2017年03月18日

再生不能になる前に

 これまで何度も書きましたアナログのデジタル化変換作業が、取り敢えず一段落しました。
 
 オープンテープ、LPレコード、ビデオテープ等々、どれも数が多く、10年或いはそれ以上費やしたかもしれない。もっとも、時間のある時、気が向いた時にしか作業しなかったので、より時間がかかったとも言える。半年、一年くらい放置した時期もあった。

 一段落はしたけれど、これで全て完了とはならない。まだ8mmフィルムとカセットテープが手つかずだからだ。8mmフィルムはそんなに多くはないが、カセットテープは凄い数だ。

 8mmフィルムは映写機が必要だ。幸いまだ手元にあったので、スクリーンに写して、その映像をビデオカメラに収めることにした。これは以前、MATTさん(?)からのアドバイス、ヒントによるものだ。

 画質にはこだわらない。観られれば良い。ホコリをかぶった映写機を押入れの奥から取り出し、映写を試みた。所が、ライトは点いたものの、リールが回らない。モーターは動いていたので、テープのセッティングを間違えたかと思い、慎重に確認した。しかし、セッティングに問題はなかった。

 そこで、カバーを外し、中を点検した。するとリールに回転を伝えるべきゴムベルトが劣化して伸び切り、しかも触れるとボロボロと崩れそうで、脆い。テープを挟むキャプスタン(?)とローラーの間にも隙間が生じている。これではテープを送れない。

 ほとんど使ってなかったとは言え、40年以上も前の古い機種だ。メーカーはもう消えたし、部品調達は難しそうだ。直せる業者もいるかもしれないが、バカ高い修理費を請求される恐れもある。今更直した所で、1,2回使ったらおしまいだから、馬鹿らしい。

 となれば、ここは誰かに借りようと、親類や友人・知人達に「映写機を持ってないか?」と問い合わせてみた。いずれも「そんなもの!」と一笑に付されてしまった(笑)。

 諦めかけたが、8mmフィルムをDVDに変換してくれる業者があることを知った。近くの大型カメラ店に数本のテープを持参し、相談した。すると、全てのテープをつなげて1本のリールに巻いてしまえば、DVD一枚に収まりそうだと言う。その方が料金も安くなると言う親切なアドバイス。

 見積もり額は1万円前後。作業内容は、フィルムのゴミやカビ取り、傷んだ箇所の修正(可能であれば)、DVDタイトルやメモなども印刷してくれる。労力、出来上がり、映写機の調達などを考えると任せたほうが良い。依頼した。

 約一ヶ月待たされ、1月末に出来上がった。見積もり額よりも安い8,000円以下だった。

 何十年ぶりかで蘇った映像は、結婚式・披露宴、新婚旅行、親類達の集まり、あとは記憶にないような映像で、約50分間だった。観ていると気恥ずかしく、自分が自分でないようだった。

 しかし、両親や義父母の若いこと(双方ともまだ50代だ)には驚くし、当時幼児だった親類の子供達は、今やいいオッサン、オバサンになっている。今度集まったら見せてやろう。

 これで、残されたアナログものはカセットテープのみとなった。

こちらは数は多いものの、LPレコードやCDとダブるものがあり、全部デジタル化する必要はない。取捨選択しながら、どうしても残したいものだけにしよう。

 再生用のカセットデッキはまだまだ問題ない。それどころか、今聴いても素晴らしい音質だ。幻のメーカーになってしまった「Nakamichi」製だが、これだけの技術を持ったメーカーでも、生き残ることは大変だったということだろうか?恐らく、デジタル製品への技術移行が立ち遅れたのではと推察する。

 問題ないといっても30年前の製品だ。いつ故障してもおかしくない。実際、ネット検索すると同じ製品が「とうとう壊れた」「寿命らしい」の投稿が多い。それでもさすが「Nakamichi」だ。ジャンクとしてオークションに出されたのに、びっくりするような値がついている(笑)。

 正常に動いている内に、なんとか終わらせたい。そして「完動品」として出品しよう。ひょっとしたら購入したときと変わらない価格で売れたりして・・・?
posted by Boo! at 22:20| 東京 ☀| Comment(2) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BOOさん
16ミリ見事にDVDに。私も昭和48年札幌転勤時にシングルエイト買いまして沢山撮影。フイルム何処かにあるはず。
DVDにと考えてました。8000円程度でしたら良いですね。出てきたら近くのカメラのキタムラで相談してみます。
54年には、ビデオも購入、当時のソニーのカメラで撮影、これも沢山あったが殆ど処分。これもDVDに変換できるようですね。
Posted by あたごウクレレ at 2017年03月19日 06:54
あたごウクレレさん

>8000円程度

 少し安くしてくれたのかもしれません。1リールごとに一枚のDVDに焼くと高くつくらしいので、できるだけ何本かのリールをひとまとめにして、DVD枚数を抑えるようにしたほうが良いようです。

 リールの数やその大きさで大体の時間が計れるので、一度持ち込んで相談すれば何枚のDVDで収まるか教えてくれるでしょう。

8mmフィルムはカビが心配です。映写するときに、どうしても指で直接フィルムに触れるからです。残したいのであれば、なるべく早いうちに変換したほうがいいと思います。
Posted by Boo! at 2017年03月19日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。