2017年07月19日

やっと…

 梅雨明け宣言しましたね。とっくに明けてたような気がしないでもない。

 昔、梅雨が明けると「さあ、これから暑い日が続くぞ」と、真夏への心構えが生まれたものだけど、最近は梅雨明けする前から連日の猛暑だから、心構えも何もあったもんじゃない。

 全国の天気図を見れば、沖縄から北海道までほとんど気温差がない。下手すると、北海道が一番暑かったりする。これじゃ、「ちょっと避暑に北海道へ」なんて言えない。その内、北海道から沖縄へ避暑に行く、なんて時代がくるかも?

 学生バンドの夏休みアルバイトで、新潟市内に1ヶ月間近く滞在したことがあった。地元では超有名なレストランで、格調高く、品のある店だった。しかし我々が行ったことで、その後一気に品が落ちたという噂が流れたらしい(笑)。

 新潟行きの話が来た時、世間知らずの我々は「新潟は雪国だから、東京より涼しいはず」と単純に思い込み、大喜びで引き受けた。

 あてがわれた宿舎は、恐ろしいほどのオンボロアパートだった。最高級レストランとはあまりにもかけ離れたギャップに失望した。今のたぬきさん宅や阿羅漢さん宅を連想して頂ければ分かりやすいかも(笑)。

 演奏は夜だから、昼間はアパートでゴロゴロする。所が部屋の暑さが尋常ではない。今時の断熱材なんて使ってないし、薄いベニアのような壁だ。太陽の灼熱をそのまま室内に取り込むようなものだ。しかも、クーラーなし。温度計は常に35〜38度を示していた。昼寝しようとしても、寝られたもんじゃない。もう地獄だった。すぐに音をあげ、昼間は海まで行って泳いだり、街中をうろうろして喫茶店に入り、涼んだりした。ともかく異常な暑さから逃げたかった。

 それでも、「新潟なんて、東京よりも暑いじゃねえか!」とボヤきながら、なんとか1ヶ月間しのいだ。

 充実した夏休みだったなあ…て、どこが?
posted by Boo! at 22:15| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

 今月は車の点検が続く。12ヶ月点検に車検、それにリコール修理だ。妻と2台使用しているから、仕方ないか…。

 リコール対象は私の車だ。メーカーからダイレクトメールで案内が届いた。「雨水が車内に侵入する恐れがあります」というもので、防水材が不適切な為らしい。

 しかし少なくとも私の車に限っては、これまでそのようなトラブルに見舞われたことはない。ディーラーの営業マンに確認すると、「当社ではまだ一件もありませんが、対象車になってますから、直したほうが良いと思います。無償ですし…」と言うので、先日預けた。

 12ヶ月点検の時期とも重なっていたので、同時に作業してもらった。エンジンオイルやフィルター交換は必ず依頼する。若い時は、これら作業は全部自分でやったものだ。嫌いでは無かったし、面倒でもなかった。しかし段々億劫になり、50才を過ぎた頃からは、お任せだ。

 妻の車は車検が間もなくだ。近場しか走らないから、走行距離は大したことない。タイヤ溝もまだ問題ないように見える。しかし、7年近く経過したせいか、側面の劣化が目立ち、いかにも疲弊している。

 タイヤの消耗は距離だけでなく、年数も考慮に入れる必要がある。乗らなくても、自然劣化は進むからだ。出費が嵩むけど、4本新品に交換することにした。

 安全には代えられない。
posted by Boo! at 21:52| 東京 ☀| Comment(4) | 音楽以外の関心ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

連勝と連敗

 将棋の藤井四段が遂に負けた。30連勝を達成するかと期待されたが、叶わなかった。
今や全国中から注目される存在になった藤井棋士だが、まだ14才というから驚く。史上最年少でプロ棋士になったことだけでも凄いことなのに、デビュー戦以来負け無しの29連勝。一体いつまで勝ち続けるのかに関心が移った。と同時に、藤井棋士に勝つのは誰なのかにも関心が高まり、国中が大騒ぎ、ある種社会現象化している。

