2011年06月25日

「SLOW FREIGHT」 RAY BRYANT

R.Bryant_1.jpg

 久しぶりのジャズ・アルバム紹介です。

 まずお断りしておきますが、私が紹介するアルバムは「良い作品」「推薦したい」「大好き」というものだけを取り上げているわけではありません。嫌いなアルバムも紹介していますし、中にはゲテモノに近いものもあります。自分の財布をはたいて買ったのですから、全てが良ければ一番良いのですが、中々そう上手くはいきません。期待を裏切ってくれたアルバムは数多くあるほどです。

 私には気に入らなくても、他の方には受け入れられることもあると思い、敢えて紹介したものもあります。どんなに良い演奏でも、100人が100人気に入るとは限りません。その逆もあるでしょうし・・・。それでいいのだと思ってます。ですから、押し付ける気持ちは毛頭ありません。

 正直、私の好みは偏っているので、ジャズ・アルバムをまんべんなく紹介することは無理です。「それではいけない」と、評論家たちの意見を参考にして買ったものの、納得できないことが多々ありました。以来、彼らの薦めるものはできるだけ買わないようにしているほどです。

 私の記事を読んで、「このアルバムは気に入ってるようだなあ」というのは、おそらく文面から判断できると思います。そのアルバムに関しては、私なりに自信をもって「一度は聴いて欲しい」という気持ちが入っています。


 などと余計なことを書いてますが、今回はR.ブライアントの作品です。


 特別好きなプレーヤーではないけど、決して嫌いではない。大変うまいピアニストだ。

 日本にもよく来て公演していたので、まだ現役バリバリだと思っていた。所がつい先日、「亡くなった(6/2)」という新聞記事を見つけて驚いた。79才だった。「ジャズ・ピアノの巨人」とは言えないが、やはり惜しい人を亡くした。

 この人は、A.テイタムやO.ピーターソン、G.ハリスの系列に入ると思うけど、卓越したテクニックを駆使して弾きまくるプレイには迫力があった。1960年代前後に中々良い作品を残している。中でも「RAY BRYANT TRIO」「CON ALMA」は好きなアルバムだ。

 しかし彼を一躍世界的に有名にしたのは、1972年の「モントルー・ジャズ・フェスティバル」だろう。この時はO.ピーターソンが予定されていたらしいが、なにがあったのか、ブライアントが急遽代役を務めた。これが大成功で、以降はトリオやソロ活動での大活躍につながっていく。ピーターソンの代役では相当に荷が重かったはずだが、むしろそれを大きなチャンスとし、見事にものにしたのだから只者ではない。

 彼の代表作と云えば、やはり、最初に記した「RAY BRYANT TRIO]、それに「モントルー・ジャズ・・・」での演奏かな・・・?

 今回紹介するアルバムはかれの代表作とはいえない。選曲に迷いみたいなものが感じられるからだ。変にポップス系に近づこうとしている演奏があるかと思えば、ファンキー的な演奏もある。元々、ブルースはめちゃくちゃにうまいから、その路線に徹して欲しかった・・・とは私個人の感想。


R.Bryant_2.jpg
(汚れて見にくいので、次にもう一枚を)

R.Bryant_3.jpg


 CD盤。1966年録音。Ray Bryant(P),Richard Davis(B),Freddie Waits(Ds) 他に、Art Farmer(Tp),Snookie Young(Flg)がゲスト参加。

posted by Boo! at 22:42| 東京 ☀| Comment(4) | JAZZはいかが? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はCDをコレクターしないほうで全部i Tunesにいれたらどこかへ行ってしまいます。

Ray Bryantのたぶんオムニバス盤だと思いますが「Through the years Vol2」のBlue Bossaが好きです。

比較的軽めの彼が好きですね。

しかし、Jazzの話題となるとBooさんと私以外はあまり書き込みがないですね。

きぃばつさんもJazzが好きなのですが・・・
Posted by たぬき at 2011年06月26日 01:00
たぬきさん


>全部i Tunesに

 その方が確かに便利ですね。しかし、もしデータ消失の事態になったら、泣くに泣けません。しっかり、バックアップを取っておくことが前提でしょうね。

>Through the years Vol2

 Vol.1のほうですね。


>軽めの彼が好きですね

 癖のあるプレイをするので、好みが分かれるでしょう。嫌いではないものの、何枚も聴き続けるにはシンドイ面もあります。
 
Posted by Boo! at 2011年06月26日 11:48
パソコンや仕事をやりながらバックグラウンドとして聞くには、ピーターソンのように肩がこらなくてよいですね。特にスローは気持ちが落ち着き、ゆったりします。
この盤のサテンドール他の演奏者と比較しながら聴いてみたいですね。
Posted by きぃばつ at 2011年06月28日 21:53
きぃばつさん


>サテンドール

 沢山のプレーヤーが演奏する名曲ですね。コード進行も難しくないのに、洒落てます。だから好まれるのでしょう。

 ピーターソン以外にも素晴らし演奏がいっぱいありますよ。
Posted by Boo! at 2011年06月28日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。