2009年11月24日

CD/DVDの整理

 皆さんもきっと、大量のCDやDVDをお持ちのことと思う。それらをどのように管理していますか?

 CDといっても音楽CDがあるし、PC設定やアプリケーションのインストールCD、CD-R(+R)のようにデータ・ファイルを記録する類のものもある。DVDも同じく、映画ソフトもあればHDDのバックアップ用など、多種用途のものが混在する。これらを全て合計したら相当数にのぼるに違いない。

 市販の音楽CDや映画DVDについては、それほど悩むことはない。私もそうだが、大体の方はTVやオーディオ・セットの近くに収納して必要な時に取り出す、といった使い方をしていると思う。ジャケットを見れば一目瞭然で簡単に判別がつく。しかし、それも100枚程度までのことで、それ以上、例えば500とか1000枚以上となったら目的のものを探しだすことは、かなり大変になってくる。

 以前にも書いたが、長年に亘って集めたアナログLP全てをデータ化してPCで管理している。入力し終えるまで数年もかかったが、便利なことこの上もない。できるだけ細かく情報が取り出せるように、アルバム・タイトルは勿論、サイドメンを含むプレーヤー名、曲名、録音年月等々、必要と思われる情報を漏れなく入力した。その分、手間がかかったが・・・。

 例えばこんな使い方ができる。「枯葉」という曲を誰が演奏しているかを知りたい場合、条件をつけて検索してやれば一覧でずらずらと出てくる。或いは、コルトレーンが参加しているアルバムも簡単に見つけることができる。人によって知りたい情報は様々だから、面白い使い方ができるだろう。

 現在は音楽CD/映画DVDの入力に取り掛かっているが、思うように時間が取れないこともあるし、一旦、作業に入るとそれこそスチールギター練習に回す時間がなくなってしまうので、サボりがちだ。痛し痒しだ。

 さて、問題はPC関連のソフトやデータの入ったCD(R)/DVD(R)だ。

 OSは勿論、アプリケーション、周辺機器設定に必要なドライバー・ソフト、PC雑誌には付録CDといった具合に様々な用途に使われている。気がつくと、凄い数になっている。

 これらは音楽CDなどとは分けて、PC近くの本棚に収納している。だが、特に整理して並べているわけではないから、いざ必要に迫られて探すと、四苦八苦することになる。音楽CDとは異なり、ラベルの表示だけではなかなか目的のものが分らないことも珍しくない。特に最近の付属CDには色々なソフトが一緒に収録されていて、一度PCで読み込まないと中身が確認できないケースが多い。これが実に面倒くさい。

 LPレコードのようにデータ化すれば問題は解決するのだろうが、もうこれ以上、入力作業はしたくない(笑)。できるだけ手間を掛けずに管理できる方法はないものだろうかと、無い知恵を絞った。

 「あった!」

 手間ゼロというわけにはいかないが、かなり楽に管理できる。これはもしかして、究極の整理法では、と自画自賛している(笑)。私と同じように(?)、整理の下手な皆さんにも伝授しよう。もっとも、イィヴィさんあたりは、既に導入しているかもしれない。

 と、ここまで書いてきて疲れた。次回に持ち越します。アカカのアルバムといい、持ち越しばかりだなあ(笑)。
posted by Boo! at 21:15| 東京 ☀| Comment(2) | 音楽以外の関心ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は全然整理してないです。
ジャンル別に並べるくらいかなぁ...。
Posted by イィヴィ平野 at 2009年11月27日 08:48
イィヴィさん

>全然整理してないです

 そうですか、意外ですね。整理というのは、たまってからするのは大変なんですね。見るだけで嫌になり、益々避けようとします。そうなると、悪循環に陥ります。いざ必要になると、片っ端からひっくり返して探しまくるというパターンです(笑)。少ない内に整理、管理を心がけると楽なのは分っているんですが・・・(悲)。
Posted by Boo! at 2009年11月27日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。