2017年01月01日

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。暖かいお正月ですね。年が新しくなると、人間は一つ古くなります(悲)。

 いつの頃からか、新年を迎える楽しみが消えました。おそらく、お年玉を貰える頃までが楽しみだったのでしよう。親から初めてお年玉を貰ったのは何歳のときだったのだろう。多分、幼稚園児の頃ではなかったか・・・。金額は覚えていないけど、ま、100円程度だったでしょう。

 当時は、5円、10円単位で駄菓子や凧、独楽、メンコ、ビー玉などが買えたから、100円でも 嬉しかった。我が家だけでなく、日本中がまだ貧しかった時代だ。子供にお年玉を与えるような余裕はなかったと思う。

 家族で親類の家に年賀に行くと、伯父や伯母がお年玉をくれた。やはり100円程度だった。行けば必ず用意してくれたから、絶対に行ったものだ(笑)。こうして何人かから貰っても、少額だからなかなかたまらない。500円も集まったら金持ちになったような気がした。

 家計の助けにと、母が下宿屋を始めた。都内の私立大学に入学したばかりの学生を二人預かった。同じ大学だったが、出身地は違った。初めての正月休みで学生は帰省し、正月が明けると戻ってきたが、内一人の母親が新年の挨拶のために一緒についてきた。昔の親はこういう律儀さがあったのだ。手土産を沢山持参しただけでなく、なんと私にお年玉をくれたのでびっくりした。両親、親類以外、つまり他人からお年玉をもらったのはこの時が初めてだった。

 あとで袋を開けると、真新しい千円札が入っていた。これには、驚いたのなんの。当時の千円と言ったら大変だ。おそらく大卒初任給が一万円以下だったはずだから、破格の千円だ、しかもまだ小学4年生だ。

 以降、毎年その母親は挨拶に訪れ、欠かさず千円のお年玉をくれた。この大学生が卒業すると同時に、お年玉も切れてしまったが、しかし、その後も家族ぐるみのお付き合いが続いた。大学生の実家は静岡県伊東市で旅館を経営していたこともあって、私が高校生までほぼ毎年のように、夏休みには1週間以上も遊びに行った。大学生には美人妹が二人いたことも行きたい理由だった(笑)。やがて大学生が結婚するときは両親が仲人を務めた。両親亡き後も、私との付き合いが現在でも継続しているから、珍しいケースかもしれない。

 いくつになってもお年玉は貰いたいものだ。しかし、大学を卒業するころには貰えなくなるのが普通でしょうね。そして、今度はお年玉を渡す立場に変わる。こうなると、お正月の楽しみがなくなる(笑)。結婚してからは、女房が私からのお年玉を狙っている。そうじゃなくても、年末から正月にかけてむしり取られることが多いのに・・・。何しろ、12月は結婚記念祝いとクリスマスがあり、年が明けるとお年玉、すぐに彼女の誕生祝いと、もう目白押しなのです。もうすこしバラけろよ、と言いたい。

 とまあ、正月早々ぼやいております(笑)。

 今日はこれから近くの神社に初詣に行きます。小さな神社ですが、最近は多くの参拝者が訪れるようになり、2列で200mくらい並ぶこともあります。お賽銭を入れ、あとは交通安全のお札を買います。そのままプラプラと駅周辺まで歩き、二番目の神社にお参り、そしてどこかお店に入り、コーヒーと軽食をとるのが毎年のお決まりコースです。これだけで5km以上歩きますから、良い運動にもなります。

 「今年の抱負」なんてものはありません。ただただ、健康で家族円満でありさえすれば十分です。たぬきさんや阿羅漢さん一家のように、離散家族にならないことだけ祈っています(笑)。

 また、「今年こそ、スチールギター練習を頑張る」と誓いを立てても、どうせ守らないに決まってますから、立てません(笑)。

 「守らない誓い」「守らない約束」「守らない法規」「守らない公約」・・・ほど無意味なものはありません。これはどこかの政治家に言えるような・・・?


 しかし少なくとも、当ブログは続けたいと思っています。無理せず、のんびりと書いて行きたいです。ただし、皆様は無理してでもコメントを書くことが義務付けられておりますので、よろしく(笑)。

 正月早々からこんな記事です(アルコールも少々入っている)。懲りずにお付き合いくださいますように。
posted by Boo! at 12:34| 東京 ☁| Comment(22) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BOOさん
おめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
大卒初任給1万円以下の時代に1000円ね。
その当時会社の食堂が確か定食40円。
給料もらったら1000円で1か月分のチケットを買いました。確か、退職する20年前は500円だったと記憶している。
1000円は大金だったですよね。
Posted by あたごウクレレ at 2017年01月02日 07:28
明けましておめでとうございます。
本年は、コメント一行でも多く加えたいと思いますので、よろしく。昨年で勤めも終えましたので。
お正月は、暮れから五人の孫と家族の泊まり込みでてんてこ舞いです。お年玉もばかになりません。のし袋の節約にと、折り紙とシールで袋を工夫して造ったところ、これが大好評で、中身より人気を独占しました。
[中身より心が伝わる贈り物]でした。
佳い年でありますように!

