。

 そうしたら、警告表示が消えたではないか。「一度だけかも」と疑い、PCを再起動し、ブログに再アクセスした。問題ないようだ。

 その後も現在まで、警告表示されることはない。どうやら解決したと思いたい。
 
 ネット上では、なにやら小難しい解決方法が書かれているけど、なんのことはない、ワンクリックで解決してしまった。

 ただし、今回は自分自身のブログであるので、安全と分かっている。これがもし他人のブログやサイトで同じ警告が出たら。やはりクリックはためらうかもしれない。悩ましいなあ。ですから、誰にも勧められるわけではありませんので、安全と確信できるサイトに限ってクリックしてください。

 マカフィーさん、セキュリティ・レベルを上げるのはいいけど、危険と安全の線引を今一度見直して欲しい。
posted by Boo! at 22:04| 東京 ☔| Comment(4) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

夏休みも終わり!

 長い休みも今日で終わり。なんだか、ちっとも休んだ気がしない(笑)。

 信州から上京してきたいとこが我が家に一泊して、昨日帰った。彼は私と同い年だ。二人で顔を見つめながら、「お互い、老けたなあ」と、実感しあった(悲)。小学校の4年生頃から親しくなったから、もう60年ほどの付き合いだ。会社を興し、地元では優良の企業に育てた。人付き合いがうまいので、それが成功した大きな要因だと思う。

 話が尽きることはなく、彼の為に用意した部屋に私の寝具も持ち込み、夜中まで話し込んだ。

 翌朝目が覚めると、もう布団から抜け出たらしく、何やら庭でごそごそと音がする。窓を開けると、一生懸命草を取っていた。すっかり伸び放題になった草を見て、放っとけなくなったのだろう。「いいよ、近いうちに取る予定だから」と言っても、手を休めない。さすが、田舎の人は働き者だ。

 仕方なく私も付き合い、二人ですっかり綺麗にしてしまった。45l入りのビニール袋が10袋にもなったから、結構な量だ。妻は「わー、きれい!」と、感嘆の声を上げた。

 ビールを飲みながら朝食を取り、昼過ぎに帰って行った。

 彼が帰ったあと、先日オークションに出品した品物の入札が気になり、パソコンを立ち上げた。まだあまり反応がない。大体最初の2,3日はこんなものだ。締め切り日が近づくと急に入札数が増える。

 カラオケ伴奏を作ろうと、久しぶりにbb(band in a box)を開いた。ところがあまりにも長期間触れなかったので、細かい使い方を忘れてしまった。一々マニュアルで調べるのも面倒で、イライラした(悲)。やはりこういうソフトは使い慣れるくらい普段から触れないと 駄目だなあ、と痛感した。このソフトは簡単カラオケを作るには便利だ。慣れてしまえば、1曲を10分程度で作れてしまうからだ。しかし、便利な反面、不満もある。

 コードトーン、ベースの音使いなどが時々気になる。勿論、音としては間違っていない。「間違ってはいないから、良いだろう」とは言えない所が音楽の難しさだと思う。どうしても気になる場合は、ベース音やギターコード音のトラックを削除して、後から生音を録音する。多少リズムが不安定でも、このほうが自然に聴こえる。

 とはいえ、カラオケ伴奏が素晴らしくても、肝心のスチールギターの腕がヘボではなあ・・・(悲)。
 
posted by Boo! at 22:02| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

テストの結果、このサイトは大変危険なサイト?だと(怒)!

 皆さんも当然、ウィルスソフトを導入し、ウィルスの侵入を防いでいると思います。

 有名なソフトでは、トレンドマイクロ、ノートンセキュリティ、それにマカフィーが三大ソフトでしょうか?WindowsOSにも標準で入っているし、もちろんフリーソフトもある。AVGあたりが有名です。

 以前はフリーソフトを使っていた。とくに問題はなかった。しかし、CATV会社(ケーブルテレビ)と契約してからは、マカフィーに変わった。CATVがマカフィーと連携していることで、ユーザーに無料サービスしてくれるからだ。これはありがたいと思った。自分で更新する必要がないから手間いらずだ。

 ところが最近、私のブログを表示すると、次のような警告文が出て、ドキッとした。

 「テストの結果、このサイトは大変危険なサイトまたは不審なサイトであることが判明しました・・・以下略」

 なんじゃ、これは!

 自分のブログを危険にした覚えはない。当たり前だ。となると、何が原因なのだろう?
 たまたまこの警告文を目にした方は、「やべえ、読むのをやめよう」となる可能性大だ。そういえば最近アクセス数が減ったのはこれが原因だったか?一日に10,000は下らなかったが(誇大?)、いまや数十だ(悲)。

 このままは放っとけないと、マカフィーでフルスキャンして調べた。長時間かけて出た結果は、「問題なし」「安全です」と出た。安心はしたものの、納得いかない。証拠に、その後ブログにアクセスすると再び警告されるからだ。
  
 同じマカフィーなのに、矛盾しているではないか!

