2013年05月23日

EI会参加 6(完?)

 いい加減に終わらせないといけない・・・と思いつつ、まだ書きます(笑)。

 宴会は8時ごろに終わったが、まだまだ早い時間だ。公共施設ということもあり、時間が厳しいらしい。そこでEI会メンバーの部屋に移って、二次会となった。EI会、オフ会メンバー、皆よく飲むわ!酒豪揃いだ。私は到底ついていけない。酒は嫌いではないけど、量はたかがしれている。

 やがてすっかり酔っぱらったたぬきさんが急に立ち上がり、歌いだした。誰も、「歌って」とリクエストしないのに・・・。出し物は「青い山脈」だ。

 「チャンチャンチャン、チャンチャンチャン、チャラララチャンチャンチャン・・・」と自分で手拍子取りながら声を張り上げた。お蔭で、悪酔いしそうだった。他の方たちも、耳をふさいでいた。これは、一種の騒音公害だ。

 散々騒いでお開きとなり、部屋に引き上げた。

 このまますぐに寝るのかと思いきや、同室となったMATTさん、yonakaさん、JGさんとで夜中の2時過ぎまでおしゃべりした。yonakaさんは若いだけあって、ビールが切れるとすぐに自動販売機から数本づつ買ってくる。きっと普段から酒を飲みながら営業しているのだろう。

 MATTさんもご老体ながら、タフな方だ。来年「卒寿」を迎えるとはとても思えない。ん?まだだ?

 決して自分の口から「そろそろ寝ましょうか?」と言わない。おかげで、音楽や機材についてのうんちくには勉強させられた。もっとも、眠くて眠くてほとんど聞いてなかったけど(笑)。

 風呂にも入らず、その内なんとなく布団にもぐりこんだ。MATTさんと同じ布団にならず、幸いだった。危うく、「同床異夢」ならぬ「同床悪夢」になるところだった。

 朝、目が覚めると、MATTさんの姿がない。年が年だから、ホテル内を徘徊していないか、心配した。やがて戻ってきたMATTさん、「ホテル周辺を歩いてきました」、「そうか、中ではなく、外を徘徊したか」と納得した。

 それにしても、あんなに遅くまで起きていたのに、やはり老人は早く目が覚めるのだなあ、と同情したものだ。

 前日とは打って変わった快晴で、抜けるような青空が広がっていた。午前中は自由時間ということで、まずは朝食をとりに食堂に行き、その後は大浴場で前日のアルコールと汗を流した。

 この日のステージも2部構成になっていたが、前日とはいささか内容が変わり、EI会のグループを中心としたプログラムだった。所々にRYMの演奏・踊りが入る。

 PAは、前日の不手際を反省したか、だいぶ改善されていた。

 2部のステージも終わりに近づき、いよいよ最後の曲になった。これはRYMのフラソングで〆た。コーラス毎のVampをオフ会のメンバーがかわるがわる、スチールギターで弾くという趣向だった。

 こうして、長いような短いような、楽しい時間が終わり、ほっとした。以上、「EI会顛末記」でした。

 何度も書きますが、このような素晴らしい会を運営しているEI会、とりわけ、あたごウクレレさんやファームさん、幹事の渡辺さんには心からお礼を申し上げます。

 いつまでも続くようお祈りします。

 皆さんも、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。お疲れ様でした(笑)。私も疲れた!
posted by Boo! at 22:12| 東京 ☀| Comment(33) | ハワイアン音楽・楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しい会の雰囲気が伝わってきました。一つの話題でNo.6まで続いたことがそれを如実に物語っています。

オフ会ではなかなか会えないMATTさん、JGさん、阿羅漢さん始め、皆さんにお会いできなかったことは大変残念でしたが、酒宴に巻き込まれなかったことだけは幸いだったかもしれません。
また、阿羅漢さんのスチール練習に貢献できたことは、欠席の意義があったと思います。
また、皆さんと一緒に弾ける機会(たぬき御殿での指ヅツミ、ハラヅツミ??)を楽しみにしています。
Posted by きぃX at 2013年05月23日 22:59
きぃばつさん