 「29連勝達成」「30連勝ならず」、勝っても負けても、新聞の一面ニュースに載った。もしかすると我々は、歴史上稀に見る出来事に遭遇しているのかもしれない。

 14才であろうと、強い者が勝つ世界だ。天才ばかりが集まる世界でも突出した才能の持ち主なのだろう。今や、先輩棋士たちが14才に挑戦するかのような図式だ。

 これから再び連勝が始まるのか、それとも人並みに「壁」にぶち当たるのか、見守りたい。

 藤井棋士の快挙に比べ、巨人軍のふがいなさはどうだろう。付ける薬がないほど重症だ。首脳陣そう取っ替えしてリセットでもしなければ駄目な所まで追い詰められている。

 野球に限らず、チーム力を競うゲームは監督の指導、采配に大きく左右されると思う。
 
 いっそのこと、藤井棋士に作戦を教えて貰うがいい(嘆きの巨人ファンより)。
posted by Boo! at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

はや、7月!

 今年もいよいよ後半に突入です。「早すぎるぜ!」と言いたくなる。

 梅雨明けはまだでしょうが、梅雨らしくない。このまま明けてしまったら、夏の水不足が心配だ。

 7月はお中元のピークですね。以前ほどではないものの、何人かとはやり取りしている。しかし義理だけの付き合いはやめようと、数年前からスリム化を図っている。それにプラスして、毎年のように一人、二人が亡くなるので、自然減少が加速している。新規に増えること(増やすこと?)はないだろうから、あと何年かしたら限りなくゼロに近づくはずだ。

 贈ったり贈られたりは、楽しみでもあるけど、一方では面倒でもある。相手のあることだから、自分が良かれと思っても、相手は「有難迷惑」に思ってるかもしれない。お返しを経済的負担に感じる方もいるだろうし・・・。

 相手がやめたがっていれば、簡単に中止出来る。でもそんな態度は普通見せないから難しい。一つの判断材料として、お返しがある。それを期待して送るわけではないけど、もし2年続けて反応がなかったら、「もう送って欲しくないサイン」と判断し、やめることにしている。これまでにも2,3回実行した。それで別に関係が悪化したことはないから、相手もホッとしたかも?

 私はお中元やお歳暮よりも、季節ものが届くほうが、余程嬉しい。新米、果物、野菜、山菜…などが届くと、超嬉しい。私も、本当に贈りたい方だけには新茶を送っている。


 今月は2バンドからお呼びがかかっている。まるで売れっ子みたい?そんなことはありません(笑)。たまたま急病でメンバーの出演が難しくなり、私にお鉢が回ってきたものです。ベースはなんとか誤魔化せそうだけど、スチールギター依頼は困った。固辞したのだけど、押し切られた。先輩だから、断りにくいし…。

 私のレパートリーとは全く異なる曲が多いので、いかに出番を少なくするかに頭を捻っているところです。つまり、手抜きね(笑)。


 今回から文章を短くする方向です。これまでのダラダラとした長文をやめ、簡潔文章を心がけます。100字程度が理想ですが、これはちょっと難しい。400字以内に収まるように努力します(?)。

 でも、出来るかなあ。今回だって、すでに400字超えてしまったようです(笑)。
posted by Boo! at 22:02| 東京 ☀| Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

見守り隊員?