 以前所有していた別のソフトで調べても問題ない。

 ネットで調べると、どうやらマカフィーだけの現象のようだ。中には直接マカフィーに連絡して文句を言ったら、「スキャンして安全なら問題ないので、そのままお使いください」と言われたそうだ。そういうことではないような気がするなあ。プログラムそのものに問題があるのではないか?

 私も現在、調査を依頼しているところだ。

 皆様のなかにも、マカフィーを利用している方がいるかもしれません。もし、上の警告文が出ても心配ありませんので、逃げないでください(笑)。
posted by Boo! at 12:47| 東京 🌁| Comment(2) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

夏休みに儲ける…(?)

 夏休みに入りました。

 暑いとどこにも出かけたくない。エアコンを効かせた部屋でゆっくりくつろぐ方が、体のためには楽でよい(笑)。かと言って、ボーとして一日を過ごすのも退屈で、時間の無駄だ。それに、芸が無い。

 そこで多少は生産的(?)なことにも時間を使おうと、あれこれ計画を立てた。

 一つは、暫く中断していたオークション出品だ。何年か前まではポツポツと出して、小遣い稼ぎした。出し方が上手いのか、全て希望価格以上で売れた。合計1000万円以上になったかな…ウソつけ?

 オークションの面白いところは、自分では「金にならない」「価値がない」「売れるわけない」と思っても、いざ出したらニンマリするような価格で落札される可能性があることだ。その逆もあるけど、こればかりは出してみなければ分からない。

 それでも自分なりに、売れそうな判断基準は持っているので、部屋を見渡し、本棚や引き出しの中を物色した。

 間違いなく高値で売れそうなのは、ジャズのアナログレコードだ。全てデジタル化したから処分しても良いのだけど、まだ少し未練がある。お気に入り盤だけ残して、しょうもないものから出すか…(笑)。

 オーディオパーツも期待できそうだ。カートリッジ、針圧計…。カセットテープのデジタル化が済んだら、カセットデッキを将来出すつもりだ。マニアであれば、欲しいはずだから、今から期待している(笑)。

 2,3時間かけて、なんとか数点ほど選んだ。レコードはもう少し時間をかけて選ぶことにする。

 これから出品の写真を撮り、説明文を考えます(これが面倒くさい)。

 「何を出すのか?」・・・ですか?

 たぬきさんや阿羅漢さんでないことは確かです。「危険物出品禁止」だし・・・。
posted by Boo! at 22:58| 東京 ☀| Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

はや、8月!

 「暑い、暑い!」と文句をぶー垂れながら、8月です。まだまだ我慢が続きますが、しかしあと1週間も過ぎれば「立秋」です。ピンときませんが、それでも最近は、日が短くなったと感じます。

 今年はやけにセミの鳴き声が多いような気がします。公園を走っていると、うるさいほどです。自宅にいても、夜遅くまでやかましく鳴いています。何年か前は、とても鳴き声が少なく、自然環境悪化により、セミの生存が難しくなったのかと気になったものです。雀も同じような現象で、一時は絶滅危機扱いされるほど見かけなくなりましたが、今ではどこにも群がっています。なんとなくホッとします。

 すでに夏休みを取った方もいるでしょうが、大方はこれからでしょう。私は来週あたりから2週間近く休むつもりです。出かけたいのですが、この時期はどこも混雑、かえって疲れに行くようなものです。静かに自宅でのんびりすること、近場の自然を車で見て回り、あとは美味しいものを食べにレストラン巡り、そして久しぶりにカラオケ伴奏の制作に時間を掛けてみよう、こんなところです。信州のいとこから、「遊びに行きたい」と連絡が来たので、2日ほどつぶれそうです。

 あまり長く休むと、仕事への意欲を失いそうです(笑)。元々怠け者である私です。夏休みの延長でそのままリタイヤする可能性も無きにしも非ずです。今迄なんとか働き続けて来られたのは、やはり人との付き合い、社会とのつながりを断ちたくないからでしょう。丁度良い緊張感をもたらしてくれるし、一種ボケ防止にもなっているかも・・・?

 それでも残された時間はあと1年か2年でしょうか・・・。リタイヤ後の設計を考えないとなあ。あたごウクレレさんやきぃばつさん、MATTさんたちのように理想的なリタイヤ生活が送れるのだろうか、心配になる。阿羅漢さんでさえ、人並みの老後生活を送っている…実態はしらないけど。悲惨なのはたぬきさんだから、この方だけの二の舞はしないように・・・(笑)。
posted by Boo! at 22:07| 東京 🌁| Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする