2017年03月25日

桜と映画

 東京は先日、「桜の開花宣言」しましたね。私はいつ桜が咲こうが、「どうでもいいじゃん」とは思っている。「見れば分かる」だ(笑)。

 とは言え、宣言されれば気になる。自宅近くの川沿いにある桜を見に行った。ここは地元人間だけでなく、知る人ぞ知る素晴らしい桜並木が2km以上続く。

 下流から上流に向かって車を走らせた。が、期待に反してまるで咲いておらず、固いツボミばかりだ。「何が開花だ」とガッカリした。そう言えば、いつも走る公園の桜もまだまだだし…。ここは東京ではないにしても、ちょっと歩けば東京に入るほど近い。たぬきさんは都内だけど、都内らしくない非文化的地域だ(笑)。むしろ私の場所こそ東京らしい文化圏だ。だから東京が開花宣言すれば、ここも同じく開花するべきだ(笑)。

 所が上流に行くほど、桜の花がちらほらと目に入ってきた。木によっては満開みたいで、綺麗だ。同じ桜並木で、このように咲き方が異なるのは何故だろう?木の種類が違うのか、それとも場所によって気温差があるのか…よく分からん。

 恐らく来週に入ってから見頃を迎えるのだろう。来月早々、高校時代の仲間と観桜会なるものをやるけど、丁度良いかもしれない。もっとも、連中は「花より酒」だけど…。

 その高校時代の仲間の一人が映画を制作した。しかも劇場や映画館で公開されたということで、驚いた。名前を出すと、色々とバレそうなので出しませんが(笑)。

 しかし公開は既に終わってしまったので、残念ながらもう観ることが出来ない。と、あきらめかけたら、仲間の一人の音頭で、映画館を借り切って特別鑑賞しようとなった。

 賛同者を集めたら、50名近くになった。どんな映画館かは知らないが、「その映画一本のために我々に開放し、上映してくれるとは、随分太っ腹な経営者だな」と感謝した。

 所が音頭取りに話をきいたら、なんと映画館のオーナーが我々の仲間でもあることが判明。「道理で融通が利くわけだ」と納得した。

 学校を出て何十年も経つと、皆いろんな顔をもつようになり、面白い。

 肝心の映画は、一種のドキュメンタリー。様々な社会問題を鋭くえぐり、我々に突きつける。世界中を周り、沢山の人々に会い、話を聞き、カメラを回し、完成させた。なかなか良くできた映画だった。

 彼はプロの制作者ではない。本業は別にある。その方面では大成功したので、ほとんど自己資金で完成させたのだろうけど、相当に費やしたに違いない。

 元々多能の才に恵まれたマルチ人間だ。しかもどの分野であれ、一流を目指す。「一体、彼に能力の限界はあるのか?」と、呆れるほどだ。高校、大学、社会人…と、与えられた環境で常にトップを走り続けてきた。

 それでもまだやり足りないと思ったのか、映画にまで手を出した。次に目指すものは何か、凡人である我々仲間にとっては、まぶしい存在だ。

 違う意味で阿羅漢さんもまぶしい存在だなあ(笑)。

posted by Boo! at 00:49| 東京 ☀| Comment(12) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近所に江戸時代から桜で有名な飛○山があり、またソメイヨシノの発祥の○井○地があります。
来月4日に高校のバンド練習の後に花見をするよていです。
Posted by たぬき at 2017年03月25日 10:01
たぬきさん

>来月4日に

 お花見には絶好のチャンスかもしれません。

 ま、たぬきさんも我々仲間同様、「花より酒」でしょうけど・・・。

 花が咲いても、寒いと嫌ですね。明日はかなり冷え込む予報です。
Posted by Boo! at 2017年03月25日 23:55
?? 違う意味で阿羅漢さんもまぶしい存在だなあ(笑)。
何、ますます髪が後退したって?ほっといて。
Posted by 阿羅漢 at 2017年03月26日 05:43
阿羅漢さん

>ますます

 そういう解釈もあったか・・・なるほど。勉強になりました。

 て、それしかないだろう?
Posted by Boo! at 2017年03月26日 11:19
以前付き合いのあった会社から、仕事でお世話になった先生が米寿を迎えられたので、お祝いの花見の会の誘いがあり、行ってきました。会場は、有名な大久保彦左衛門の屋敷跡で、その庭園の桜を楽しむ予定でしたが、蕾が開花寸前で、楽しむまでには至りませんでした。皆さん残念がっていましたが、酒が入ってくると、それぞれ空想の桜が開花し、枝ぶりを愛で、花の色を愛で、散る花を惜しむ心まで話がはずみ、楽しい一時となりました。チョット早めの空想花見でした。
Posted by きぃばつ at 2017年03月27日 17:14
きい×さん
今日は、寒かったのに花見…先生の米寿のお祝いでは。腰大丈夫でしたか。

酒が入ってくると空想の桜が・・・きい×さんらしい素敵な表現ですね。
Posted by あたごウクレレ at 2017年03月27日 20:33
きぃばつさん

>大久保彦左衛門の屋敷

 するてえと、出た魚料理は一心太助の手によるものだな?・・・と、急に時代劇調になります(笑)。

 そのような場所で花見酒とはなかなか乙です。
 しかし場所ばかり良くても、たぬきさんみたいな酔っ払いが入ると台無しです。
Posted by Boo! at 2017年03月27日 22:12
あたごウクレレさん

>きい×さんらしい

 そうです、人は見かけによらないのです。

 たぬきさんと阿羅漢さんは、見かけ通り酔っ払いです。
Posted by Boo! at 2017年03月27日 22:14
角館と大潟村の桜並木。
皆さんで実に来てください、、、、!!!・。
絶景ですよ。
Posted by 阿羅漢 at 2017年03月28日 06:30
あたごウクレレさん
>腰大丈夫でしたか
何とか持ち堪えることができました。
ただ、杖を使っているのは私だけで、米寿の大先生は矍鑠としており、こちらの不養生が露で、チョット恥ずかしい気持ちでした。

Posted by きぃばつ at 2017年03月28日 19:43
きい×さん
人間 個人差あるものです。花見にご参加される姿に敬服です。5日には城址の桜もご案内できるかもです。
Posted by あたごウクレレ at 2017年03月28日 20:13
阿羅漢さん

>来てください

 角館は私の第二の故郷みたいなものですから、桜の見事さは承知しております。

 5月には昨年亡くなった従兄の一周忌があります。桜の見ごろとタイミングが合えばいいなあとは思っていますが、ちょっと遅いでしょうね?
Posted by Boo! at 2017年03月29日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。