2017年03月11日

あれから6年・・・。

 ここ連日のように、新聞、TV、ラジオなどで東日本大震災関連の特集が組まれている。

 忘れたくても忘れられないあの大震災から、今日で丸6年だ。ついこの間起きたように思うけど、時の経つ速さには全く驚く。

 どんなに大きな出来事であっても、時間の経過と共に記憶が薄れ、風化していくものだけど、この大震災だけはまだまだ記憶が生々しい。と言うか、これからの教訓に生かすためにも、忘れてはならない。そこで少し回想してみたい。

 地震国日本に住んでいる我々にとって、地震は珍しいことではないし、何度も経験している。大きな地震も味わっている。だから変な慣れもあって、いつも「すぐに収まるさ」と甘い判断をしがちだ。

 6年前のあの日、私は仕事で外出していた。打ち合わせ中の午後2:46、突然足元から地鳴りのような振動を感じた。「?…」と思った瞬間、揺れが始まった。

 しかしこの時の揺れは、それまで経験したことのないような激しい揺れで、一瞬パニックになりそうだった。1964年に起きた新潟地震以来の恐怖感だったが、それ以上の恐ろしさだった。

 それでも心のどこかに「すぐ収まる」と楽観する気持ちがあった。だが揺れはいつまでも続いた。下から突き上げるし、横揺れも大きく、建物が歪むようだった。壁に掛かっていた額縁が外れかかり、斜めになった。窓ガラスが激しく鳴り、割れそうだった。

 動くに動けず、じっとして揺れの収まるのを待ったが、果てしなく続く揺れは収まる気配もない。4,5分も続いただろうか、やっと揺れが小さくなったので、一緒にいた仲間に「外に逃げよう」と声を掛け、スリッパのまま近くの窓から飛び出した。大変古い建物内にいたので、倒壊したら命はない。

 建物の前は広い駐車場だった。車と車の間を歩いて中心部まで避難した。その間も断続的に揺れは続いた。船に乗っているような大きくゆったりとした揺れで、立っていても体が左右に泳ぐ。揺れる度に駐車している車が一斉にギーギーと鳴り、タイヤもバウンドし、不気味だった。周囲を見回すと、住宅屋根のTVアンテナや電線が大きく揺れていた。

 やっと揺れが収まると、周辺の民家からバラバラと住人が出てきた。出るに出られなかったのだろう。そして我々のいる場所に集まった。皆顔がひきつっていた。口々に、「怖かった」「凄かったね」と言いながら、携帯で誰かに連絡を取っていた。当然、家族が心配だ。しかし私もそうだったけど、その時点で携帯は不通状態になっていた。益々心配が膨らむ。

 恐怖を覚えるような揺れだったので、「きっとこれが懸念されていた関東大震災の再来なのかも…」と思い、「もしそうであれば、今後何十年かは大地震に見舞われなくて済むなあ」などと、変な考えが頭をよぎった。
 
 所が、震源地は東北であることを知り、驚いた。「震源地が東北なのに、関東がこんなに揺れたとなると、東北の被害が心配だな」と、秋田の従兄の顔が浮かんだ。

 しかしそんな私の心配を遥かに超える災害になったことはご存知の通りだ。あれから6年、一向に進まない復旧復興、故郷に帰れない地域の方々の心境はいかばかりかと心が痛む。

 なんの解決策も見いだせない原発事故、より大きい津波に対応しようと景観を台無しにする高い防潮堤、まだ生活環境に不備があるのに帰還を急がせる行政…。根本的な難問解決まで、まだまだ時間がかかりそうだ。

 皆さんもそれぞれの思いをお持ちでしょう。
posted by Boo! at 22:42| 東京 ☀| Comment(20) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BOOさん
戸建ての2階の居間の炬燵でお昼寝してました。
真横に食器棚・・・ガタガタと大揺れ。
ワイングラスが開いた扉から落ちてきて破損。
へっぴりごしで隣の洋間に・・・しっかりしたテーブルの下に入って脚につかまり揺れるのを待ちましたね。
洋間の三方向、ガラス戸だったのでこの振動のすごさ。
この時間の長かったこと。家内は1階にいたようで下から大きな地震だと。
冗談じゃない、戸建ての2階の揺れは格段だった。
BOOさんの読みながらあの時の恐怖がよみがえりましたよ。
ウクレレ教室順調に推移してめでたく4月から
ジンジャー ウクレレクラブとして発足決定。
Posted by あたごウクレレ at 2017年03月12日 21:49
あたごウクレレさん