>No.6まで続いた

 まだ書きたい部分もあるのですが、そうなると、あと20回は続きます(笑)。場合によっては、次回のEI会を迎えても書いているかも。


 船旅は終わったのですね。いかがでしたか?
Posted by Boo! at 2013年05月23日 23:31
>>阿羅漢さんのスチール練習に貢献できたことは、欠席の意義があったと思います。
この部分はそのとおりですが、練習中の2ヶ月間は緊張のあまり食事が喉を通りませんでした(嘘付け!)し、酒を飲んでも旨くありませんでした(まだ嘘を言ってます)。
しかし、いい勉強になりました。
Posted by 阿羅漢 at 2013年05月24日 08:10
10日間、命の洗濯といったところです。足腰の静養には良かったと思いますが、逆に筋力低下を心配し、毎朝ラジオ体操をしていました。よい習慣なので、これから続けたいと思っています。一方、人との付き合いが苦手なので、350人の乗船客に会う度に、何となく緊張し気疲れしてしまいました。休みすぎですので、スチールの腕は間違いなく低下です。
Posted by きぃX at 2013年05月24日 08:20
BOOさん 6で(完)ですか。もっと書いてほしいですね。それにしてもプレーされない4名様2時まで盛り上がったとは驚きました。YONAKAさん自販機まで行かなくてもたぬきさんの冷蔵庫にビール余ってたんですよ。
あれだけ飲まれてアイランド ゴルフパーク 東那須で6時からプレートは皆さん若いですね。
予告です。秋のE・I会は、9月14日15日を予定してます。宜しければ是非ご参加を。
皆さんご参加ありがとう。
Posted by あたごウクレレ at 2013年05月24日 08:26
ゴルフ組は早く寝ましたよ。

あたごさん、残念ながら9月は先約(講習会)があり、どうしても抜けられません(主催者だから・・・)。

11月の御殿(自分で言っている・・・)でお会いしましょう。
Posted by たぬき at 2013年05月24日 09:37
お疲れ様です。

前回はこれにくわえてBoo!さんご自身の「徘徊報告」がありましたが、今回は省略でしょうか。

8畳敷ならぬ20畳敷のたぬき御殿でのオフ会をお楽しみくださいね。>皆様
Posted by MATT at 2013年05月24日 15:09
阿羅漢さん


>いい勉強になりました

 少なくとも、「随分、神経の図太い方だ」
ということはよくわかり、人間観察という意味で、勉強になりました。
Posted by Boo! at 2013年05月24日 21:14
きぃばつさん


>350人の乗船客に会う度に

 10日間で全員と親しくなるには時間が足りませんね。

 私の船旅は約2か月間でしたから、ほぼ全員と親しいお仲間になりました。お互いの船室を行き来したほどでした。

 しかし、いかに一日の時間を有効につかうかに、頭をひねりました。なにもしないで、「ボー」とするのもいいのですが、そう何日も続きません。不用ゴミにちかいボロ・スチールギターを持参したのは正解でした。
Posted by Boo! at 2013年05月24日 21:24
あたごウクレレさん

>もっと書いてほしいですね

 そうですか?
 「旬」みたいな話題ですから、いつまでも書くと、白けるでしょう。この辺が限度と思った次第です。
 
>たぬきさんの冷蔵庫にビール

 それは甘いです。酒には目がないたぬきさんです。残しておくはずがありません。
Posted by Boo! at 2013年05月24日 21:30
MATTさん

>徘徊報告

 yonakaさん、蘭子さんと3人で散歩しました。蘭子さんと二人だけで歩きたかったのに、yonakaさんが邪魔でねえ。「あっちへ行きなさい。しっ、しっ」と追い払おうとしたのですが、「金魚の糞」みたいについてきて、離れないのです。あの粘り腰は、きっと営業の仕事にはプラスなのでしょう(笑)。
Posted by Boo! at 2013年05月24日 21:34
たぬきさん

>御殿

 ちゃんと工事が始まるのでしょうね? 
Posted by Boo! at 2013年05月24日 21:40
大工さん、梅雨までに仕上げないといけない仕事があるそうなので、それが終わってからとりかかるそうです。

まあ、夏までには終わるでしょう。
Posted by たぬき at 2013年05月24日 23:45
Boo!さん、こんにちは。

おぉ!これは奇遇ですね〜!
私もあの時、全く同じことを考えてました。
(失礼〜っ!)

MATTさんがタフだと言うのにも全く同感です。
一時帰国される度にアレコレ付き合わされて大変な目にあってます。
(これまた失礼!)
Posted by yonaka at 2013年05月25日 10:59
>>少なくとも、「随分、神経の図太い方だ」
ま、まさか 俺のことではないですよね?。
Posted by 阿羅漢 at 2013年05月25日 17:00
yonakaさん

 おっ、「金魚の糞」からだ(笑)。

>全く同じことを考えてました


 なんといやらしいんでしょう!

 蘭子さん、こういう方だったんですよ。知ってましたか?


