2017年06月26日

見守り隊員?

 先月の夕食時、「ピンポン」とチャイムが鳴った。てっきり宅配便かと思い、インターフォン画面に目をやった。しかしそうではなく、自治会の方だった。

 自治会の方が訪れる用件は大体決まっている。回覧板を持ってきたか、ゴミ当番のお知らせ、あるいは、年会費の徴収か訃報の知らせがほとんどだ。何しろ高齢者が多いから、最近は訃報が多いけど(悲)。だが・・・。

 実はこの方、数か月前、私に次期自治会長の依頼に来た方だ。「あーでもない、こーでもない」と色々な言い訳を並べて、必死に回避した。その後、新会長が決まったと聞いたので、ホッとしたものだ。

 だから今回の用件は別のことだなと察した。

 「最近世の中が物騒になり、この地域内でもここ1,2年の間、数件のお宅が空き巣に入られています。中には2回も入られたお宅もあります」

 これは承知している。一度近くの駐在所からお巡りさんがやってきて、次のような注意喚起してくれた。

 外出するときは必ずカギを閉める、雨戸も閉める、できるだけカギは二重に、ガラスの内側に防護フィルムを貼るとよい、などだった。


 「子供が事件に巻き込まれる事例も増えています」「確かに・・・」「そこで、当自治会有志で子供を見守ることにしました」「ほー、それはそれは」と感心してみせた。

 「自分には関係ない」と、この時点では他人事のように話を聞いていた。

 「で、今月の頭から数人で始めました」

 そう云われて見れば、十字路やT字路の交差点に緑色のジャケットを着たオッサンが立ち、通過する小学生を見送っていた。

 「まだ人数が足りないので、**さんにも是非ご協力をお願いしたいのです」と来た。

 「ん、まずいなあ」と思ったけど、会長依頼を断ったいきさつがある。「会長以外なら…」と、他の役目は引き受けるようなことも、言ったような、言わなかったような…。

 「えーい、仕方ない」と腹を決めた。

 「分かりました。但し、どうしてもできない日もあるかもしれません。それでもよろしいですか?」と確認すると、「勿論です」と、ホッとした表情を見せた。

 そして先日朝7時45分から、初めて往来に立ち、子供たちを見送った。一列になってゾロゾロ歩く子供に向かって、「おはよう」と声を掛ける。すぐに「おはようございます」と返してくれる子もいれば、ソッポ向いて知らん顔するガキもいる。中には、先に挨拶してくれる子もいて、そういう子は可愛い。「きっと親のしつけがいいのだな」と思ってしまう。

 勉強だけできたって、基本的な挨拶もできないのでは、何をか言わんやだ。

 時々ご近所の方も通り過ぎる。「ご苦労様です」と挨拶されると、何だか気はずかしい(笑)。

 暫くの間、子供見守り隊員としての活動が続きそうです。2週間交代ですけどね。
posted by Boo! at 22:42| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BOOさん
見守り隊 ご苦労様です。
E.I会のベースの石川さんも会長で旗振り隊やっているとのことです。
Posted by あたごウクレレ at 2017年06月27日 06:15
あたごウクレレさん

>石川さん

 向いているかもしれません。フットワークが軽そうですし、人の世話も好きそうです。

 私はどちらもだめです。面倒くさいからです(笑)。
Posted by Boo! at 2017年06月27日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。