2010年03月07日

ナビ

 皆さんの多くがナビを利用していることと思う。

 私が使い始めたのは8年くらい前からだ。当時はまだDVDディスクをセットして使うタイプが主流で、CDタイプもまだあった。一枚のディスクでは日本全国をカバーできず、東日本版と西日本版のディスク2枚セットになっていた。

 関東圏に住む私の場合は、東日本版をセットする。ほとんどこれで不自由はないのだが、たまに関西方面に出かけると、途中から西日本版ディスクに入れ換えなければならない。面倒ではあったが、そう頻繁にあることではないからまだよい。気になったのは、反応の遅さだった。何か操作をしたり、ルート設定変更をするとモタモタ感があって、少々イライラさせられた。また、GPSとの連携もまだまだの状況だったので、しばらく走っていると、いつの間にか自車の走行位置がずれてしまって、道なき道を走っていたり、ひどい時は田んぼや湖の上を走っていることになっていた(笑)。

 やがて次の車に変わると、HDDタイプになり、それまでの反応の遅さが解決した。GPSやVICSの連動で、自車位置が正確になり、逐次、渋滞情報や危険注意情報を得られるのは助かる。かなり完成されたところまで来ていると思うが、それでもまだ不満な点は幾つかあるようだ。

 目的地近くまで来ると、「間もなく目的地です」「目的地に到着しました」というアナウンスが流れる。だが画面を確認すると、目的地までまだ何百メートルかある。場所によっては、ちゃんと目的のポイントでアナウンスすることもあるから、どうなっているのだろう?意外にも、23区内でこのようなことが多い。もしかすると、最新のナビだったらこんなことはないのかもしれないが・・・。

 ナビは確かに便利だ。しかし、道を憶えなくなった。行き先をセットしてしまえば、あとはナビの示す幾つかのルートを選ぶだけで、途中の経路を考えることがない。もうお任せなのだ。少し前までは、地図を拡げてあれこれとルートを探し、最適と思われるルートを辿ってドライブした。右折や左折する所では、通り過ぎないように前もって信号名を確認しておいた。目印になりそうなポイントも頭に入れて走行したから、自然に道を憶えた。

 だが、段々目が悪くなると、地図を読むことが辛くなる。特に夜間は最悪だ。それがナビだったら、悩むことはない。いまどこを走っているかが一目瞭然なのは助かる。地図ではそうはいかないからだ。一々停めては場所を確認したものだ。

 すっかりナビに依存するようになると、地図が不要になる。今のナビになったときに全て処分してしまった。

 つい先日、いつものように車を走らせているとナビが変な案内をした。東京のど真ん中を走っていたのだが、「まもなく**県に入ります」と云う。「えっ?ここは**区だぞ!」と画面を確認すると、とんでもない所を走っている。それもどこかの湖の近くだ。車を停めて調べてみた。群馬県内の地図になっている。「なんでこんな場所なんだ?」と理解不能。

 とりあえず、現在位置の修正を試みた。**区に戻し、再び走り始めた。画面を気にしながら走ると、車の進行方向とはまるで異なる方に矢印が向かっている。普通はGPSによって常に正しい位置に修正される。だが、それがうまく機能していないようで、あらぬ方向に進んでいく。それも道から外れた所を進む(笑)。「こりゃ駄目だ!」とあきらめ、翌日販売店に持ち込んだ。ちょっと点検した後、「一週間ほど預かっての修理が必要です」と云われてしまった。そのまま預けていこうと思ったが、ナビの取り外しに1時間近くもかかると言われ、別の日にした。

 次の日はどうしても車を使う用事があり、しかも初めて行く所。しかしナビが使えない。地図は処分してしまい、手元にはない。仕方ないから、地図を買おうかと考えた。本屋でパラパラと見たが、その細かい文字にうんざり。

