2014年02月06日

これはお手軽?

 スチールギターの練習に必要なものというと、勿論、スチールギター本体でしょう。これがなくては話にならない。

 普通のギターではほとんど代用にならない(できないこともないけど・・・)。まさか、紙にスチールギターの絵図を書き、その上にバーを走らせて練習するわけにもいかない。

 いやそういえば、ピアニスト/アレンジャーの前田憲男さんは、紙に鍵盤の図を書いて、指使いの練習したと聞いたことがある。シミュレーションによる練習だ。ご本人に伺ったわけではないから、真偽定かではないけど、恐らく本当のことだろうし、それだけ死にもの狂いで練習をした時期があったと言いたかったのだろう。

 他に必要なものと言うと、バーとピック、これも必要だ。ピックは指で直接弦を弾く場合はいらないけど、まだ一般的な奏法ではない。それに指では、音にメリハリがつきにくく、表現方法としてはどうなのだろう?

 以上これだけ揃えれば、とりあえず練習はできる。室内で練習するのであれば、生音でも聴き取れる。しかし、音のニュアンスや強弱、微妙な音程を確認するためには、やはりアンプが必要になる。アンプの代わりに、ヘッドフォンでも良い。

 昔と違って、探せば今や色々なグッズが発売されているから、自分の好みに合ったものを使えばよいと思う。

 最近私が購入したもので、結構気に入っているものがある。それは一種のPAで、いわば「All in One」ともいえるものだ。

pa_mp3.jpg
(BEHRINGER/B207MP3)


 3チャンネルのミキサー、マイク入力、楽器入力が可能であり、パワードSP仕様だ。そのため、ちょっとしたライブでも使えるし、モニターSPとしても使える。エレキやスチールギターを接続すれば、普通のギターアンプとしても使える。下手な小型ギターアンプよりも使い勝手がいい。

 もっとも、似たような製品は他メーカーでも出しているから、別に珍しくはないかもしれない。しかし一番の売りは、Mp3プレーヤーを装備していることだ。カラオケなどの音源が入ったUSBメモリーを差し込んでやれば、それを伴奏に楽器の練習ができる。もちろん、ライブやホームパーティーなどで、一人演奏会ができる。

 私の場合は、ライブなどの機会はないから(悲)、「これは練習に便利だ」と考えて購入した。

 今までは、普通のミキサーにiPodなどの外部音源や、録音してある多チャンネルのHDDレコーダから音をだし、それを聴きながらヘッドフォンやギターアンプでスチールギターの練習した。だがこれがあれば、そんな面倒な接続はいらない。普段の練習にはこれで充分すぎる。

 ただし、エフェクター機能はないので、必要であれば別途エフェクターを用意する必要がある。これだけが残念だ。

 この機種とほとんど同じ製品がある。前身モデルともいえるもので、姿、形ともそっくりだ。しかし、こちらはMp3プレーヤーは再生できない。そのかわり、価格はほぼ半分に近いから、こだわらなければ選択する余地はある。

pabe.jpg
(BEHRINGER/B205D)

 いずれもう1台追加して、ステレオ式にしようと考えている。やはりカラオケ伴奏はステレオ再生したいからだ。2台目は前身モデルB205Dで充分でしょう。



お知らせ:通常、画像の上でクリックすると大きく表示されますが、現在、それが使えない状態になってます。ブログ運営会社に問い合わせ中ですが、原因がわかりません。そのうち、元に戻ると思います。

お知らせ2:現在は正常に戻ったようです(2/7追記)。
posted by Boo! at 21:18| 東京 ☀| Comment(4) | ハワイアン音楽・楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BOOさん 面白そうなの買いましたね。どうもこんなの見ると購買心がわいてきて。
さーて、研究してみるか。
Posted by あたごウクレレ at 2014年02月07日 20:21
あたごウクレレさん

 
>購買心がわいてきて

 気持ちが若い証拠です(笑)。


 以前はチューブ・アンプが欲しかったのですが、どうしても重いし、大きいので、あきらめました。

 紹介した製品は低音も良く出て、スチールギターには向いているようです。

 また、ファントム電源もついてますから、コンデンサー・マイクが使えます。


 普段はUSBメモリーを差し込んだままにしてありますので、電源を入れれば、即、カラオケ伴奏と一緒に練習ができます。

 大体28000円くらいで購入できます。もう一つの方は15000前後でしょうか。

 あたごウクレレさんは確か、シーケンサーをお使いでしたね?それでしたら、その音源をMp3に変換してUSBメモリーに保存すれば、使いやすくなると思いますよ。
Posted by Boo! at 2014年02月07日 21:27
アンプ使用とカラオケ伴奏使用が出来るのが練習にはいいですね。
持ち運びが簡単なようですが、重さはどのくらいでしょうか?
Posted by きぃX at 2014年02月07日 21:44
きぃばつさん

 仕様書には、5.1Kgとあります。サイズは356*254*218(mm)です。

 もう一つのほうは、3.2Kg。290*185*220となっています。

 価格が倍近く違いますが、やはりMp3プレーヤー付きは便利ですので、こちらをお勧めします。

 エフェクター機能がついてないのが残念です。やはり、スチールギターにはエコーをかけたいですからね。ですから、私は安いエフェクターをスチールギターと本製品の間にかませてます。


 もう一つ残念なのは、専用ケースがないこと。しかも、本体に取っ手もないので、持ち運び時には、なにかカバーを考えねばなりません。車だったら、どうにでもなりますけど。
Posted by Boo! at 2014年02月08日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。