 先月の夕食時、「ピンポン」とチャイムが鳴った。てっきり宅配便かと思い、インターフォン画面に目をやった。しかしそうではなく、自治会の方だった。

 自治会の方が訪れる用件は大体決まっている。回覧板を持ってきたか、ゴミ当番のお知らせ、あるいは、年会費の徴収か訃報の知らせがほとんどだ。何しろ高齢者が多いから、最近は訃報が多いけど(悲)。だが・・・。

 実はこの方、数か月前、私に次期自治会長の依頼に来た方だ。「あーでもない、こーでもない」と色々な言い訳を並べて、必死に回避した。その後、新会長が決まったと聞いたので、ホッとしたものだ。

 だから今回の用件は別のことだなと察した。

 「最近世の中が物騒になり、この地域内でもここ1,2年の間、数件のお宅が空き巣に入られています。中には2回も入られたお宅もあります」

 これは承知している。一度近くの駐在所からお巡りさんがやってきて、次のような注意喚起してくれた。

 外出するときは必ずカギを閉める、雨戸も閉める、できるだけカギは二重に、ガラスの内側に防護フィルムを貼るとよい、などだった。


 「子供が事件に巻き込まれる事例も増えています」「確かに・・・」「そこで、当自治会有志で子供を見守ることにしました」「ほー、それはそれは」と感心してみせた。

 「自分には関係ない」と、この時点では他人事のように話を聞いていた。

 「で、今月の頭から数人で始めました」

 そう云われて見れば、十字路やT字路の交差点に緑色のジャケットを着たオッサンが立ち、通過する小学生を見送っていた。

 「まだ人数が足りないので、**さんにも是非ご協力をお願いしたいのです」と来た。

 「ん、まずいなあ」と思ったけど、会長依頼を断ったいきさつがある。「会長以外なら…」と、他の役目は引き受けるようなことも、言ったような、言わなかったような…。

 「えーい、仕方ない」と腹を決めた。

 「分かりました。但し、どうしてもできない日もあるかもしれません。それでもよろしいですか?」と確認すると、「勿論です」と、ホッとした表情を見せた。

 そして先日朝7時45分から、初めて往来に立ち、子供たちを見送った。一列になってゾロゾロ歩く子供に向かって、「おはよう」と声を掛ける。すぐに「おはようございます」と返してくれる子もいれば、ソッポ向いて知らん顔するガキもいる。中には、先に挨拶してくれる子もいて、そういう子は可愛い。「きっと親のしつけがいいのだな」と思ってしまう。

 勉強だけできたって、基本的な挨拶もできないのでは、何をか言わんやだ。

 時々ご近所の方も通り過ぎる。「ご苦労様です」と挨拶されると、何だか気はずかしい(笑)。

 暫くの間、子供見守り隊員としての活動が続きそうです。2週間交代ですけどね。
posted by Boo! at 22:42| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

便利グッズ!

 リフォームもやっと終わり、今週月曜日に足場が外された。約3週間だったから、結構長かった。幸いにもお天気には恵まれ、雨で中止になったのは1日だけだった。

 大手不動産会社の営業マンを通して依頼したこともあったかもしれないが、大変丁寧な仕事ぶりで、安心して任せることができた。

 足場を組む時に、作業に邪魔になりそうなものは片づけられ、庭の隅にまとめられた。植木鉢はもちろん、交換用タイヤ、園芸用品などだ。ほかにもBSアンテナが取り外されてしまったので、BS放送が観れなくなった。と言っても全テレビではない。

 我が家はケーブルテレビ会社と契約している。普通はアンテナに分配器を付けて、台数分に配線してやれば、屋内のテレビすべて視聴できる。ところが、ケーブルTVの場合は、基本契約が一台分となっている。2台以上になると、専用の端末を追加契約する必要があるのだ。3台だったら、端末2台追加することになる。勿論無料ではない。月額一台約1,000円プラスされる。毎月だから、3台、4台となると支払いが膨らむ。ま、私はリッチだから、10台増えようが気にならないけど(?)、それよりもこのような金のとり方には納得できないのだ。普通のアンテナのように、分配器から配線できるようにすればいいものを、わざわざ専用端末などを使わせて、余計な金を取ろうとする姿勢が気に食わない。