>時間の長かったこと。家内は1階にいたようで

 本当に長かったですね。普通1,2分で収まることがほとんどですから、異常でした。

 二階の方が揺れるのですが、しかし、もしぺちゃんこになったら1階は押しつぶされますから、上に逃げるか、機を見て外に出るかですね。

 高層ビルの揺れ方なんか映像で観ると数メートルくらい振られていました。階上にいた方は生きた心地がしなかったでしょう。

 仕事は途中で切り上げて帰宅を急いだのですが、停電で信号機が制御不能、大渋滞の中を通常の10倍近くも時間をかけて無事帰ることができました。普段心臓の強い妻もさすがに恐ろしかったらしく、あたごさん同様、テーブルの下にもぐっていたそうです。


>ジンジャー ウクレレクラブ

 それはおめでとうございます。やはり指導者がいいからでしょう。さらに成長・進化を期待します。
Posted by Boo! at 2017年03月12日 22:56
災害後わずか一週間でハワイのTシャツメーカーが共同で「日本支援」のTシャツを作成してくれました。
http://blog.goo.ne.jp/goomatt/e/50fa60ca55fbc6a49060d7d5bc8d8eb0
ハワイにしては異常なほどの素早さで、普段からこういった支援を手がけている市民たちの気持ちが大変ありがたかったです。

あたごさん、「My Yellow Ginger Lei」はウクレレ教室のテーマ曲なのでしょうか。
この曲は有名な女性歌手カレン・ケアヴェハワイのお父さんの作品です。
Posted by MATT at 2017年03月13日 16:52
あの時は、父が肺炎で入院後、退院して3週目だったかな?。
停電のためファンヒーターは止まり、暖房が取れなかった。
父を暖めるため、幸い水道とプロパンガスだったので湯を沸かし、ペットボトル数本に湯を入れて暖めたことを思い出します。
Posted by 阿羅漢 at 2017年03月13日 21:27
ちょうど治療中で○とお○をやっていました。

すぐに抜いてベッドに座っていただいてなんとかなりました。


Posted by たぬき at 2017年03月13日 22:29
MATTさん

>支援

 大惨事が起きたときは国際的な支援が必要ですから、普段から世界の国と良好な関係を維持しておく必要がありますね。どこかの国のように、世界中を敵に回すようではね・・・。

 日本も昔はその認識が薄かったように思いますが、阪神大震災以降は随分意識が変わり、国際的援助に積極的になったと感じます。特に民間人による援助が大きいですね。

>My Yellow Ginger Lei

 この曲はP.アルメイダの歌しか知りませんでしたが、MATTさんからいただいた資料によっていろんな方が唄っていることが分かりました。


 プアの前はJoe Keaweが有名だったのでしょうか?
 もう一人、Genoa Keaweがいますが、この人とJoe Keaweの関係はどうなっていましたっけ?

 二人とも味がありますが、最近ではCharles Kaipoが好きです。
Posted by Boo! at 2017年03月14日 00:05
阿羅漢さん

色々なことが重なりましたね。体の弱い家族を抱えていたら大変です。それでやけ酒を飲むようになったんですね?違うって?

>停電のため

 震災の日だけでなく、その後は「計画停電」とか言って、1週間に何回か電気が止まりました。しかしよく考えると変な計画でした。

 その影響をもろに受けた知人がいます。その半年くらい前に家を大々的に改造し、思い切ってオール電化にしました。「家の中が汚れないし、快適だぞ。お前もオール電化にしろ」と、えらく自慢していました。

 しかし震災による停電で、なにからなにまで使えなくなり、ほとほと参ったようです。

 ガスや石油ファンヒーターにしろ、点火は電気ですから使えません。我が家も暖房が使えず、寒い思いをしました。
 女房は「食事を作らなくて済む」と、喜んでいた節もありました。仕方なく、外食を続けましたから。

Posted by Boo! at 2017年03月14日 00:18
たぬきさん

>○とお○をやっていました。

 なんとなくいやらしいなあ!

