2008年12月10日

古PC処分! 32

 1Mから12Mコースに変更申し込みをすると、早速、新しいモデムが送られてきた。引き換えに、それまで使用していた1Mモデムを返却した。レンタルだから返さなければならない。ただ、うっかりして、説明書も一緒に送ってしまったので、後日、設定を細かく見直そうとした時、少々、困ってしまった。1Mも12Mも共通の説明書だったので、新しいモデムには同梱されていなかったのだ。

 1Mから12Mへの変更は、確かに、反応が良くなった事を実感した。大きいファイルサイズのフリーソフトをダウンロードしても、OSの更新も、ほとんどストレスなく終了できるようになった。また、インターネットのページも、以前は画像が多かったりすると、途端に重くなり、なかなか開けないことがあったが、それもほぼ解消された。

 これだけ快適になって月額利用料が2000円程度だったら、安いものだ。しばらくは、これで充分だと思ったし、現在でも12Mのまま使い続けている。

 本心を言えば、「光」接続にしたいのだが、ネックは利用料金がまだまだ高すぎることだ。マンションのような共同住宅であれば、かなり低額のようだが、戸建の場合は、6、7千円はかかる。ケーブル・ネットも検討したが、同じ程度かかる上に、見たくもないテレビチャンネルも契約すると、1万円近くかかるというから、あきらめた。貧乏性というのか、どうも、形の見えぬものには、必要以上に金を掛けたくないところがある(笑)。

 これだけインターネットが普及したのだから、プロバイダー会社はもっともっと、値下げする努力も必要ではないか? 私の考える適正料金は、「光」が月3000円程度、ADSLが月1500円といった所だ。これなら、即、「光」に乗り換える。 

 PCは何も、インターネットやメールだけを使うためにあるものではない。人によって、その使い方は千差万別に違いない。

 私はと云えば、初期の使用目的は趣味で集めた大量のアナログレコードのデータベース化だった。この作業はほぼ一段落した。やがて、オープンテープやカセットテープに録り貯めた古い音源のデジタル化、古いネガフィルムのPCへの取り込み、或いは、仕事上の会計処理等々、他にも色々とあるが、何だか、PC環境にしたことで、かえって、やることが増えてしまった感がある。これらの作業はまだ続いている。

 まだ手付かずだが、やはり大量に録画したビデオテープの存在がある。これをどうしようかと頭を痛めている。現在使用中のデッキ(S-VHS)が、時々、不調になるからだ。新しいデッキを買おうと思っても、今や、ほとんど発売されていない。あっても、海外生産された安物デッキだけで、ましてや、S-VHS対応のものはまず見当たらない。

 残る手段としては、リサイクルショップで良品を見つけ出すことしかないようだ。早めに手に入れて、どうしても残しておきたい映像だけでもデジタル化しようと考えているが・・・どうなることか(悩)。

 技術がどんどん革新されることは、素晴らしいことだが、それによって、今まで何の問題もなく使えたものが、やがては使用不能になったりする。間もなく切り替わるテレビのデジタル放送だってそうだ。こんなもの、国策みたいなものなんだから、国民に負担を強いるのは実におかしいと思うのだが。

 捨てるに捨てられず、古い大事なものを沢山抱えて、途方にくれている方も、きっと、多いに違いない。
posted by Boo! at 21:05| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽以外の関心ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。