 こうなったら「ダメモト」で、もう一度ナビの設定を見直してみようと、本屋の駐車場でマニュアルを片手に挑戦。全て初期設定に戻し、一からセッティングした。最後に現在位置を正確に修正し、「自宅に帰る」のルート設定をし、恐る恐る走り始めた。1KM,2KMと走るが、問題なく正確に道路案内を示す。自宅前ピンポイントで案内が終わり、バッチリだった。GPSもちゃんと働いていた。お陰で翌日はナビを使って目的地まで行くことができた。

 ということは、販売店の対応はなんだったのだろう?危うく、一週間も預ける所だった。それも今世界中で注目されている「T」だ。一販売店の対応とはいえ、なんだか「プロ意識が欠けているかなあ」と思ってしまった。
posted by Boo! at 21:04| 東京 ☁| Comment(8) | 音楽以外の関心ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナビとは関係ないのですが、いただいたカラオケはかさね録音されているのですよね。現在、使用しているレコーダーは、上書きされてしまいますのでこの機能がありません。どんな機種をお使いになられてるのでしょうか、興味あり。
Posted by 「あたごおかりな」 at 2010年03月09日 16:48
4月に母と車で旅行に行きます。

20代、車での一人旅を楽しんでいた頃は大きなマップルを抱えて旅行をしました。
夕方の山中で20kmもミスコースして、親切なバスの運転手さんが「今から駅まで行くので街に入るまで後ろについてきてください」と先導してくれたことがあります。
あれはあれで良い想い出でしたし、それが本当の旅だと信じてました。

今は母と旅行するので、そういう無駄や冒険を楽しむこともなくなりました。
そうやって人は歳をとってゆくんだなぁと..。
Posted by イィヴィ平野 at 2010年03月09日 16:55
「あたごおかりな」さん

>かさね録音されているのですよね

 そうです。8トラックのマルチ・トラック・レコーダーを使用しております。お手持のレコーダーが普通の2Trでは、多重録音はできないでしょう。

 例えば、1トラックにギターをまず録音し、次にそのギターを再生しながら2Trにウクレレ、3Trにベースといった順序で重ねていきます。ギターやウクレレを左や右、或いはセンターに、後から自由に置く事が出来ます。

 このMTRを手に入れることもいいのですが、それはゆっくり検討していただくとして、とりあえず、つぎのようなやり方を試されてはいかがでしょうか?

 確か、音楽ソフト「Finale」を使われてましたね?私は持っておりませんので、詳しい使い方は知りませんが、多分できるはずです。

 私のカラオケ音源をこのFinaleに読み込みます、といっても、Mp3のままでは駄目でしょうから、一旦、WAVファイルに変換しておきます。

 読み込んだら、別のトラックにウクレレなどを生録音すればよいと思います。Finaleは生録音も出来ますよね?

Posted by Boo! at 2010年03月09日 21:00
イィヴィさん

>4月に母と車で旅行

 オフ会までには帰ってきてね(笑)。

 旅は無駄が多いほど楽しくなります。すき間もないようなスケジュールであちこちを回るパック旅行は性分に合いません。

>そうやって人は歳をとってゆくんだなぁ

 そうなのです。ですから時間は無駄にできません。しかし私の場合、これまでずっと無駄に生きてきたような・・・(笑)。

Posted by Boo! at 2010年03月09日 21:12
BOOさん  詳細にご説明いただきありがとうございました。そこまでFinale駆使してないものですから取説を勉強してみます。midiとマイク採譜機能は有りますが、ウクレレの生音を録音できるかは調べてみます。
Posted by 「あたごおかりな」 at 2010年03月10日 07:12
8トラックと聞いて、ガシャッと突っ込むあれを真っ先に想像してしまったイィヴィは負け組です。(笑)
Posted by イィヴィ平野 at 2010年03月10日 20:48
「あたごおかりな」さん

 Finaleは高価なソフトですから、そのくらいのことは出来て当然と思います。
Posted by Boo! at 2010年03月10日 21:36
イィヴィさん

>ガシャッと突っ込むあれ

 カートリッジの奴ね?懐かしいなあ(笑)。
Posted by Boo! at 2010年03月10日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。