2017年01月16日

チューナー

 楽器の音合わせには基準となる音が必要だ。

 昔はピアノやオルガンの音を参考にして合わせた。しかし、ピアノの場合は狂っていることが多かったから、合わせにくかった。

 最近はいろいろな種類のチューナーが出ている。最も多いのは、電子チューナーでしょう。文庫本くらいの大きさから、500円玉ほどの小さなものまである。ギターやウクレレにはクリップ式チューナーが圧倒的だ。

 大学生の頃は音叉を使ったが、他にと言うと、調子笛があった。

 調子笛は、三味線や琴といった邦楽器によく使われたのではなかったか?お袋が一時三味線の稽古を始めた時に調子笛をピーピー吹きながら音合わせしていたことを思い出す。なかなか音が合わず、四苦八苦していた(笑)。

 ギター用の調子笛もあった。6つの笛が並んでいて、ギターの各弦に対応した笛を吹いた。大学のサークルにもこれを持参してチューニングするやつがいた。でも調子笛はかなり問題があった。

 まず吹き方によってピッチが変わる。息を吹き込むことで笛の温度が上がり、やはり音程が変わりやすい。それに笛自体の精度がどうだったか?

 結局、音叉に信頼を置くことになる。しかしこれも静かな場所で使うのならまだしも、教室のようなざわざわした場所では聴き取り難かった。叩いて振動させた音は、すぐに減衰してしまうので、その為何度も叩くことになる。阿羅漢さんなどはあまりに何回も頭に叩いて振動させるものだから、血だらけになったそうだ。

 固い物体に叩くということは、音叉を傷つけたり、場合によっては変形させてしまう。見ただけでは分からなくても、リスクはある。そうなれば当然、ピッチに影響するだろうことは容易に想像つく。うっかり上から落とすなどは厳禁だ。

 注意深く扱っても、長年使い続けると狂ってくるらしい。そのため、定期的に音叉のピッチを正確に修正することが必要だ・・・と、これは音の専門家から教えられた。ま、我々にはそんな厳密な狂いなどわからないから、ほどほどで良いのだろう。

 ソロで弾く場合は自分のチューニングだけ注意すればよいけど、バンド編成になるとお互いの楽器チューニングに気を払うことになる。5人のうち4人が正確でも、一人がおかしいと全体が狂ったように聴こえるから、責任重大だ。

 しかしスチールギターの場合、どんなに正確にチューニングしても、バーを音程正しく置かなければ意味がないから、難しい。

 最近のYouTubeやウクレレ教室の発表会の演奏を聴くと、結構音が合っているので感心する。入門者や初心者にとっては音合わせは難しいはずだ。ある時期までは、音のずれた不協和音を聴かされる発表会が多かったものだ。それがここへきて、あまり気にならなくなった。

 数年前から友人のウクレレ教室に顔を出すようになって、その理由が分かったような気がした。生徒さん全員が小さな電子チューナーを楽器に取り付けて音合わせしていたからだ。楽器はほとんど弾けなくても、チューナーを頼りに合わせるから、全員ほぼ正しい音にすることができる。メーターを見る目は真剣そのもので、ちょっとでもポイントから外れると直していた。

 電子チュ−ナーは便利な道具だけど、ただ、肝心の音を聴かず、メーターばかりに頼っていると、耳の訓練にはならないと懸念する。あまり過信せず、自分の耳も鍛えてほしいものだ。


チューナー.jpg
(最近購入したクリップ式チューナーです)


posted by Boo! at 23:11| 東京 ☀| Comment(24) | ハワイアン音楽・楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でもねえ・・・。
もう老人性難聴になっている年齢だから、オフ会の人たちにはいいんじゃないですか!

前にあたごさんがよいチューナーを紹介してくれましたね。

私も楽器屋で探しているのですが、似たりよったりです。

どなたかもっとスグレモノを教えてください。
Posted by たぬき at 2017年01月17日 22:59
本気でスグレモノを購入されるつもりでしたら世界最高の精度を誇るピーターソンのチューナーをお勧めします。

以前はかなり大きかったので使い勝手が悪かったのですが、現在のモデルはかなりコンパクトになりました。

必要かどうかはわかりませんがこれでしたらどこへ持っていっても恥ずかしくありませんよ。

いかがでしょう、一台いっときますか?

http://www.electroharmonix.co.jp/peterson/img/electricguitar/PTS_eg.pdf
Posted by MATT at 2017年01月17日 23:23
たぬきさん

ギターやウクレレは一般的なクリップ式でよいと思います。クリップを挟めるからです。

Eベースもギリギリ大丈夫でしょう。

しかし音域によってはうまく音を拾えないことが多いですね。べースのE線なんて特にそうです。針が大きく振れて、役立ちません。ですからE線は自分の耳で合わせます。

問題はスチールギターです。クリップを挟めないことが多いでしょう?ペグやボリューム、トーンコントロールのつまみに挟んだりしますが、全弦音を拾うことはは難しいようです。ベース同様、低音弦は耳になります。