>付き合わされて大変な目にあってます

 それに関しては、ご同情申し上げます。

 高齢者は、甘い態度をとると、益々増長します。ですから時には、「突き放す」ことも必要です。更には、「突き放す」だけでなく、「突き飛ばす」あるいは、「蹴飛ばす」といった荒療治もお勧めします。
Posted by Boo! at 2013年05月25日 21:33
阿羅漢さん

>俺のことではないですよね

 他に誰がいる?

 あっ、たぬきさんがいたか!では、二人同時受賞ということで(笑)。
Posted by Boo! at 2013年05月25日 21:36
> 全く同じことを

それは「金魚」ではなく、お互いが「目」と「耳」同志だからでしょうね。
Posted by MATT at 2013年05月25日 22:03
バッキー白方モデルのスチールギターを購入しましたが、山梨で先生が見つからず、困っています。バッキー白方スチールギター教本はお持ちでしょうか?独学しようと探しましたが、ネットでも購入できず国会図書館にもなくて・・・・
おもちでしたら、見せて戴けないでしょうか。
Posted by 坂倉千鶴 at 2013年05月26日 18:38
坂倉さん

 初めまして。


>バッキー白方

 バッキー白方ではなくて、白片が正しいのです。

 これからスチールギターを始めるということでしょうか?それとも、他のスタイルで弾いたことがあるのでしょうか?


 バッキーさんの教則本は、ウクレレなら出版されたことがありますが、スチールギターはどうでしょうか。私は見たことがありません。

 もっとも、教則本があったとしても、あまり役に立つとも思えません。

 バッキースタイルに惹かれるかたは、あの独特のフレーズにあります。そのフレーズの弾き方が書いてあるとは思えないからです。

 多少他の楽器の経験があるのなら、ご自分で音を拾って、コピーしてみる、という練習のほうが手っ取り早いと考えます。

 ただ、バッキーさんのチュニーングを知る必要があります。一般的なスチールギター・チューニングはC6(高い音から、ECAGEC)ですが、バッキーさんはAm(ECAECA)です。C6でも弾けないことはありませんが、あの特有の響きが出ません。

 チューニングさえわかれば、なんとか道が開けると思います、。頑張ってください。
Posted by Boo! at 2013年05月26日 19:59
坂倉さん
有りますよ。「バッキー白片 スチールギター教本」ですね。昭和30年代に出されたものです。宜しければコピーいたしましょうか。小生もカノウプスのバッキーモデル持ってますよ。バッキー白片さん健さんとカノウプスの神谷さんに勧められて買いました。
Posted by あたごウクレレ at 2013年05月26日 21:09
あたごウクレレさん

 持っておられるとは、さすがですね。それは入門者用、それともある程度弾ける中級者用、どちらなのでしょう?


 眼の手術は無事終了しましたか?
Posted by Boo! at 2013年05月26日 21:45
BOOさん
入門書ですね、バッキー白片さんのオリジナル作品も一部掲載されているので中級者にもOKだと思います。24日日帰りで無事終了しました。翌日、病院に行き眼帯はずしてもらいましたら3重になっていた画像が鮮明に、お陰様でありがとうございました。3日間安静とのことで昨日まで自宅でごろごろしてました。今度は31日に左をオペして終了です。
Posted by あたごウクレレ at 2013年05月27日 06:40
坂倉さん
ネットで探しましたが、何処にも見当たりませんね。以前はあったのですが。
内容の一部を・・・。
http://blog.goo.ne.jp/atago160119
Posted by あたごウクレレ at 2013年05月27日 08:36
たぶん同一内容と思われる教則本(復刻版?)がつい最近まで「在庫あり」という表示でしたが、今みたら「売り切れ」になっていました。
http://item.rakuten.co.jp/musicfarm/10008460/

また出品されるかもしれませんし、ほかの店から出品される事もありそうですので、注目してみてはいかがでしょうか?

「どうしてもバッキー白片のテキストが欲しい」と言う事でなければほかにも教則本はあると思います。
(私の本
http://item.rakuten.co.jp/auc-marinaguitar/book-hawaiian-fan/
も出版社からは完売したそうです。)

バッキーのAマイナーチューニングからスタートしてほかのチューニングに変わっている奏者も結構おられますし。
Posted by MATT at 2013年05月27日 19:24
あたごウクレレさん

>3重になっていた画像が鮮明に

 すごくわかります。世界が変わったかのようでした。

 もう片方も無事に成功されるよう、お祈りします。

 5年以内に20%の方が後発性白内障になるそうです。これは取り切れなかった細胞が再び増えてきて濁り、視力が低下するそうです。私はそろそろ3年になりますが、今のところ問題なさそうです。
Posted by Boo! at 2013年05月27日 21:41
MATTさん

