2009年06月25日

「AL HAIG TRIO」 Al Haig Trio

A.Haig_1.jpg

 A.ヘイグは、日本では馴染みがあるのかないのか、よく分らない人だ。実績は充分ある。C.パーカーやD.ガレスピーといった巨人たちとも共演している白人バッパーだ。自身のアルバムも何枚か出しているが、数はそんなに多くないのではないか?

 マニア好みというのだろうか、一時、高値で取引されるほどの幻の名盤とも言われるアルバムもあった。その一枚が今回紹介する作品だ。

 私が彼に注目したのは、スタン・ゲッツと共演したアルバムを聴いてからだ。大分前に紹介した。

 押さえ気味のプレイではあるけれど、確かなテクニックと無駄のない音使いに好感を持った。彼のプレイは、一体、誰の影響を受けたのだろうと思うことがある。いろんな要素が含まれていて、「**だ」と特定しにくいのだ。

 パウエル的な所もあるし、流れるようなタッチはA.テイタムを思わせる。ハデではないが、飽きさせない演奏だ。

 トップに揚げたジャケットがオリジナルだが、その後、米や日で再発売された時は次のようなジャケット写真で発売された。

A.Haig_2.jpg

 どうしてこのような事をしたのか、いきさつは分らないが、しかし、珍しいことではない。輸入盤と国内盤のジャケットが違っていて、違和感を覚えたことはよくあった。しかし、マニアは音だけでなく、ジャケットにもこだわるから、レコード会社もつまらぬことをするものだ。

 さて、このアルバムに収録されている曲は、全て名曲ばかりだ。私の好きな曲が多く、嬉しい。この中に、「Is't it Romantic」というナンバーが入っている。大好きな曲だが、何回か聴いていたら、「あれ?」と思った。B.エバンスのシェリーマンズ・ホールでのライヴ録音アルバムの中にもこの曲が演奏されているが、その演奏と良く似ているのだ。エバンスの方が10年後に録音したから、もしかすると、ヘイグの演奏を聴いていて、それが頭の隅に残っていたりして・・・? 私の勝手な想像ではあるが。

 
A.Haig_3.jpg


 CD盤。1954年録音。
posted by Boo! at 22:58| 東京 ☀| Comment(2) | JAZZはいかが? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらら・・・。
Booさんにしてはまた渋いミュージシャンをとりあげましたね。

ゲッツとの共演以外にも聴いたことがありますが、ちょっと覚えていません。

「Is't it Romantic」はピアノではないですが、ギターのタル ファーローのものもなかなか良いですし、また、この中のIf I Should Lose Youはフォー フレッシュメンの「イン ラテン」が好きですね。
Posted by たぬき at 2009年06月25日 23:59
たぬきさん

>Booさんにしてはまた・・

 なにを言ってるのですか? 人様からは「渋いお人」と言われている私に向かって!

>ゲッツとの共演以外

 それはもしかして、チェット・ベーカーでは?

 「If I Should Lose You」は私も好きですが、チェット・アトキンスのギター・ソロでの演奏も素敵です。
 それにしても、良い曲が多いですね。
Posted by Boo! at 2009年06月26日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。