チューナーによっては、micとpiezoを選択できます。micは周囲の音に左右されることがあるので、私は使いません。

スチールギターにしろEベースにしろ、一番安心して使用できるのは、input端子のついたチューナーです。ピックアップからダイレクトに音を拾うからです。針の振れも安定して、使いやすいです。

inputとoutputが備わったチューナーなら更に便利かも。次を狙っています(笑)。たぬきさん、持ってませんでした?
Posted by Boo! at 2017年01月17日 23:52
MATTさん

高校生のとき、理科で「オシロスコープ」を使った音の実験をした記憶があります。色々なものを叩いて、その音の波形を見るのですが、興味深かったです。

考えてみれば、現在のちっちゃなチューナーでもそこそこに音合わせできるのですから、便利になったものです。どこでも持ち運べることが最大のメリットでしょう。数百円から購入できるのですから。

ピーターソンは購入しても、宝の持ち腐れになる可能性大です(笑)。
Posted by Boo! at 2017年01月18日 00:05
Mattさん お勧めは値段みて(@_@;)。
最近のは、どれも良いようですよね。
それより寒い時期温度差ですぐ弦が伸び縮み。
ペグの安物だとウクレレの場合、合わせるのが難しい。昔のペグは木製の差し込みでしたが現在のは金属製で良いのですがどうも安物は悪いのが多いようですね。この辺りは阿羅漢さんの領域。
BOOさんご指摘のようにスチールはいくら合っててもバーの位置次第で音痴にね。
Posted by あたごウクレレ at 2017年01月18日 07:17
たぬきさんが「スグレモノはないか?」とおっしゃるのでご紹介しただけでして、この高精度のチューナーでも開放弦しか正確に合いませんからお大尽のたぬきさんでも果たして買う価値があるかどうか。
Posted by MATT at 2017年01月18日 10:24
昔は「水晶時計」は高級時計でしたが、最近は百均で売っている時計まで水晶時計になってしまいました。
それだけ「水晶振動子」の価格が下落したわけです。
楽器用のチューナーもそういった水晶振動子を周波数の基準に使っているので安いチューナーではその精度が低いものも含まれています。
楽器店に勤めていたころ複数個のチューナーを同時にひとつの楽器に取り付けて比較するとメーカーによって表示がバラつくものとそうでないメーカー製品がありました。

もっともこれだけチューナーが普及する以前の集まりでは、まず皆さんの楽器のピッチあわせからスタートしたことを思い出します。
Posted by MATT at 2017年01月18日 10:37
あたごウクレレさん

>ペグ

 チューナーはペグに取り付けるのですか?
 ウクレレなら、クリップが挟めるヘッド部分のほうが良いような気がします。

 振動を拾ってくれれば、どこでもよいのでしょうけど。
Posted by Boo! at 2017年01月18日 22:02
MATTさん

>楽器のピッチあわせから

 当たり前の光景でした。

 それぞれがビンビンと音を出すので、適当なチューニングになりがちでした(悲)。

 しかしこうして他の楽器の音を聴く習性が備わりますから、悪いことばかりではなかったような気もします。
Posted by Boo! at 2017年01月18日 22:07
>inputとoutputが備わったチューナーなら更に便利かも。次を狙っています(笑)。たぬきさん、持ってませんでした?

オダイジンの私はそれを使っていますが、演奏会をするときはちょっとじゃまになることがあるかも・・・・・?

スチールの上に置くタイプでいいのがあるかなあと思って聞いてみました。


Posted by たぬき at 2017年01月18日 23:00
たぬきさん

>ちょっとじゃま

 確かに。

 ただ、たぬきさんのスチールギターはペダルですから、置けるだけのスペースがあるでしょう?
 シールドが邪魔になるかな?

 演奏中でも確認できるから、一番良いように思います。シングルでは向きませんけど。


>スチールの上に置くタイプ

 となると、mic式になりますね。piezoではセッティングに問題があると思います。

 私がもっているので、取り外すことによって、micとpiezoを使い分けることができる優れものがあります。mic単体にするとかなり小さくなり(1円玉くらい)、スチールギターのボディ、どこにでも置けます。感度もまあまあです。


 しかし残念ながらすでに製造中止になったか、販売されていません。価格も5000円くらいだったように記憶しています。

 
Posted by Boo! at 2017年01月18日 23:48
自分はスチールをかじり始めた頃 BOSS-12 と言うものを購入しました。これだと繋いだままアンプに出力できますので便利でした。
最近はクリップ式が主流になってしまいましたので、リサイクルショップだと千円少しで売られてることがあります。
安くなったものです。
Posted by 阿羅漢 at 2017年01月19日 15:47
阿羅漢さん

