2016年12月01日

はや、12月!

 まさに「光陰矢のごとし」です。ついこの間新年を迎えたと思っていたのに・・・。

 一年を振り返ることは意味のあることなのでしょうが、私に限っては、無意味にダラダラとした一年を過ごしてきたので、敢えて避ける(笑)。

 最近気になることがある。それは高齢ドライバーによる事故報道のあり方だ。自分が高齢者の範疇に入るから余計に感じるのかもしれない。連日のように新聞やTVニュースで報道されるので、他人事ではない。

 しかしこれら報道は果たして公正なのだろうか?勿論事実に基づいて報道しているとは思うけど、こと更高齢者のみを取り上げている印象が強く、まるで高齢者ばかりが事故を起こすかのようだ。すると当然ながら世間は、「高齢ドライバーをなんとかしろ」となる。その論調は益々高くなっている。

 確かに、年を取れば体のあちこちが衰えるし、反射神経も鈍ることは否定しない。しかし、個人差というのがある。**歳になったからと言って、一斉におかしくなるなんてことはない。

 運転は、若いから事故を起こさない、年寄りは起こす、などと単純に論じることはできない。しかし報道は、「高齢ドライバー=危険」一色だ。私はこれを偏向報道と言いたい。具体的数字を示し、「なるほど」と思わせる報道をしてもらいたい。例えば、警察庁が公表している交通事故の統計がある。

 年度毎に、世代別の事故数をグラフ化している。それによれば、交通事故全体に占める割合の最も高い世代は20才前後の若者となっている。問題の高齢者世代はずっと下の位置だ(2011年度)。若者のほうが余程危険ということになる。だがこれをもって、「若者に運転させるな」の風潮にはならない。つい先日も、20代のドライバーが高速道路を逆走して事故を起こした。これがもし高齢者だったら「それ見たことか」と大きく報道したに違いない。不公平だ。逆走は高齢者の専売特許のようだが、そんなことはない。一瞬勘違いすることは誰にも起こりうる。むしろ、逆走を防止する手立てを考えたほうが良い。

 運転する者は、年齢に関係なく、誰もが危険と隣り合わせだ。それを自覚して運転するべきだ。高齢者ばかりに白い目を向けるのではなく、ドライバー全体の問題と捉えて欲しい。

 とは言うものの、私だっていつまでも運転しようとは考えてはいない。ちょっとでも自信が無くなったら、やめるつもりだ。今の所自信に溢れ、モタモタと前を走る車がいると「おらおら、邪魔だ」とばかりを煽りまくるし、信号が赤でも無視する。一般道路を平均100km、高速道路は150km以上で走ることを旨としている…オイオイ。
posted by Boo! at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。