2016年07月26日

なんだかなあ・・・。

 「ポケモンGO」とかいうゲームが連日のように報道されている。世界中が大騒ぎし、やがて日本にも上陸するや、もうお祭り騒ぎだ。私はこのようなゲームには関心がないからどうでもいいのだけど、それにしても、ちょっと異常ではないか?
  
 関心がないからゲームの中身もよく分からない。しかし、新聞やネットなどから知ったかぎりでは、こんなゲームらしい。画面に現れるポケモンをゲットするために、探し歩く。実在の場所に隠れているから、スマホのGPS機能を使って自分の位置を確認し、画面を見ながらその場所に向かう。その為、ポケモンを探す者たちが同じ場所に群がることになる。うまくゲットできれば、なにかポイントがつくのか?よく分からん。

 触れたこともないので、正しい理解とはとても言えないけど、現実と仮想の世界が入り混じったゲームのようだ。でも、ゲットしたからと言って、なんだと言うのだろう?それだけで面白いのかなあ?他にも面白いことが隠されているのか?
 
 日本に上陸した直後、いつものように近くの公園に行った。日課であるランニングのためだ。大体決まった時間だから、コースを走るランナーの顔ぶれは決まっている。ところがその日は、見慣れぬ若者達がウロチョロしていた。皆スマホ片手に画面を観ては景色を確認している。「あ、ポケモンだな」とすぐに分かった。公園内だからいいのだけど、しかし周囲に配慮せず、あっちにウロウロ、こっちにウロウロだから、その内目障りになってきた。中にはコースに突然踏み込んでくるバカもいて、走行中のランナーにとっては危なくてしょうがない。

 先日の日曜日、某駅でのこと。下りエスカレーターに乗った。一段前にいた若造がスマホに食い入っていた。上から目をやると、案の定、ポケモンだ。「場所もなにもわきまえない奴だ!」「足を踏み外して落ちてしまえ!」と怒鳴った・・(図体のでかい奴で、怖そうだったので、心の中でだ)。

 やがて階下に近づいたので降りるつもりで足を前に出そうとした。こういうのは流れに乗るようにしないと後ろの方に迷惑をかける。所がこの若造、エスカレーターから降りたらそこで立ち止まってしまった。そしてスマホ画面と駅構内を交互に見比べている。上からは次から次に人々が降りてくるから、私など、避けようとして躓きそうになった。

 なんでしょうね、この現象は!
 
 ポケモンに夢中になってのトラブルも発生している。事故も起きている。入ってはいけない敷地、施設に入ろうとしたり・・・傍若無人だ。政府が躍起になって、「マナー守って」と呼びかけているが、こんな事も異常だ。そもそも「歩きスマホ」を平気でやる連中がそんな注意を聞くわけがない。

 一番の問題は、ゲームメーカーにある。こうなることは開発の段階で予想できたはずだ。どれだけ社会に悪影響を及ぼすか分かり切ったことだ。もしそれを承知の上で公開に踏み切ったとしたら、社会的責任を放棄、無視したことになるし、そこまでの考えが及ばなかったのなら、さらに情けないことだ。「儲かればいい」の考えだったら、最低だし・・・。

 利用者のモラルに期待する前に、ゲーム機能そのものが周囲に迷惑をかけないような設定になっているべきだ。それでも、逸脱して迷惑をかけまくる者はなくならないだろう。その場合は厳しく取りしまる。罰金100万円取ったってよい(笑)。車の運転だって、法律で厳しい違反条項があり、それを大方が守っているからなんとか安全に走れるのだ。
 
 ゲームの面白さを減らしてでも、機能を制限するべきと考える。

 私が心配するのは、我が豪邸敷地内にポケモンが隠れていると情報が流れ、気味の悪い連中が庭にたむろすることだ・・・想像しただけで怖い。実際、静かな住宅地にこのような連中がどこからか集まり、住民が迷惑をこうむっていると新聞に報じられていた。

