2014年09月04日

何とか・・・。

 放置していた庭の雑草がひどい状態になり、先日の日曜日、重い腰を上げて草取りに精を出した。

 午後から始めたこともあって、全部を取り切ることはできなかった。疲れもしたし、「今日はこのくらいにしておこう」と、切り上げた。立ち上がろうとしたとき、腰に軽い痛みが走った。「あっ、やばい!」と思った。

 2,3年前にも、やはり草取りをした後、ぎっくり腰になったからだ。その時の嫌な記憶が甦り、「再発するとまずいな」と心配した。

 一応、注意は払っていた。草取りする時は必ず、パイプ製の折りたたみ椅子を用意し、それに腰かけながら作業するように心がけている。しかし、低い姿勢から何度も座ったり立ち上がったりを繰り返すので、どうしても腰に負担をかけてしまうようだ。

 悪化させたくないので、その日は早めにベッドにもぐりこんだ。

 翌朝、起床しようとベッドから上体を起こそうとした。途端に腰に激痛が走り、起き上がるどころではない。色々と体の向きを変えたり腕の位置を変えたりして、なんとかベッドから床に足を下ろした。しかし歩こうとすると激痛が起き、なにかに掴まらないと歩けない状態(悲)。壁や家具、手すりに掴まりながらなんとか階下に降りた。

 「これは仕事どころではない」と判断し、「今日は休む」旨の連絡をした。

 歩けないのは実に不自由だが、椅子に座っても立ち上がろうとすると激痛が走るから始末が悪い。「もう、じっとしていよう」と、ベッドに戻った。夕方になってベッドから起きると、なんだか体が軽い。そっと歩いてみると、ほぼ不自由なく歩ける。「思ったよりも早く恢復しそうだ」とほっとした。翌日はもう仕事に出るつもりでいた。

 所が翌朝、前日同様の痛さが戻り、またまたベッドから起き出すことが大変。再び仕事を休んだ。

 ただ一つ幸いだったことは、睡眠がちゃんと取れることだ。横になっている限り、痛みを感じることはなく、つい、ぎっくり腰を忘れるほどだ。前回の時は違った。寝返りを打つたびに激痛が走り、安眠できなかった。同じぎっくり腰でも、部位によって症状が違うようだ。

 とにかく早く楽になりたいので、たぬきさんに電話した。知っている方は知っているけど、この方、その道の達人なのだ。盗用医学(本人は東洋医学と言ってる)を駆使し、訪れる患者の治療に当たる。特に世間を騒がせたのは、あらゆる患者を半身不随にしたことだ。そのため、別名「たぬき塚」とも呼ばれている。ま、ここを訪れたら、無事に帰ることはできない。

 まだ半身不随にはなりたくないので、たぬきさん宅を訪れることはやめ、電話だけの相談にしたものだ。

 たぬきさんのアドバイスによると、とにかく腰を固定することだという。コルセットが一番いいけど、なければさらしを巻いたり、サポーターを当てるのが良いそうだ。そのお説に従って、大きな布を腰にしっかり巻きつけた。確かに、楽になったような気がした。

 「ぎっくり腰」をネットで検索すると、いろんな治療法が出ている。

 「温める」「冷やす」「動くな」「動かせ」「歩け」「歩くな」・・・と、まるで反対の方法が入り乱れている。これでは、我々を混乱させるだけだ。「どっちが正しいのだ!」と思ってしまう。

 たぬきさんも、「ほとんど信用できませんよ」と言っていた。

 今日は痛みを引きずりながら仕事に出た。それでも、夕方になると、だいぶ楽になってきた。問題は起き抜けの朝だけど・・・。今日よりも明日、明日よりも明後日、と少しづつ良くなって欲しいと願うばかりだ。

 今まで「健常者」であっても、突然「障害者」になり得るから、これから益々注意を払わないと・・。皆さんも気を付けましょう。
posted by Boo! at 22:29| 東京 ☁| Comment(14) | 健康・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぎっくり腰に限らず、腰痛は大変です。

自分も高校時代に腰痛で、椎間板ヘルニアと診断されて以来腰痛にはかなり注意してます。背骨の軟骨が半分くらいに減ってる部分があるのです。
(髪の毛は殆ど減ってますが、、、。 ほっとけ!)

体の要(腰)とはよく表現したものです。

大金や金塊、財宝など持ち運べなくなったら秋田に送ってください。適当に処分しますから。

あっ お大事に(これは マジ)。
Posted by 阿羅漢 at 2014年09月05日 06:47
楽器としてスチール・ギターを選んだのは正解でしたね。
ウクレレやギター、エレキ・ベースなどを椅子に掛けて演奏すると観客をして「障害者」ではないかとあらぬ想像を掻き立てますが、スチールだけはそのような心配はありませんから。

ハワイアンの灯を消さぬようがんばっておられる巨匠もとい虚匠Boo!さんにおかれましてはたとえこのまま立ちあがれなくなっても安心してスチール演奏に打ち込んでくださいね。
Posted by MATT at 2014年09月05日 10:21
この時期にぎっくり腰は多いのです。
夏でクーラーに足元を冷やされ、その冷えが腰に上がって急な動きに耐えられなくなります。

皆様、くれぐれもご用心を!

発症したときの注意です。
とにかく安静!
当日は入浴もいけません。
コルセットがなければ晒し(これもないかなあ?)で固定しするのが一番です。
Posted by たぬき at 2014年09月05日 22:30
阿羅漢さん

>高校時代に腰痛

 まあ、お若いのに・・。その頃から老け始めたんですね?
 