>私の本

 そうだった、すっかり忘れていた(笑)。

 発売後わずか半年で「幻の名著」になったんですから、いまや高額で取引されていることでしょう。
 ただし、なまじ「サイン入り」だと、価値が落ちるそうです。ましてや「顔写真掲載」など、もってのほかです。
Posted by Boo! at 2013年05月27日 21:59
オフ会の皆様にはおつきあいで買って頂き恐縮です。

皆様にそんなに気を遣っていただかなくてもBoo!さんお一人がポンと買い占めて下さるだけで十分だったのですが・・・・・
Posted by MATT at 2013年05月27日 22:27
Boo!さん ここでははじめまして!
那須はお疲れ様でした。
アクシデントはあったものの楽しいイベントでした。

Booさんのブログはコメントやレスポンスが面白くてクスクス&アハハ〜と笑いながら読ませていただきました。
Booさんのお人柄が伝わってきました(謎)

お褒めの言葉も随所に散りばめていただき感謝感激でございます(笑)

今回オフ会のメンバーの方達とは基礎知識がないままの演奏と宴会でしたが、ここを読んでからお会いしたら良かったな〜と思いました。
Posted by 蘭子 at 2013年05月27日 23:32
MATTさん

>おつきあいで

 そんなことはありません。

 ただ強制的に買わされただけです。

>ポンと買い占めて下さるだけで

 私は奥ゆかしい人間です。たとえ買い占めても、公言しないのです。でも、すぐに売り切れたことが、なによりも「買占め事実」を証明しています。

 手元にたくさんあってもしょうがないので、恵まれない方々に無償配布しました。

 近い将来、「マッチョなスチール奏者」が増えるかもしれません。(注:マッチョとは、MATT調のこと)
Posted by Boo! at 2013年05月28日 21:37
蘭子さん

 おお、ついに訪問してくれましたか・・・(涙)。

 私のブログは、女性からのコメントがほとんどありません。限りなく「ゼロ」に近いのです。
 これにはいくつかの原因があり、最大の原因はコメント投稿者にあります。顔ぶれ(?)を見ればよく分かるでしょう?
 MATTさん、たぬきさん、阿羅漢さん、JGさん、それにpaulさん・・・以上5名が女性の敵、「要注意人物」として、マークされているのです。

 ですから、本当はコメントしたくてウズウズしている世の美女たちがためらっているのです。まったく迷惑千万なことです。

 にもかかわらずコメントしてくれた蘭子さんは勇気があります。問題は、以降もコメントしてくれるかですけど・・・。


>お褒めの言葉

 いやいや、言葉だけでしたら「タダ」です。お安いものです(おいおい)。

>ここを読んでから

 yonakaさんはほとんど読破したそうです。ヒマな方ですね? よくそんなんで営業の成績をあげられるものです。「サルでもできる営業」なのかしら?


>アハハ〜と笑いながら

 すみませんが、美女なんですから、あまり大口を開けて笑わないようにお願いします。
Posted by Boo! at 2013年05月28日 21:54
Booさん
6完まで楽しく読ませて頂きました。それにしても微に入り細にわたり、よくもまあ覚えておられなんと頭脳明晰な方だとあらためて感嘆しました。(褒めすぎかな)

秋のE・I会も決まりました。是非とも都合をつけて頂き参加お願いします。

Posted by ファーム at 2013年06月01日 06:10
ファームさん

 その節は本当にありがとうございました。おかげさまで、私のために多くの方々が駆けつけてくれました。私が出演するなんて、どうやって知ったのでしょう?NHKあたりが、宣伝しましたかね?(笑)


>頭脳明晰な方だと

 よく言われます。自分ではそうは思ってませんが(奥ゆかしいから)、やはり自然に滲み出てしまい、困ってしまいます(何を調子に乗って?)。

 「三拍子揃った人間」はいないものですが、稀に私のような例はあるようです。「頭脳明晰」に加え、「美男」「大資産家」と・・・。これだけ条件がそろっているのに、何故、美女からのコメントがないのか、「ブログ不思議な世界」の代表と言われてます。先日やっと「蘭子さん」から届きましたけど、まだまだ少ないのが不満です。

>参加お願いします

 ありがとうございます。「万難を排して」と言いたいところですが、全国からおよびがかかるものですから、まだご返事ができません(笑)。再びファームさんにもお会いしたいし・・・。
Posted by Boo! at 2013年06月01日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。