 もし自宅周辺に夜な夜な集まってきたら、急きょ露店を出し、法外な料金で飲み物を売ろうと思う。通常100円ドリンクを1000円で提供したい。あるいは敷地立ち入り料金として、1分1000円でもいいか・・・(笑)。この場合は、1時間でも2時間でも滞在してよろしい。儲けが出るから(笑)。

 読者の皆さんは高齢者ばかりでしょうから、こんなゲームには無関心のはずです(?)。いや、阿羅漢さんは例外かも。すぐに飛びつくタイプだから(笑)。

 ま、迷惑をかけぬよう、ほどほどにお願いします。
posted by Boo! at 23:04| 東京 ☔| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BOOさん
同感です。

インペーターゲームが現役最後の頃に流行りだして茶店のテーブルがみんなゲーム機がセットされていて座りにくかったです。

もう30年以上前でしょうかね。

何が面白いのか…・事故が多発してますね。

ご指摘の通り売れて儲かればの姿勢がみえみえ。
罰金をどんどん課して国の財政の一助に。
Posted by あたごウクレレ at 2016年07月27日 18:56
あたごウクレレさん
 
 楽しんでいる方には水を差すようで申し訳ないのですが、モラルさえちゃんとしていれば、文句なんかありません。

 今日も公園であきれました。小さな子供二人を連れた若いママです。スマホ片手に「あっちだ!」「こっち、こっち!」と叫びながら、走ったり歩き回っていました。母親が走ると子供たちは必死の形相で追いかけます。その間、母親は子供の方を見向きもしません。もう自分だけの世界で、子供のことなんか眼中にないかのようです。
普通は逆でしょう。子供が楽しんでいるのを親が眺め、周囲にも気を配って安全を確かめる、時には注意する・・・親のほうが幼稚です。
子供がちっとも楽しくなさそうなので、可哀そうでした。

>国の財政の一助

 全くです。
Posted by Boo! at 2016年07月27日 23:15
コンピューターゲームは全く興味なし。

昔のインベーダーゲームの類は、要はコンピューター・パルスとの戦いであって、画面からの視覚情報に対していかに自分のパルスをタイミングよく出せるかであり、知的な遊びとは思えない(もちろん自分には知的部分は無いが)。

ましてや今回のポケモンゲームはそれにGPSデータを加え、同じ思考の人間が同じ場所に集まり始める、何が楽しいんだろう?。
数千、数万いや数十万人と同じ事をやらされてることに嫌悪さえ覚える。

一方、このゲームを考え出した人は偉い!!。
基本的に動かないで行なう遊びにGPS機能を加えて人間の動きを加えたからだ。多分Booさんの次くらいに頭の良い人だろう!。

さて次なるゲームはこれに何が加わるかだ。Booさん待ってますよ!!。

因みにポケットモンスターとは英語のスラッグでは男性のあの部分を言うらしい。
俺のポケットモンスター、昔は抑えが効かなかったが、今では言うことを聞いてくれない。
Posted by 阿羅漢 at 2016年07月30日 08:25
阿羅漢さん

 私にとってゲームとは、花札、かるた、トランプ、ダイヤモンドと続き(古いなあ)、後年はルービック・キューブ(自慢じゃありませんが、最短時間1分半以内でした)、インベーダー、そしてスーパー・マリオで打ち止め。

その後は難解な原書を読むことが一種のゲームになりました(嘘つけ?)。睡眠誘眠書として最適です(笑)。

>自分には知的部分は無い

 なかなか自己分析が正しい。そうです、痴的部分がほとんどですから。


>Booさん待ってますよ

 いやすでに構想は練っており、名前だけ決まりました。そのゲーム名は「ポケモンCome!
)です。

>今では言うことを聞いてくれない

 ご愁傷さまです。奥さんの寿命が延びてよかった!
Posted by Boo! at 2016年07月30日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。