>殆ど減ってますが

 まだ減るほど残っているなら、ヨシとしないと。
 私なんか、減らすのに苦労してます(笑)。「金」と同じですね。

>秋田に送ってください

 それもいいですけど、そちら「粗邸」或いは「粗家」では、床が抜けます。

 ま、無駄なところに費やすよりも、世界の人民救済のために使いましょう。その内、「Boo!基金」として高評価を得、「ノーベル平和賞」をいただくかもしれません。
Posted by Boo! at 2014年09月05日 22:39
MATTさん

>椅子に掛けて演奏する

 最近そのような光景を良く見ます。メンバー4,5人が全員座って演奏している映像も見たことがあります。クラシックの「室内楽」じゃあるまいし、30分や40分くらい、立って演奏してほしいものです。

>虚匠Boo!さん

 そう、それでいいのです。しかし、自分で称するのは気になりませんが、他人に言われると、何だかムカつくなあ(笑)。
Posted by Boo! at 2014年09月05日 22:46
たぬきさん

 その節はありがとうございました。おかげさまで、半身不随になりました(笑)。

 今日はかなり楽になり、ホッとしてます。来週はきっと、完璧でしょう。

 くしゃみ一つでも、ぎっくり腰になることがあるそうですから、怖いですね。
Posted by Boo! at 2014年09月05日 22:52
> くしゃみ一つでも、ぎっくり腰になることがある・・・

それは気をつけないといけません。
我が家では「虚匠Boo!さん」の話題でもちきりですから・・・・
Posted by MATT at 2014年09月06日 02:14
MATTさん

 どうせ褒め言葉ばかりでしょうから、くしゃみなんか出ませんよ。高笑いはよく出ます。
Posted by Boo! at 2014年09月06日 22:56
現在流行中の「くしゃみ」はほめ言葉にも反応する最新のものだそうです。
もっとも我が家の話題でBoo!さんを褒めたことはないのでご安心下さい。
Posted by MATT at 2014年09月07日 09:15
発作的に痛くなるのは耐えられませんね。私の場合は、脊椎管狭窄が始まって発作的に痛くなりました。CTやMRIで見ると、腰椎部分で見事に細くなっています。周囲の筋肉や腱鞘の機能が低下したためとのことで、歩行にまで影響を受けています。確かに起きがけが問題で、30分程腰椎体操をしてから、痛みが和らいでから起きることにしています。昼間も腰椎体操をして、更なる進行をくい止めようと努力しています。時にはたぬき院も良いかもしれないとおもっていますが、御殿で演奏すると痛みを忘れてしまいますので、治療せずに戻ってきています。今のところ演奏が一番の薬のようです。
Posted by きぃばつ at 2014年09月08日 12:53
雑草刈りがぎっくりの原因とのことでしたが、今後は除草剤を使ったらどうでしょうか。ランドアップと言う優れものがあり、使用しています。100倍液を雑草の葉に散布するだけで一週間できれいに枯れてしまいます。必要なアミノ酸の合成を阻害するからで、薬剤そのものは地中の微生物で分解されるため、土の汚染がありません。腰痛対策には良いと思います。
とにかく、早く全快されることをお祈りします。
Posted by きぃばつ at 2014年09月08日 13:15
きぃばつさん

>演奏が一番の薬

 確かにそれは言えるかもしれません(笑)。楽しいことはストレス解消にもなります。


>除草剤

 物置に保管はしているのですが、ほとんど使ってません。やはり、土の汚染や樹木への影響考えるとためらうからです。また、「紫蘇」が雑草に混じって群生しているので、散布したくないこともあります。冷麦、そうめん、冷奴には欠かせませんので、ほとんど葉っぱを取りつくしてしまいます(笑)。

 しかしそのような種類の除草剤なら、検討したいですね。


>早く全快されることを

 ありがとうございます。おかげさまで、ほとんど恢復しました。1週間かかりました。

 今のところ、注意深く行動しています。立ち上がる時、しゃがむ時、何かを持つときは「ゆっくり」を心がけています。

 そのうち、「喉元過ぎれば」で、忘れてしまうでしょうが(笑)。
Posted by Boo! at 2014年09月08日 20:53
Booさん:

>>ほとんど葉っぱを取りつくし・・。
ついに毛虫ですな!。俺は毛無し(これは笑えません)です。

>>「喉元過ぎれば」で、忘れてしまうでしょうが(笑)。
自分は毎日飲んでる3錠の薬のうち、口に入れた1錠を忘れてしまい「あれ2錠しか無い、どっかへ転がしてしまった・・」と喉元過ぎる前に忘れてしまったことがあります。
(これも笑えません)
Posted by 阿羅漢 at 2014年09月09日 07:06
阿羅漢さん

>ついに毛虫

 それどころではありません。大切な紫蘇の葉を食い荒らす憎き毛虫を許すわけにはいきません。葉と一緒に毛虫を食べてしまいます。ですから、毛虫の天敵はこの「私」です(笑)。

>笑えません

 いやいや、腹がよじれるほど笑いました。お蔭で、ぎっくり腰がぶり返しました。責任とれ!


>口に入れた1錠を忘れてしまい

 うーむ、それは典型的な初期の認知症と思われます。

 そのうち、「あれ、バーがない」「スチールギターはどこ?」「女房がいない」と続き、「金がない」・・あ、これは昔からだった。

 他人事だと思うと、笑えます。


Posted by Boo! at 2014年09月09日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。