2012年11月19日

祈快癒!

 あたごウクレレさんが体調を崩され、入院したらしい。突然のことで驚いた。

 今月4日にオフ会でお会いしたばかりで、その時はとてもお元気そうだった。演奏はもとより、食事やお酒を口にしながら、メンバーとの会話を楽しんでおられた。

 勿論、オフ会メンバーは全員承知していたことだけど、あたごさんは以前に大きな手術をされた。幸いにも手術は成功したが、大切な声を失うという代価を払った。

 スチールギターやウクレレのみならず、特にオカリナには力を注いでいた。だからあたごさんのハンドルネームは長い間、「あたごおかりな」と称していたほどだ。しかし、吹くことが難しくなり、「オカリナ」を断念することになった。「これからはウクレレとスチールギターに専念します」と連絡が入り、「名前もあたごおかりなから、あたごウクレレに改称します」とあった。

 いろいろな楽器をものにし、中でもオカリナには特別な愛情を持っておられたようだから、さぞや無念だったことと思う。

 手術後のあたごさんの前向きな生き方は素晴らしく、以前にも増して音楽を愛し、更にはゴルフも楽しむという、実に充実した毎日を送っていたようだった。

 私がこの方に感心するのは、自分のことだけを考えるのではなく、他人への思いやりが深いことだ。それも、さり気なくされる。

 例えば、オフ会のために日程や会場探しに奔走する。手術したあとでも、直後一回は不参加だったものの、その後は従来通り、先頭に立って事(こと)を決めてくれた。あたごさん抜きではスムーズな会の運営など、できなかったといえる。

 声を失ったことで、補助具を使ってのリハビリに励んだ。その結果、会話のやりとりが可能になった。更には、唄にも挑戦したいと、別の道具(タピア)使って訓練した。その成果は如実に現れ、先月のEI会(あたごさんのグループ)では、「竹の橋」を見事に唄い切った。

 そういったご自分のリハビリ経験を、同じ症状に苦しんでいる方々にも伝えたい気持ちから、時には病院などで指導までするようになったというから驚きだ。これも他人への優しさから湧いてくるのでしょう。弱気にならず、強い意志を持って前に進む姿が本当に素晴らしいし、尊敬してしまう。

 あたごさんの活発な行動ばかりを見てきたので、私などはつい、それが当たり前のごとく思ってしまった。

 「甘えすぎたなあ」と反省させられる。

 必ず快復され、再びお元気に退院されることを祈りますし、応援します。

 なお、復帰しましたら、今まで通り、オフ会の運営お任せしますので・・・全然反省してない?
posted by Boo! at 21:10| 東京 ☀| Comment(13) | 健康・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当、一日でも早い回復をお祈りします。
Posted by たぬき at 2012年11月19日 22:37
本当に一日でも早い回復をお祈りします。
Posted by たぬき at 2012年11月19日 22:38
先日の会で電気髭剃りのような器具でなく、タピアという器具を使って声を出している姿にパワーを感じました。早く回復されますようお祈りしています。
Posted by paul okubo at 2012年11月20日 11:06
たぬきさん&paulさん

 今やすっかり親しいお仲間の一人ですから、早く元気になってほしいものです。奥様もきっとご心配のことと思います。
Posted by Boo! at 2012年11月20日 20:42
BOOさん云うように、あたごウクレレさんの前向きの心構えと実行力を見習うようにしていこうと思ってます。
徐々に快方に向かわれているとのことです。皆さんと一緒に一日も早いご回復をお祈りします。
Posted by きぃばつ at 2012年11月23日 11:05
きぃばつさん:
情報ありがとうございます。ほっといたしました。
Posted by 阿羅漢 at 2012年11月23日 18:29
きぃばつさん

>徐々に快方に向かわれているとのことです

 そうですか。それは良かったです。きぃばつさんのところには経過報告があるようですから、また教えてください。
Posted by Boo! at 2012年11月23日 22:38
阿羅漢さん

 これから寒さが一段と厳しくなります。秋田ではなお更でしょう。体調管理に努めましょう。

 今日、遂に暖房器具を出しました。私はまだ平気なのですが、妻が「寒いから出して」とうるさいので、仕方なく出したものです。ガス・ファンヒーターを出し、電気ストーブもだし、掘りごたつのセットまでしました。コタツに入りながらご飯を食べ、お茶を飲み、テレビを観ていたら眠くなってしまい、もう、スチールギターの練習どころではありません。「コタツはスチールギターの大敵である」ことを再認識しましたね(笑)。
Posted by Boo! at 2012年11月23日 22:45
こちらでは、一ヶ月ほど前からストーブです。
出したのではなく、据付ですから真夏でもストーブはつけられます(そんな馬鹿なことはしませんが)。
2ヶ月ほど前は暑くて、ヒ〜ヒ〜行っていたのに今は手を丸めては〜は〜してます。
初雪、初氷、近くの山はもう雪化粧です。
昨日も録画してあったハワイ題材の番組を見ながらため息です。
Posted by 阿羅漢 at 2012年11月24日 06:36
阿羅漢さん

>そんな馬鹿なことはしませんが

 いや、世の中にはすごい寒がりがいるものです。何年か前、あるお宅にお邪魔した時のことです。季節は真夏も真夏、クソ暑い盛りのころでした。部屋に通され、椅子に座りました。するとなんだか足元が暖かいのです。気温が高いといっても、不自然な暖かさ。絨毯が敷いてありましたが、よく見ると「ホット・カーペット」でした。しかも、電源が入っており、ランプが点いてました。「きっと消し忘れたのだなあ」と思い、良かれと思って消しました。主が戻ってきたので、「カーペットの電源が入っていたので、消しておきました」というと、「いや、私は寒がりで、夏でも消したことが無いのです」といわれて唖然としたものです。そうかと思えば、9月にはストーブとコタツを出し、コタツに入りながら、背中のすぐ後ろにストーブを置いて、温風をがんがんに当てていた方もいましたっけ。お陰で、私は汗みどろでした(笑)。どちらも東京の方でした。
Posted by Boo! at 2012年11月24日 21:23
皆さんのお蔭で本日無事退院できました。オペはしなくてすみました。詳細はブログにて、励ましのお言葉の数々に感謝です。
速報 2013.5.11 2013春季E・I会 皆さまのご参加を楽しみにします。
Posted by あたごウクレレ at 2012年11月27日 20:43
あたごウクレレさん

 ご退院おめでとうございます。心配しました。 大変寒くなりましたから、しばらくは体調管理に注意を払ってください。

>速報

 早速EI会のお知らせですか?本当に入院していたのですか(笑)?
Posted by Boo! at 2012年11月27日 21:21
退院おめでとうございます。

よかった!よかった!
Posted by たぬき at 2012年11月27日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。