Posted by キィX at 2017年01月02日 10:20
あたごウクレレさん

おめでとうございます。


>1000円は大金

 今振り返ると、改めて驚きます。
 きっと当時は旅館業の景気がよかったのでしょう。毎年、この母親が来るのを心待ちしたものです(笑)。

 調べてみたら、この時代の大卒初任給は6,000円程度ですね。


>定食40円

 社員食堂ですから、普通の半額程度でしょうね。
 ラーメンが30円だったのはよく覚えています。

 銭湯が10円だったか15円だったか・・・。

 やはり、1000円はすごいや(笑)。


 今年も元気にお過ごしください。
Posted by Boo! at 2017年01月02日 11:57
きぃばつさん

おめでとうございます。


>コメント一行でも多く

 「守らない約束」にならぬよう、期待しております(笑)。


>勤めも終えました

 そうでしたか。ご苦労様でした。
 私もまもなく追いかけます・・・と言いながら、しつっこく続けたりして(笑)。


>お年玉も

 確かにバカになりませんね。過大に包むことはありませんが、一種の潤滑油しての役割もありますから、プレゼントできる幸せも噛みしめてください・・・ないか(笑)。

>中身より心が伝わる贈り物

 子供は現実的ですから、果たしてこちらの心が伝わるかどうか。「こころより金だ!」と言いかねません(笑)。その好例が我妻の態度です(悲)。
Posted by Boo! at 2017年01月02日 12:09
BOOさん
昭和20年代後半か30年当初でしょうね。昭和34年で給料9000円程度でしたから。
Posted by あたごウクレレ at 2017年01月02日 13:25
あたごウクレレさん

 そんなものでしたか。

 昭和30年の国立大学の授業料は年間6,000円だったそうです。ますます1,000円が重いです(笑)。
Posted by Boo! at 2017年01月02日 20:12
皆様明けましておめでとうございます。

お年玉か、、。懐かしいですね、もらってた頃が、、。
幼い頃の目標額は確か1000円くらいじゃなかったかな、もらう相手が決まってましたから。
正月に父の友人が来たときは、兄弟で小声で「くれるかな〜〜、お年玉。」と話してたら
「おい、お年玉やるぞ」、 やった〜〜ともらいにいったら10円でした。

冬休みが終わり始業日に「全部でいくらになった」の話題になりその中で7000円と言う奴がいて驚いたことを思い出しました。

もう一つ、
娘が未だ小学校の頃家内の実家 府中で三が日を過ごし、岩槻に帰りがてら仲人さんに年賀の挨拶にお伺いしたときのことでした。
子供たちにお年玉をいただきました。
奥様、御主人が席を外したとき、娘にいくら入ってると聞いたら確か3本指を出したので3千円?と確認したら3万円でした。仲人のお子さんにと包んだぽち袋がまだお膳の上にあったので、御主人奥様が来られる前にあわてて一桁多く入れたことも思い出の一つです。
Posted by 阿羅漢 at 2017年01月06日 07:19
皆様あけましておめでとうございます。

日本に居なかったので年賀状が来ないと安心していたのですが、ドサッと届いてしまったので、いまから賀状のデザインを考えることにします。

さすが裕福な阿羅漢さんですね。咄嗟に一桁多くするなんて。
我が家など帰りの電車賃しか持っていませんからどうすることもできません。
最近はもっと悲惨でしてスイカだけで電車に乗れるので、現金は持ち歩きません、というか持ち歩けるお金もありません。これでチャージ金が不足しているとさらに悲惨なことになります(涙)
Posted by MATT at 2017年01月06日 11:01
阿羅漢さん

おめでとうございます。

今年はお手やわらかにお願いします。

>3万円でした

 それはまた随分と気前のよい仲人さんですね。ひょっとして、入れ間違えたとか?

>あわてて一桁多く

 そんなこと必要なかったのに(笑)。得することもあれば、損もあるのです。

 ようするに、お年玉は子供のためというよりも、その親の顔を伺うようなところがありますね。
 相手の親が出せば、こちらも出さざるをえません。

 昔、母がよく言ってました。「お前の貰うお年玉は、お前だけのものじゃない。私がそれ相当分を相手にあげてるからだ」と言いながら、半分以上取り上げられたことがよくありました。
 その時は腹が立ったものですが、今ではよくわかります。


 子供にとって、年賀にくる大人は「お金」に見えるでしょう(笑)。
Posted by Boo! at 2017年01月07日 21:20
MATTさん

おめでとうございます。

>日本に居なかったので

 ハワイですか?今や、第二の故郷に帰る気分でしょうか?


