2009年01月17日

古PC処分! 33

 初めて組み立てたPCは、およそ6年ほど使い続けた。当初こそ、ギガ・パソコン(CPU、メモリー、HDD全てがギガ単位で構成されていること)の先駆けだと自慢していたが、その後のPC性能の向上著しく、いつの間にか、陳腐化してしまった(悲)。それでも、それほどの不満を感じることなく使ってきた。

 ある日、友人から「新しいPCを買ったので、ちょっと設定を見て欲しい」と頼まれた。彼は長年の親しい友人だが、はっきり言って、PCは苦手だ。現役で働いていた時、特にPCを必要とする部署ではなかったから、勉強するチャンスがなかったこともある。

 数年前に早期退職したことで、有り余る時間が生じた。なにか好きなことでも・・・と考えたようだが、悲しいことに彼は古いタイプの会社人間だったので、これといった趣味がない。

 そこで、私がケシかけた。「なにもしないで酒ばかり飲んでいるとボケちゃうぞ!」 彼は何よりも酒大好き人間だ。「何か趣味はないのか?」と訊くと、「ウーン、お前みたいに楽器は弾けないしなあ・・・。まあ、旅行くらいかな・・」「旅行なんて毎日できるわけじゃないから、趣味にもならんぞ! それに、金もかかる」「とにかく、なにか没頭できるものを見つけたほうがいい」と忠告した。

 それから何日かして、「お前にいろいろ言われて考えたんだけど、中学生の頃まではよく写真を撮った」「だから、写真でも始めようかと思う」と電話があった。

 とにかくなんでもいいから、彼には一つ夢中になれるものを持って欲しかったので、「それいいね。気が変わらないうちに早く始めなよ」と大賛成した。

 更に数日後、嬉しそうに「デジカメを買ったよ。フィルム・カメラしか知らないから、操作を覚えるのが大変そうだけど、面白そうだ」と声が弾んでいた。

 やがて、デジカメを購入したことで、彼の旅行好きにも火がついた。カメラを手に、国内はおろか、海外をあちこち周り、風景は勿論、色々なものを対象に撮りまくるようになった。

 センスもあったのだろう。ちょっとした写真コンテストに応募するようになり、入賞も珍しくなくなった。ついこの間は、海外のコンテストに出品し、なんと「グランプリ」を獲得した、とメールが来た。彼の喜びのコメントが可笑しい。「いやー、やってしまいました」だった(笑)。

 デジカメに夢中になったことで、良い副産物も生まれた。画像が増えるにつれてどうしてもパソコンが必要になり、何年か前に機種選びに協力した。PCは、なにか使いたい目的がはっきりしていると、覚えも速い。いまや、画像の編集などは一人前だ。

 そして冒頭に書いたように、もっと高機能のPCが欲しくなり、買い換えたということだ。画像ソフトは自由に使えても、PC設定は苦手だから、彼が使いやすいように設定を見直し、画像がたっぷり保存できるように外付けHDDを増設した。

 彼の新しいPCに触れてみて、驚いた。とにかく反応が速い。あっという間に処理が終る。「いやー、こんなに速くなったのか!」と自分のPCと比較してしまった。それまでは、大して不満を持っていなかったのに、最新のPCを知ったことで、一気に不満だらけになってしまった。「そろそろ、新しくするかなあ・・・」
posted by Boo! at 21:50| 東京 ☀| Comment(2) | 音楽以外の関心ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パソコンは日進月歩、否、秒進分歩ですからね。

i7プロセッサの速さ(快適さ)に慣れると、もう戻れません。

パソコンの寿命(まともに使える期間)は2年と思ってます。
Posted by イィヴィ平野 at 2009年01月20日 20:06
イィヴィさん

>秒進分歩

 本当にその通りですね。10年後にはどうなっているのでしょう?

>i7プロセッサ

 評判いいようですね。ただ、ハード面では凄いスピードで進化していますが、ソフトの方が追いついていないように思います。

>パソコンの寿命(まともに使える期間)は2年

 2年か・・・。するてぇーと、私の6年はどうなるのでしょう? だましだまし使い続けるのも、結構面白いですがね。
Posted by Boo! at 2009年01月20日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。