>繋いだままアンプに出力

 次に買おうと考えているタイプです。

 表示が大きければ、足元に置いて使えますね。そうすれば、シールドが邪魔になることもないでしょう。

 たぬきさんなんか、このタイプが向いていると思うのですが。


 クリップ式は確かに安いです。ただ、ピッチがA=440に固定されているものが多いのです。ほとんど440で問題ないのですが、編成楽器によっては(特にピアノ)、442も良く使われるので、注意が必要です。

 写真に掲載したチューナーはピッチが変えられます。
Posted by Boo! at 2017年01月19日 21:36
>繋いだままアンプに出力

これを持っているのですが、少々くたびれてきたので明日、御茶ノ水に行くので見て来るつもりです。
Posted by たぬき at 2017年01月20日 21:32
たぬきさん

B.エモンズのリハーサル映像で、足元にチラチラと目をやりながらチューニングしてました。多分、チューナーを下に置いていたのでしょう。
Posted by Boo! at 2017年01月20日 23:02
たぬきさん

>御茶ノ水に行く

 チューナー、買いましたか?

 もし買ったのでしたら、リポートよろしく。
Posted by Boo! at 2017年01月23日 22:08
買いました。

明日高校のバンドの練習がありますので、またリポートしますが、とりあえずこの頃はベース、ウクレレ、ギターなどなどの区別はあまりつけないようです。

一音出すと、例えばG,Eなどなどが出るのが多いみたいです。

私はお金持ちですし、購入時間があまりなかったのでG千のもの(当然下に置くタイプ)と楽器に付けるもの(F千弱)とを購入しました。
まあ、たかだか両方でC万ですから、捨てても良いですからね・・・・・!

どのみちフレットの上にしっかりとバーをおくことができないので、宝の持ち腐れかも!?(泣く)
Posted by たぬき at 2017年01月23日 22:47
たぬきさん

>多いみたいです

 なにを時代遅れみたいなことを言ってるんですか!

 それが普通の時代になっているのです(笑)。

 安いのでも、クロマチック、ギター、ベース、ウクレレのチューニングが選択できます。

>G千のもの

 どこのメーカーですか?まさか、私が候補にしているものではないでしょうね(教えないけど)。

>捨てても良い

 貰いに行きます。
Posted by Boo! at 2017年01月23日 23:28
えーとねえ。

KORGのPitchblack AdvanceとBOSS CHROMATIC TUNER TU-10です。
クロサワ楽器で薦められました。

どのみち正確にフレットに乗せられない(スチールの場合)けれど・・・(泣)

BOSSのほうはちょっと大きくてあまりお勧めではありません。
でも、ほら、お大臣だからお金を使ったのです。(少しでも日本経済が豊かになればと思って!)
Posted by たぬき at 2017年01月23日 23:44
KORGのPitchblackいいですね。私もライブの時使っています。私のはadvanceでなくchromaticですが。
チューニングをする時はスイッチを踏むと外に音が漏れずに音合わせができるのでいいですね。
それとACアダプターを使えば他のエフェクターに給電できるのでBossのDigitalReverbをつないでBossのDI-1からPAにつないでもらうとアンプを持っていく必要が無いので良く使いました。
Posted by paul okubo at 2017年01月24日 09:54
たぬきさん

>KORGのPitchblack Advance

 うーむ、まずいな。まさに私が次の候補として検討しているものです。
 たぬきさんと同じじゃいやだから、別の機種を探そうかな?

 スペックを見るとすごいですね。もっともそのすごさを自分の耳で聴き分けることは不可能でしょうけど。


>お金を使ったのです

 こんな程度で使ったと言われてもねえ・・・。例えば、まとめて100個、1000個購入したというならともかく、1,2個じゃ・・・。

 ま、そこが金持ち宗家といわれる私との違いでしょう。
Posted by Boo! at 2017年01月24日 23:43
paulさん

>スイッチを踏むと外に音が漏れず

 あ、そうか。スイッチはアンプへ送る音を切るためなんですね。

 それは便利そうです。

 しかしpaulさんはいろいろと持っていますね。
Posted by Boo! at 2017年01月24日 23:49
私のはIbanezのBigmini(変な名前!)です。
KorgのPitchblackとほぼ同じ機能ですが、バッテリー内蔵式ではなく外部電源専用です。
どっちみちほかにもエフェクターを使っていますからこれで十分、しかも普通のエフェクターの約半分のサイズですので持ち歩きにも便利です。
その上他社のモデルより1,000円以上安いのでビンボーな私にピッタリです。
Posted by MATT at 2017年01月26日 21:54
MATTさん

 チューナーは一台手にし始めると、次から次に買い足す傾向があるようですね(笑)。

 ギターにウクレレ、それぞれ何本も持っている知人がいますが、全部にチューナーを取り付けてます。「使う楽器だけに挟めばいいじゃない?」というと、それが面倒なのだそうです。
Posted by Boo! at 2017年01月26日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。