>いまから賀状のデザイン

 そりゃ大変だ。


 届いた年賀状の一枚が、差出人名、住所が書いてなく、「一体誰からだ?」と頭をひねっています。

 「文字のくせ」から、なんとか割り出そうとしましたが、似たような文字もあり、あきらめました。

 正月早々からボケては困りますね(笑)。
Posted by Boo! at 2017年01月07日 21:32
> そりゃ大変だ。

そうなんです、苦し紛れに以前の酉年で出した賀状をを探したら48年前のが出て来ましたがさすがに古すぎるのでボツとしました。

ハワイに漢字だけの年賀状が届いたことがあります。ご念のいったことに数字まで漢数字だったのですが、さすが日系人の多いハワイです、郵便局員の誰かが英語に翻訳してありました。
Posted by MATT at 2017年01月07日 21:41
MATTさん

>48年前のが出て来ました

 え、そんな古い年賀状を保管しているのですか?
 もはや、区の資料館行きですね(笑)。

>数字まで漢数字だった

 日本じゃ当たり前ですが、外国郵便となると爆笑もんです。

 しかし海外から届くクリスマス・カードでも読みづらい数字があります。0なのか6なのか、8なのか3なのか、あるいは4が6に見えることもあります。極端なくせ字になると、配達する方も苦労するでしょうね。
Posted by Boo! at 2017年01月07日 22:50
遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。
 最近のネット見ているとアーチザンは27000円、サーフポードスチールも70000円と値上がりしてますね。何でですかね?
ハーモスは昨年無事に分解修理も完了しほっとしております。持ち運びには便利ですからね。その反面C6以外のチューニングで弾くことが少なくなってしまいました。
 暮れに50代の女性からスチールを始めたいのでどれを買ったらいいか相談したいというお電話を頂きました。いらっしゃるんですね、やりたい方が。
Posted by paul okubo at 2017年01月12日 17:07
成田のサウンドハウスで以前は自社ブランドの6弦が1万2000円程度だったのですが、最近はRecording Kingという中級のメーカー製品で9980円から扱っているようですね。
Posted by MATT at 2017年01月12日 19:44
paulさん

 今年もよろしくご指導を。

>サーフポードスチール

70000円ですか?随分高くなりましたね。
 
 paulさんのサーフはいくらでしたっけ?2万円付近だったのでは?

>何でですかね?

 なぜでしょうね。材料費や人件費の高騰などが考えられますが、需要が伸びたからとは思えませんね・・・。
 

>C6以外のチューニングで弾くことが

 ダブル、トリプルはとても重いですから、わざわざ持ち歩くのは現実的ではないですね。

 ハワイのプレーヤーたちのライブ映像を観ても、フライパンやシングルが多いですね。ジェフもほとんど6弦のフライパンです。彼のブログだったか、「6弦あれば十分だ」と書いてありました。確かに彼の演奏を聴くと、その通りだなと思ってしまいます。

>50代の女性から

 ついでに教えてあげたらどうですか?

 
Posted by Boo! at 2017年01月12日 22:18
サウンドハウスで1万円位のがあるんですね。でもAm仕様です。C6の人は別売の弦580円を買うように書いてあります。E7の弦(6弦)も販売してるんですね。最初はこれがお勧めですかね。カノウプスも無いし。
サーフポードのは2万円しないで買ったと思います。私がHSGAで弾いてたら欲しいという声が聞こえてきました。
Posted by paul okubo at 2017年01月13日 10:28
G弦だけバラ売りで買って4,5弦を5,6弦に張りなおせば安上がりですよ。
Posted by MATT at 2017年01月13日 18:57
paulさん

>am仕様です

 弦交換すれば済むことですから、MATTさんがおっしゃるように格安ですね。

 カノウプスになるとぐんと価格が上がりますから、入門者にとってはためらうでしょう。
Posted by Boo! at 2017年01月13日 21:46
MATTさん

 最近はSハウスのサイトを観ることがありませんでした。

 今回の件で覗いてみたら、スチールギター弦も結構扱っているんですね。

 しかも安いです。今まではC社やF社から買ってましたが、8弦揃えると出費がバカになりません。どうしてもバラなりますから。


 使えそうなセット売りを買い、足りないものはバラで買うか、別のセット売りで補えば安く揃えられそうです。一度試してみます。
Posted by Boo! at 2017年01月13日 21:55
以前、このブログでBoo!さんが「弦に書かれている数字の秘密を教えてあげますよ!」と書かれていたのを思い出しました。
Posted by MATT at 2017年01月14日 11:36
MATTさん

>思い出しました

ん?なんのことでしょう。

 昔の記事など、記憶にありません。一つ書いたら、一つ忘れるようにしています。なにしろ、脳みそのキャパシティに限界があるものですから、そうでも心がけないと書いちゃいられません(笑)。

 ですから辻褄の合わない記事になるのです(悲)。

>
Posted by Boo! at 2017年01月14日 22:42
こういう記事でした。たくさんの人がBoo!さんの教えを請いに行列したのではないでしょうか。

=======================

2009年07月08日

マイクロ・メーター
 
一般の人には余り縁のない道具だと思う。ある専門的な技術者には必携だろうが・・・。

(中略)

もっと詳しく、ゲージ番号と径の関係をお知りになりたいかたがいれば、いつでもお教えします。

posted by Boo! at 22:30| 東京 ☀| Comment(9)
Posted by MATT at 2017年01月17日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。