2016年10月22日

地震

 鳥取で大きな地震がありましたね。幸い、死者は出てないようですが、これから詳しい被害状況が判明するのでしょう。少し前には大被害が出た熊本地震があったし、日本は本当に地震国だと再認識させられる。

 まだ記憶にも生々しいあの東北大震災が5年前。首都圏でも激しく揺れた。確か震度5弱とか5強だった。余りの揺れに、「関東大震災の再来か」と思ったものだ。今回の鳥取は震度6弱というから、我々が味わった以上の恐怖だったろうことは、容易に想像がつく。

 「普段から地震に備えよ」と良く言われる。しかし地震は、いつ、どこで起きるか分からないから、「備えようがないではないか」と反論もしたくなる。

 自宅の耐震性を高めたり、家具が倒れないように、あるいは棚から物が落ちないように対策しても、「これで万全だ、安心だ」とは言い切れない。

 例えば私の場合、一日の半分以上は外出している。車の運転だったり、電車、地下鉄、バスの利用、街中での歩き移動と、言ってみれば常に地震の危険と隣り合わせの状況にいることが多い。外出中に大地震に遭遇したら逃げようがないし、大混乱に巻き込まれること、必至だ。それは東北大震災での首都圏パニックが証明した。

 地下鉄に乗っていると、時々「もし走行中に大地震が起き、上から土砂が崩れ落ちたら完全アウトだろう」と不安になることもある。地下鉄でなくても、地下街を歩くと同じような不安心理になる。ビル街を歩けば、上からガラスや壁が落ちてくるかもしれないし、つまりは「日本は地震国」といいながら、安全に対する意識がまだまだ官民欠けているように思う。

 個人個人の家屋の耐震強化は勿論大切なことだけど、それ以上に街中の危険因子を減らして欲しいものだ。デザインばかり重視して安全が疎かになってないか、インフラは大丈夫か、足元から見直す必要があるのでは?

 因みに、我が自宅は耐震性に優れ、デザインも超1級、住む人間はハイソ、と近所では評判だ。大地震で周囲が全滅しても我が家だけはビクともしない、と噂されている。いやうわさです、噂。

posted by Boo! at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。