2009年12月15日

CD/DVDの整理 3(了)

 関心のない方には、全く「豚に真珠」「猫に小判」「馬の耳に・・・」的な記事ですが、一人くらいは試してみようかという方もおられるかもしれませんので、今回でまとめます。年内に整理して、気持ちのよい新年を迎えて下さい(笑)。

 前回は、CD/DVDを収納するファイル・ブックを用意して、お持ちのディスクを全て収めるところまで説明しました。ディスクをプラスチック・ケースから取り出して、ファイル・ブックに収めてしまうだけでもかなりすっきりし、場所を取らなくなるはずです。

 しかし、これだけでは目的のディスクを探し出すことは大変だ。いかに探しやすくするかが、次のステップです。

 ファイル・ブックの次に用意していただくものが、「CDカタログ」というソフトです。これはフリーソフトですから、無料です。インターネットからダウンロードし、インストールしてください。簡単ですし、PCに詳しい方ばかりでしょうから、あえて説明はいたしません。

 さて、「CDカタログ」をインストールしたら、プログラムを開きます。つぎのような画面が出るはずです。

CDカタログ_0.JPG

 基本的な使い方は易しいので、詳しい説明は省きます。ヘルプを参照すれば問題ないでしょう。私自身、まだ全部の機能をマスターしているわけではありませんが、基本操作だけで充分役に立ちます。段々慣れていって、もう少し高度な使い方をしたくなったら挑戦してみて下さい。ご質問もどうぞ。

 では早速使ってみましょう。

 先ほどの画面から始めます。この状態のまま、ファイルブックに入っているディスクを取り出し、PCのドライブにセットします。もし、ディスクのプログラムが起動したら、キャンセルして下さい。セットしたら画面の下にある「読み込み」ボタンを押します。すると自動的にディスクの中身を読み込んでくれます。

 例えば、以前抽選で当たったスキャナーS300のセットアップ・ディスクを入れると、次のように中身が参照できます。

CDカタログ_1.JPG


 これでOKならば「保存」ボタンを押します。すると自動的にタイトル名が付けられます。

 CDカタログ_2.JPG

 「CD:ScanSnap」と付けられてますね?このまま保存してもいいのですが、まだ不十分です。探しやすいように、番号を先頭に付けてやるとよいでしょう。このディスクはNo.062のポケットに入っていたので、こんな感じにタイトルを修正しました。もう一度保存します。

 CDカタログ_3.JPG

 こうしておけば後で簡単に探し出せます。以上のように、ディスクを袋から取り出し、セットして、「読み込み」「保存」を繰り返していけばいいのです。番号を付けることを忘れないように。

 何と言っても、入力の手間がほとんどないことが便利ですし、作業もスピーディーに進みます。慣れたら自分が使いやすいようにコメントを追加したり、修正もできます。

 もう一押し、お勧めしたいのが、やはり、「フォルダ」を用意して、「保存」時に振り分けることです。更に探しやすくなります。「フォルダ」名はご自分で考えて下さい。私は次のようにしておりますので、ご参考までに。左のサイド・バーをご覧ください。

CDカタログ_4.JPG

 大量のディスク整理に悩んでいる方、是非、お試し下さい。

 なお、前にも書きましたが、音楽CDや映画DVDには向きません。これはあくまでも、PCのソフトやドライバー類の入ったディスクの整理に向くものです。 
posted by Boo! at 21:43| 東京 ☁| Comment(2) | 音楽以外の関心ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マメだ...
私にはマネ出来ないです....。(私、意外と面倒くさがり屋さんです)
Posted by イィヴィ平野 at 2009年12月16日 00:07
イィヴィさん

>意外と面倒くさがり屋さんです

 そうですか? 訳の分らぬことにのめり込んでいるではないですか。BONICとかいう・・・。
 私には、そちらの方が面倒くさい!
Posted by Boo! at 2009年12月16日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。