2014年10月14日

台風の中を? (2)

 バスは信州の「千畳敷」を目指して走る。台風が関東に近づいているにもかかわらず、我がバスはまるで台風に向かって走っているようだ。だが、大荒れになることもなく、いささか拍子抜け。途中からは、青空さえ出てきた。

 添乗員(女性)の説明によると、このツアー、関東からだけでなく、関西からも集まってくるはずだった。現地の宿泊ホテルで一緒になり、同じコースを周る予定だった。だが、関西はひどい天候になり、催行中止になったそうだ。そのため、バス6台分の客がキャンセルになり、ホテルには我々と、もう一台のバスしか宿泊しなくなったらしい。添乗員は、「ですから、ホテルでの食事はゆっくりとできますよ。いつも大変な混雑で、入れ替え制になることもあります」と言っていたが、ホテルも大きなマイナスだろうなと、同情した。

 バスはやがて諏訪近くまできた。その間、添乗員はしきりにどこかと連絡を取っている。「これから向かう予定の千畳敷ですが、現地からの報告によりますと、悪天候のため、立ち入り禁止になっているそうです。申し訳ないですが、予定を変えて、上高地に向かいます」と言った。

 本当は翌日に向かう予定だったが、天候が悪いのではせっかくの景観が台無しだ。しかし翌日天候が回復するという保証もないから、なんだか先行き不安のツアーになりそうだ。上高地はこれまでにも何度か訪れている。だがいずれも天候に恵まれず、今回も期待できない。「行けるだけ、良しとするか・・・」とあきらめ、添乗員の判断に任せた。


 ロスした時間を取り戻すかのように、バスはスピードを上げる。渋滞することもなく、お昼前には上高地に到着した。雨は降っていなかったが、どんよりとした曇り空だ。お弁当が配られ、まずは腹ごしらえ。

 上高地には有名なTホテルがある。20年くらい前に来た時、無理算段して宿泊したのだけど、確か、車で乗り入れることができた記憶がある。だがその後、環境保全のためにマイカー規制が行なわれ、途中の駐車場でシャトルバスに乗り換えるようになった。今回もそのつもりでいたら、観光バスは特例で、奥まで入ることができた。もっとも、シーズン、曜日によって、この特例は変わるらしい。

 お蔭で、大正池近くの駐車場まで乗り入れることができ、そこから自由行動となった。「この後はホテルに向かうだけですので、たっぷりと時間があります。ゆっくり周ってきてください」と添乗員。

 こんな台風の中、さすがに観光客の姿が極端に少ない。訪れるたびに凄い数の人々でごった返すが、ウソのように静かだ。駐車場から、まず田代池まで歩く。ここは池というよりも湿原だが、自然そのままの佇まいは気持ちが落ち着く。穂高岳や焼岳が見えるはずだけど、あいにくの曇天だ。

 クマが出るらしいので、キーホルダーについていた小さい鈴を取り出して、ちりんちりんと鳴らしながら歩いた。滅多に人とすれ違わないが、遠くから鈴のような大きな音が近づいてきた。若い女性二人で、「こんにちは」と声をかけ、「それは何ですか?」と訊いた。「熊鈴です」と言った。熊撃退用らしい。本当に効果があるのかどうか知らないけど、「そんなものを売っているのか」と感心した。妻が、「私も持てば良かった」と言ったので、「お前さんなら大丈夫。熊が逃げて行く」と言うと、女性たちは大声で笑いやがった。

 田代池を抜けると、大正池が見えてきた。遠くの山々は見えないけど、やはり素晴らしい風景だ。写真はあまり載せない主義だが、ここで一枚だけ、サービス!(笑)

大正池.JPG

 池に沿って、ゆっくりと散策し、河童橋に向かう。


posted by Boo! at 00:09| 東京 ☀| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BOOさん

上高地は、何度行っても良いですよね。

クマ避けの鈴・・・・立て看板にも00日クマ出没・・注意…どう注意したらいいのかね。

鈴を売るためなのかな、なんて想像しちゃいます。

いずれにしてもあの散策コースは、静かで人影もまばら木々の緑と風、素晴らしい景観を楽しめて大好きです。

ただ今、秋田のAMFから帰宅しました。

盛大なイベントで阿羅漢さんご夫妻にお世話になりましたよ。
Posted by あたごウクレレ at 2014年10月14日 21:09
あたごウクレレさん

 上高地は人気スポットですから、とにかく人が多いですね。今回は台風のお蔭で、人出も少なく、ある意味、ラッキーでした。

 熊の出没は困ります。最近は人の住む集落にまで下りてくるそうですから、油断できません。秋田も多いんですね。阿羅漢さんも、確かクマに襲われたのですが、熊のほうが驚いて、その後、家来になったそうです。まるで、桃太郎みたいです。


>盛大なイベント


 そのようですね。その後は「飲めや、唄え」でしたか?
 もしかすると、私の従兄も観に行ってたりして(笑)。
Posted by Boo! at 2014年10月14日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。