2014年05月14日

京都・奈良 2

 初日は京都中心部を大ざっぱに観て周った。神社仏閣だけでなく、市場、古い商店などは、通りかかるたびに覗いた。少々疲れはしても、やはり歩かないと面白い発見はない。細い路地、裏通りにも、無名ではあっても、京都の文化を支え続けてきたと思われる古い工房、町屋が見つかる。これらを一つ一つ覗いていたら、いくら時間があっても足りない。

 それでも、「無名舎」という町屋には一度訪れることを勧める。現在は、「京都生活工芸館」として、江戸時代の生活工芸品を展示している。

 さて、二日目は奈良行きに決めた。

 奈良の見どころといったら、やはり、「東大寺」「唐招提寺」「平城宮跡」のコースか、斑鳩の里にある「法隆寺」「法輪寺」「法起寺」コース、それに古墳や遺跡を巡るコースの3つに大別されると思う。

 車であれば、全コースを一日で周れるかもしれないが、そんな修学旅行みたいなことはしたくない。奈良こそ、ゆっくり歩いて周りたいものだ。そうなると、時間的に1コースしか周れない。どのコースにするか、かなり迷った。どのコースも魅力的であり、一日しか時間が取れないことを悔やんだ。結局、斑鳩のコースに決めた。必ず、再訪の機会を作って、残りのコースをクリアしたい。

 京都から奈良へは、JR線か近鉄線の二つを利用できる。「法隆寺」に最も近い駅、「法隆寺駅」に停まるJR線を使うことにした。JR関西本線の「大和路線」という電車に乗り込んだ。

 ゴールデン・ウィークも終わり、平日であるにもかかわらず、車内は結構混んでいた。1/3くらいが外国人旅行者で、やはり「世界遺産」に登録されたことが影響しているのだろう。

 「大和路線」は単線だ。線路間際にまで迫る民家と民家の間を走る。しばらくの間、ごちゃごちゃとした家並みが続いた。遠くに目をやれば、古(いにしえ)の景色が望めるのかと期待したが、残念ながら、その期待は裏切られた。40分も走っただろうか、「法隆寺駅」に到着した。

 京都のはでな印象が強かったので、奈良もそれに負けない観光地かと想像していた。ところが、全く異なる。駅はどうということもない、普通の駅舎。驚いたのは、人の少なさだ。途中の駅で降りてしまった乗客もいたこともあるけど、あの京都駅での人の波とは正反対だ。「100人も降りただろうか?」というくらいだ。

 改札口のそばに、案内所があった。しかし、誰も立ち止まるものはいない。ヒマそうにしていた案内係の女性に「パンフレットをください」と声をかけた。よほど人恋しかったのか、こちらが質問する前に、道順をペラペラと説明してくれた。「有難う」と言って離れようとすると、いきなり手を差し出した。「ん?有料か?」と、一瞬警戒した。そうではなかった。私が一生懸命、彼女の説明を聞いてあげたので、嬉しさの余り、握手を求めてきたのだ。「有難いのですが、横に妻もおります」と言って、拒否しようとしたが、つい、両手を出して彼女の手を取ってしまった(嘘っぽい?)。

 
 「うーん、持てる男はつらい」と、にやにやしながら駅を出た。
posted by Boo! at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。