2016年10月01日

はや、10月!

 雨の多い9月でした。まさに、「September In The Rain」です。ちなみにこの曲は、G.シアリングの演奏が最も有名ですが、私も一番好きです。 

 妻は空を見上げながら、「今日もテニスができない」と文句を言う。「そりゃそうさ。お前は雨女なんだから」と言えば、「あんたこそ雨男よ」と、矛先を私に向ける。あー言えば、こー言うタイプだから、反論を控える(涙)。

 10月ともなれば、秋らしい爽やかな好天が続くと期待したいけど、「秋雨」とか「秋霖」の天気用語があるくらいだから、どうなりますか…。

 今月は知人が美術展に出品するので、都合のつく日に出かける。芸術家集団による年一度の発表の場だ。「平面・立体アート」とう部門だそうだ。

自由美術.jpg


 元々知人は彫刻家としてスタートした。金属をつかった彫刻なので、体力的肉体的に大変な作業だった。作品が大きくなると、トラックに積んで運んだ。一般には余り知られてないけど、他県の何ヶ所かにモニュメントや銅像を設置した。観光地の有名な橋にもあるから知らずに観ている方もいるでしょう。それが縁で、観光名誉大使に任命された。

 その後は体力の限界を考え、木材を使う彫刻に移った。といっても抽象的な作品が多く、この世界に疎い私には理解が及ばない。特に美術展に出す作品は、実験的な要素が強く反映されるのか、益々理解不能だ(悲)。知ったかぶった感想も言えないので、正直に「どういう意図の作品なの?」と訊くことにしている。

 施設に入った従兄にも面会に行きたい。「精神状態が落ち着いたら」と言われているので、まだ控えている。従兄の連れ合いが近々行くらしいので、その様子次第になる。恐らく、自宅に帰ることはもうないだろうと考えると、複雑な気持ちだ。

 ウクレレ教室を運営している学生時代の友人から、「今年も発表会でスチールを弾いて」と頼まれた。余り気乗りしない。なにしろ人前でスチールを弾くのは、この発表会と例のオフ会のみで、1年に2回ぽっちだ。

 生徒さんたちは初級から中級程度の力だ。余り難しいコード進行は弾けない。そのため生徒が弾ける曲に合わせることになる。誰でも知っている曲ばかりになるが、かえってこれが私にはプレッシャーだ。誤魔化しが利かないからだ。曲数も多い。

 「生徒も凄く楽しみにしてるよ」と言われれば、無下に断れない。これから少し練習しないと…。

posted by Boo! at 22:34| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 1年に2回ぽっち・・・

それじゃあまりにもBoo!さんの名演奏が普及しないので、毎月一回のペースでBoo!さんの演奏会を計画しましょうか?

もちろん会場費や観客へのお土産の「金の延べ棒」の費用はBoo!さん持ちで・・・
Posted by MATT at 2016年10月05日 17:05
MATTさん

>名演奏が普及しないので

 そうですか?
 謙譲の美徳と申しましょうか、控えめ、慎ましさ、たぬきさんと違って目立ちたがらない等々、こういった奥ゆかしい性格が災いしているのかもしれません。

 私はいつまでも「隠れた名演奏家」でありたいのです・・・どこが?

 そんな訳で、金の延べ棒を用意する機会がありません。まことに惜しいことです(笑)。

 最近の新聞だったか、「100回の練習よりも1回のステージが上達させる」という音楽家のお言葉が載っていました。
 「なるほど」と思いました。となると、私は一年に2回ですから、計算上200回もの練習に匹敵することになります。すごい練習量だ!
Posted by Boo! at 2016年10月05日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。