>すぐに抜いて

 もっといやらしいなあ!

 
 同じことをきぃばつさんがいうと、まじめに捉え、「大変でしたねえ」となるのですが(笑)。
 やはり普段が普段ですから、変な方向に話が向きます。自業自得です。
Posted by Boo! at 2017年03月14日 00:22
Joe KeaweはフルネームでJosiah L. Keawemauhiliと言います。
一方、Genoa KeaweはGenoa Leilani Adolpho Keawe-Aiko (Adolphoは旧姓です)、そしてこの曲の作者John Keawehawaiiと娘のKaren Keawehawaiiの3ファミリーがいずれも「Keawe」と呼ばれているわけです。
日本で言えば北川さん、北村さん、北沢さんを「北さん」と呼ぶのと似ていますね。
藤澤さん、大久保さん、片桐さんが「名人」と呼ばれているのとも似ていますね!(誤解かも・・・)
Posted by MATT at 2017年03月14日 08:20
ハイ、Mattさま コミセンの体験講座が終わり館長さんから正式にクラブにと。教室の皆さんご賛同いただいて。さて、名前を・・・ブルメリアとかパパイヤ、リリア・・どこにもあるようで。皆さん Jinjar ukuleleが良いかなと。
そういえば日進ウクレレのジンジャーさんのギターもご機嫌なのであやかって命名。
譜面なくて皆様にお声かけたらさすがMattさま メール添付で。テーマ曲にさせていただきます。
Posted by あたごウクレレ at 2017年03月14日 21:13
あたごさん、それでしたら毎月開催しています浦和の「オハナ・ウクレレ・パーティー」に是非お越しください。
ジンジャーさんはその中心で活躍されていますので、共演されてはいかがでしょう。
Posted by MATT at 2017年03月15日 11:31
Mattさん
いつも精力的で素晴らしいですね。
機会をみて伺わせていただきますね。
仲間のNさんも昨年倒れて透析状態。
だんだんと高齢になるとですね。
Posted by あたごウクレレ at 2017年03月15日 15:18
MATTさん

>Genoa KeaweはGenoa Leilani Adolpho Keawe-Aiko

この正式な名前を示されると、gary aiko が genoa keaweの息子であると、やっと納得できました。
Posted by Boo! at 2017年03月15日 23:42
Gary Aikoが日系人と誤解されたかたがおられましたっけ。
Posted by MATT at 2017年03月16日 13:52
Jeff Au Hoiの先祖が中国から移民したときの姓がAuで名がHoiだったそうですが役人が「Au Hoi」全体が姓と思って登録したようです。

かれに「漢字でどう書くの?」と訊いたところ「Auは欧だけどHoiは知らない」という返事でした。
Posted by MATT at 2017年03月16日 14:00
MATTさん

>Aikoが日系人

 我利愛子さんでしょうか?
Posted by Boo! at 2017年03月16日 23:35
「下痢」という説もあります。
Posted by MATT at 2017年03月17日 15:36
MATTさん

 うーむ、これは阿羅漢さんレベルだなあ・・・(ヒドイという意味ね)。
Posted by Boo! at 2017年03月17日 21:31
おれも MATTさんと同じレベルになれた!。
素直に嬉しい!。
ん?。
Posted by 阿羅漢 at 2017年03月18日 06:16
阿羅漢さん

 ま、MATTさんと競うレベル。もう一人、たぬきさんが加わって、オフ会の「Low爺トリオ」。Lowはもちろん「低」の意味。低レベルな爺さんトリオです。ウクレレの「Low G」と間違わぬように。我ながらうまいなあ(笑)。
Posted by Boo! at 2017年03月18日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。