 そこでケーブル視聴は基本契約の一台のみにして、ほかのテレビはBSアンテナを取り付けて観れるようにした。本当はもっと賢いやり方があるのだけど、家を建て替えたときに、テレビ配線を変な風にしてしまったので、それができない。説明をすると長くなるので省きますが(笑)。

 そのBSアンテナが外されてしまったので、まったく映らなくなった(地デジだけは全テレビ視聴可能)。工事中はしかたない、あきらめた。しかし妻は、楽しみにしている衛星番組放送を録画できないことがご不満だったようだ。

 工事が終わったので、取り付けることにした。ところが15,6年も雨風に耐えてきたアンテナだ。調節ネジやボルト、ポールなどが腐食して、いかにも寿命だ。「この際だ」と思い、新しく買い直すことにした。

bsアンテナ.jpg

 屋根に取り付ける家が多いけど、私には景観上それが見苦しく見え、絶対避けたい。人目から出来るだけ見えないことが一番よい。となると、道路から見えにくい場所にあるベランダだ。手すりにつけるか、手すりの格子部分に取り付けるかになる。それには専用の金具が必要になる。強風にも耐えられる取り付け金具はないものか、ネットで探した。いくつか候補があったが、寸法を確認すると、我が家のベランダには無理だった。むしろ我が家がふつうのサイズから外れて、大きいことが原因だ。

 それでもネット検索をしたら、「これなら」というものを見つけ、購入した。中国製なのだけど、ものすごく重くて頑丈なつくり。普通は手すり幅20センチまで対応するものがほとんどだ。しかし我が家は22センチ幅の手すりだ。見つけたものは30センチまで取り付け可能とあったから、即決めた。

金具.jpg

 だが甘かった。幅は十分に余裕があったが、我が家のベランダ手すりには余計な部品がつけられ(デザインで)、それが邪魔してどうしても取り付けることができない(悲)。「無駄な買い物をしたか・・・」と臍をかむ思い。だが、「ベランダの床に置いたらどうだろう」と閃いた。試しに置いてみると、意外にも安定感がよい。ずっしりと重いこともあるし、横幅を変更できるので、限度30センチまで広げると、更に安定した。そして隅のほうにぴったり寄せて設置すれば、邪魔にはならないし、外からも全く隠れて、かえって都合がよい。念のためにブロックを両脇に置いて動かないようにしたらバッチリだ。びくともしない。手すり用金具をこのように使う方は他にいないかも(笑)。

 ネットで購入したアンテナを取り付け、衛星への向き、迎角を調整する。これがなかなか面倒だ。ピンポイントで合わせないと、まったく映らない。以前取り付けたときは、一階と二階を何度も往復しては、テレビ画面を確認した。1時間以上もかけてやっと最適ポイントを見つけた記憶がある。

 しかし今回は良い道具を見つけた。アンテナと一緒に購入したのだけど、電波チェッカーという代物だ。

チェッカー.jpg

 これをアンテナとテレビの間にはさんで接続してやる。アンテナを大体の方向にしておいて、チェッカーを見ながら、ゆっくりアンテナの向きを変えてやる。するとある向きまでくると、ランプが点滅し始めた。5つのランプが点灯すれば、最高受信レベルだ。更に回してやると、2つ、3つと点灯し、最適ポイントを探すことができた。たったの5分間程度のことだった。次に迎角を微調整した。迎角は地点によって角度が変わるから、正確を期すのは難しい。しかしチェッカーがあれば、いとも簡単に調節できる。

 「よしこれでよい」と自信満々で階下に降りた。見事、きれいに映っていた。

 もし台風などでアンテナの向きが変わって映らなくなっても、このチェッカーさえあれば簡単に直せる。マンションの場合は共聴アンテナでしょうから、このような手間は必要ないでしょうけど。自分でアンテナを設置したい場合は、必須の道具と言える。

 ネット社会だからこそ、このような道具を知った。便利になったものだ。
posted by Boo! at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする