2017年05月09日

残念!

 時々触れたことがありますが、都内に住む従兄が亡くなりました。享年80歳でした。昨年は秋田の従兄が亡くなったが二人はほぼ同年齢だ。しかも5月7日と8日、一日しか違わない命日となった。

 昨年の今頃だったか、従兄の連れ合いから、「最近、精神的に不安定で、言動、行動がおかしい」と知らされた。実は彼女から相談される大分前から、異変に気がついていた。ただそれはほんの僅かなことで、従兄をよく知る私だから小さな変化に気がついたと言える。多分彼女だっておかしいと感づいていたはずだ。

 しかし微妙なプライベート問題だし、こちらから余計な口出しして感情を害したくなかった。向こうから話してくるまでは触れないようにした。

 そしていよいよ追い詰められたのだろう、知らせてきた。話を聞くと、私が考えていた以上にひどい状況になっていて、愕然とした。認知症の範疇に入るのだけど、妄想が強く、連れ合いには特にきつく当たる。全く身に覚えのないことで責められる。高じてくると、暴力に近い振る舞いをする。その都度、近くの息子や娘の所に避難した。「あの物静かな人が・・・」と、信じられなかった。

 子供たちが一生懸命説得しても、「お前たちは母さんに騙されている」と言って、益々感情を高ぶらせたそうだ。こうなると、家族だけで何とかなるような問題ではない。

 その後、なだめすかし、従兄を病院に連れて行き、診断を仰いだ。結果は、なんとかいう難しい病名で、認知症の中でもたちの悪い症状が特徴らしい。連れ合いの身の安全を考えて、そのまま入院措置が取られた。ほぼ強制入院だ。

 3ヶ月入院したが、その間に受け入れ可能な介護施設を探し、退院と同時に施設に入った。かなり精神状態が落ち着いてきたものの、それは薬によって抑えられているからだった。もう自宅での世話は無理と判断したのだろう。8月のことだった。

 私は面会に行くつもりで、連れ合いに状態を確認した。しかしまだ会わせられる状態ではないと言われ、12月にやっと面会することができた。

 心の準備はしていたものの、変わり果てた従兄の姿を見るのは辛かった。言葉は発するが、ほとんど単語。何度も同じ言葉を繰り返す。会話にならないのだ。顔もほとんど無表情だった。

 昔の話でもして、ゆっくりするつもりだったが、いたたまれなくなり、予定よりも早く切り上げた。

 亡くなる10日ほど前、「5月の連休が過ぎたら、また面会に行こう」と算段していたら、今回の悲報。「連休前に行けば良かった」と悔やんだ。


 几帳面、生真面目な人だった。他人との会話は苦手だったけど、私に対しては饒舌だった。素の自分が出せたからだろう。

 連れ合いである彼女のことが大好きで、信頼もしていた。会社が大きく成長したのも、彼女の力が大きい。仲は良かったものの、そんな彼女の力に嫉妬していたのかなあ、それが妄想に繋がったのか、なんてことも考える。

 そうだったとしたら、「考え過ぎだったよ」と言いたい。

 沢山いたはずのいとこ達が次から次にいなくなり、寂しい。以前、旅館を借り切って50人近くで開いた「いとこ会」が今は懐かしい。

 今度の土・日が通夜、告別式だ。それはいいのだけど、告別式で親戚を代表して挨拶して欲しいと依頼されてしまった。私はばかばかしい挨拶は得意(?)だけど、堅苦しい挨拶はからっきしだめなのだ。このような依頼は断ってはいけないと思い、渋々承諾したけど、頭が痛いなあ。MATTさんやたぬきさんは得意そうだから、トラを頼もうかな(笑)。

 以上、誠に私的な話でしたが、記憶に留めるための私のメモ帳として書いたものです。ご容赦を。
posted by Boo! at 22:36| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

はや、5月!

 良い気候になりました。

 世の中はゴールデン・ウィークの真っ最中。中には9連休という方もいるのでしょう。私はほぼカレンダー通りだ。今日は休んだけど、明日は仕事。3,4,5日と連休が続き、6日が仕事だ。これだけ休めれば十分だ(笑)。

 昨日は、ずっと気にかかっていた観葉植物の植え替えをした。土の入れ替えだ。大鉢が3つ、中が5つ、小が7つ、これらをすべて一気にやってしまった。大変力がいるし、途中で嫌になったけど、「次にやろう」と下手に残すと、多分、再び放ったらかしになるから頑張った(笑)。

 中と小鉢はまだいいけど、大になると大変だ。重いし、鉢から引っこ抜くのに苦労する。庭まで移動させて作業したけど、腰が痛くなりそうだった。

 鉢そのものが重いこともある。陶器だからだ。見栄えが良いから選んだのだけど、めっきり力が無くなった現在の私では持て余してしまう。鉢から抜こうと力を入れるが、しっかり根付いているのか、歯が立たない。そこで乱暴な手段をとる。鉢を持ち上げ(重いからこれが大変)、思いっきり地面に叩きつける。ハンマーで叩いてみる。が、まったくだめだ。

 こうなるともう鉢を壊す覚悟で、大きなハンマーを用意し、カンカン叩いてやる。買ったときは結構な値段だったけど、もうどうでもよくなる。やっとひびが入り、そこに鉄の棒を差し込んでこじ開けた。すると根がはじけるように飛び出た。あと1,2年もしたら根の力で鉢が割れたかもしれない。

 もう大型陶器の鉢は使うまいと決め、新しくプラスチック製の鉢を用意した。やはりはるかに軽い。プラスチックといっても、最近のものはなかなか良くできていて、一見すると陶器にも見える。根を半分くらいまで切り詰め、新しい用土をいれて植え込んだ。こうして3つの大鉢を済ませ、残る中と小鉢をやり終えた。朝から夕方まで黙々と作業し、最後はぐったりだ(悲)。

 私はぐったりだけど、植え替えた植物は、気のせいか元気を取り戻したかのようで、葉がきりっとしたような気がした。ま、どの鉢も根が詰まりに詰まっていたから、かなり弱っていたに違いない。

 さて今月は、中旬頃からリフォーム工事が始まる。数年前から気にかかっていたが、やっと信頼できそうな業者が見つかり、依頼した。

 屋根と外壁塗装、ベランダにテラス増設、バスルーム全面改装、1,2階のトイレも全交換、傷んだ箇所の修繕などなど、大がかりな工事になりそうだ。

 下見に来た業者が写真を撮り、傷んだ箇所を示してくれた。普段は目の届かぬところだが、結構劣化が進んでいて驚いた。我が家は築17年だけど、「年数の割にはかなり良い状態です」と言ってくれた。しかしやはりリフォームする時期だなあと痛感させられた。

 大きな出費は頭が痛いけど、おそらくこれが最後の手入れとなるだろうからと、思い切った。

 3週間ほどの予定だが、工事完了後、どれだけ快適になるのか、楽しみでもある。

 
posted by Boo! at 22:51| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

悲しいねえ…。

 小学校の級友から、ひさしぶりに電話が来た。毎年集まるクラス会の件だろうと、すぐピンときた。

 昨年は5月だったから、間もなく1年になる。まるで万年幹事のように私が動くので、いつも誰かから「今年はいつやるの?」と問い合わせてくる。

 何年か前に、「幹事は皆で持ち回りでやらないと駄目だよ」と強く主張し、やっと交代するようになった。これで開放されると期待したが、なんのことはない。その後も、新しく決まった幹事の下働きみたいに手伝い続けている(悲)。

 一つには、長いこと私がアレンジしてきたので、「任せてしまえ」と、甘えているフシがある。ま、「できるうちはいいか」と半ば諦めている。

 電話に出ると、いつもの彼の口ぶりと違う。いきなり、「もう知ってるか?」と言う。「どうした?」「**が脳出血で倒れた」

 「えー!」とびっくりした。

 詳しく訊くと、何かの集まりの最中に倒れ、そのまま緊急入院した。手当は早かったものの、下半身不随の後遺症、言語障害も残ったとか。

 まだ入院中なのに、彼から電話があったそうだ。しかし、言語不明瞭で、彼と判明するまで、何回も聞き直したらしい。ちょっとショックだ。

 彼とは良い関係を保ってきた。私の実家近くに住んでいたこともあり、実家に寄る度に彼を呼び出し、喫茶店で話し込んだ。しかし、実家を整理してからは、行く用もなくなり、クラス会でしか会わなくなった。

 彼は若い時から体が弱く、会えば病気の話が多かった。結核、肺炎、腎臓、胃癌、数年前は脳に腫瘍ができたと言って、入院手術した。もしかすると、今回の症状に関係しているのだろうか…。

 まるで病気のデパートみたいな彼だけど、仕事はやめなかった。退院したらすぐに復帰を繰り返した。一度心配になり、「無理しない方がいいよ」と気遣った。「まだ家のローンが残ってるんだよ」と苦笑していた。

 そんな彼だが、無類の酒好きだ。すぐに酔っ払うくせに、盃を重ねる。最後はヘベレケになり、前後不覚に陥る。愛すべき人柄なので、「いつもしょうがねぇな」と呆れられながら、仲間たちに介抱される。

 前々回から、クラス会に出てこなくなった。体調が思わしくないからだ。今年も無理だろうし、これからも望めそうにない。

 これからこんな話が多くなるのだろうな。やはり会える時に会うべきだなあと、痛感させられた。

 近いうち、奥さんに様子を伺い、可能であればお見舞いしたい。
posted by Boo! at 22:21| 東京 ☀| Comment(8) | 健康・運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

備えましょう!

 昨年、WindowsOSが10にバージョンアップし、PC利用者にちょっとした混乱を引き起こした。

 何年かに一回はOSのアップがある。10の前は8、7、その前がVista、XP…だったかな。私は7を長く使った。長く使い続けるとそのOS操作に慣れてしまうので、余り頻繁にアップはしたくないものだ。

 しかし新しい10は、ほぼ強制的にアップされてしまうと聞いた。「そんなバカな!」と驚いた。それまでは、新しいOSにするとグレードアップ版でも結構な出費を強いられたから、「強引に金を取ろうとするとは、Microsoftもアコギなことするなあ」と、一瞬頭をよぎったものだ。

 しかしそうではなく、無償でアップされると分かって、「太っ腹なマイクロさん」と、評価をころっと変えた(笑)。しかも今後は、10を最終OSとして無償更新を繰り返していくそうだ。エライ!ただし、無償アップの有効期限があり、その間にインストールすることが条件だった。昨年7月末日までだったと記憶している。

 無償は歓迎するけど、こちらの意向に関係なく、ある日突然勝手に新OSをインストールされるのは不安だ。作業途中だったら問題が起きるかもしれないし、朝起動したら見慣れぬ画面に変わっていたら、動揺する。

 勿論、回避する方法があったが、最初はそんなことは知らない。やがて「インストールする準備ができました」というメッセージが、起動する度に表示されるようになった。

 毎度身構えながら起動するのは嫌なものだ。半分あきらめて放っておいた。するとまずやられたのが妻のPCだった。メールかなんかをやっていたのだろう。突然「キャー、なにこれ!」と、大声を発した(笑)。「なにも操作した覚えがない」と、おかんむりだった。

 そりやそうだ。7とはまるで異なる画面だ。しかも案じていたトラブルが生じ、その修復に私が四苦八苦。他2台のPCでも同じことが起きると困るので、ネットで、回避方法、ユーザーによるインストール方法を調べた。

 しかしその後、強制インストールから自由意志によるインストール方法に変更したのは、多くの抗議が寄せられたからだろう。

 お陰で残る2台のPCは、時間のある時にゆっくりインストールできた。特に一台は、無償期限が過ぎてからインストールしたが、これは期限内にインストール用USBメモリを作成しておいたから可能だった。

 さてこのWin10だが、公開してから最大のアップデイトが始まりました。「Widows10 Creators」と名付けられてます。今月10日前後からだから、すでに済ませた方もいるかもしれない。

 昨年のアップ同様、自動更新される。勿論、自動を避けて、自分で更新する方法も用意されている。

 しかし、自動にしろ、自分で更新するにしても、プログラムを更新することには、やはりリスクが伴うと考えた方が良い。システムファイルやデータのバックアップを取っておきましょう。「転ばぬ先の杖」だ。これと関係なく、たぬきさんや阿羅漢さんは間もなく杖が必要になる。

 日頃からバックアップは取るようにしている。特にデータは命だから、マメにとるようにしている。しかし、OSやアプリの入ったCドライブは、新しいOSにした時にバックアップして以来、そのままだ。

 そこで今回の大型アップデイトを前に、Cドライブまるごとのバックアップを取った。万が一不具合が生じても、元に戻せる。

 Win10には標準バックアップソフトが付属している。まずはこれを使って、外付けHDDにバックアップ。さらに念のために、フリーバックアップソフト(Easus ToDo Backup)を使ってバックアップした。もう2段構えだ(笑)。これでいつでも自動更新オーケーだ。

 不具合が生じなければこれらは無駄になるのだけど、ま、一種の保険と考えて、皆さんも備え怠りなく。
 
posted by Boo! at 22:32| 東京 ☁| Comment(2) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

拒否権発動か?

 仲間から、恒例飲み会の連絡がきた。

 年に1,2回のペースで集まる。長い付き合いだから、集まれば楽しいし、話も尽きない。上から下まで10才ほどの開きがあるが、年齢差は全く感じない。

 所が、2,3年前からこの集まりへの参加にためらいが出てきた。別に仲間が嫌になったわけではない。

 我々は、私を含めて5人のグループだ。今時珍しいと思うが、この5人の内、なんと4人が喫煙者、しかもヘビースモーカー。私一人だけ非喫煙者という構成だ。

 最近はどこの店に入っても、必ず禁煙席がある。タバコを吸わない者にとっては大変助かる。と言うか、むしろ喫煙者のほうが世の中の禁煙圧力に押しやられ、肩身の狭い思いをしているように見受ける。これはこれでちょっと気の毒に思う。

 飲み会だから、当然居酒屋に入る。かつて、酒とタバコがお決まりだった居酒屋でさえ、近年は分煙サービスに努めているから、時代が変わった。店に入ると、案内係が、「禁煙と喫煙、どちらをご希望ですか?」と訊いてくる。

 すると仲間の一人が当たり前のように、「喫煙!」と、でかい声で伝える。4:1と圧倒的に喫煙者が占めているから、強気なのだ。ま、私一人が頑強に反対しても、多勢に無勢だ(悲)。

 タバコを吸わない私に対して、多少なりとも配慮があれば、笑いながら、「いいよ。気にするな」とでも言うけど、一方的に決められると、カチンとくる。

 小さな部屋に通され、乾杯となる。すると4人が一斉にタバコを取り出し、吸い始める。狭い空間だから、あっという間に白い煙が充満する。少しでも煙を避けようと、隅の方に体を寄せるが、無駄な抵抗だ(悲)。煙だけでなく、その匂いも不快なこと、この上ない。

 こんな状況で飲む酒や食べ物が美味しいわけがない。

 何十年もの付き合いだから、良好な関係は維持したい。私一人が我慢すればよい、と受け流してきた。しかし一方では、我慢を続けることに、何か意味があるのだろうか、とも感じている。

 そこで今回の連絡で、「最近益々、タバコの煙や匂いに我慢できなくなっている。」「禁煙席にしろとも言えないから、4人でやれば?」と、返事した。

 すると折り返しメールで、「今まで気にせず、無遠慮に吸って申し訳なかった」とあったから、てっきり禁煙スペースにしてくれるのかと期待した。だがその後に、「出来るだけ、本数を減らす」と続き、ガッカリ。

 本数の問題じゃないのになあ。全然分かってない。

 私は、「吸うな」とは言わない。そこまで強硬ではないつもりだ。嗜好の問題だから、吸いたければ吸えば良い。但し、場所や周囲に配慮してもらいたいだけだ。吸いたくなったら、ちょっと席を外して、吸える場所に移動すればいいことだ。非喫煙者に与える不快感に比べれば、その位の面倒は当然と考える。

 その後のメールで、「連中に相談してみます」と書いてきたが、余り期待しない。

 仲間に非喫煙者に対する配慮が出来るようになったら、改めて参加したい。結局今回はパスすることにした。
 
posted by Boo! at 22:00| 東京 ☁| Comment(10) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

お悔やみ申し上げます。

 昨日、JGさんからメールが届いた。

 先月末にお母様がお亡くなりになったそうです。

 JGさんが介護を続けていたことは知っていた。当初、年に何度か、沖縄から都内に住むお母様の元に通い、世話をしていた。上京のタイミングがオフ会と合えば、積極的に参加され、達者なスチールギターやギター演奏を聴かせてくれた。

 しかし沖縄から通うのは余りにも遠く、大変だ。やがてお母様が弱ったこともあって、沖縄に連れ帰った。恐らくこの時期は、悩みが深かったに違いない。

 ブログで私の介護体験記を書いたことがあった。それが参考になったかは分からないけど、JGさんの介護ぶりは私のそれとは比較にならない。

 私の場合は、「一人で背負い込まない」「手抜きも必要」「利用できる公的サービスはフル活用する」をベースに介護した。ハナから、「出来ないものは、出来ない」と、腹を括っていた所があった。余計な口を入れてくる親類の意見には、「はい、はい」と適当に相槌を打ちながらも、完全無視した(笑)。「口だけで、助けてくれる訳じゃない」の思いがあった。

 介護を上手く乗り切るには、手抜きも必要と考える。これは、介護経験者でなければなかなか分かってもらえない。経験のない者は、理想論を振りかざす傾向があるように思う。現場を知らぬなんとやらだ。介護は綺麗ごとではない。

 その内、「施設に入りました」と連絡があった。私はなんとなくホッとした。施設に入ったことで、気持ちにも余裕が生まれただろうし、なにより精神的な安心感は大きい。

 そしてこの3月末、お亡くなりになった。亡くなる2週間前から、水、食事、それに点滴もできず、絶食状態だったとか。痰が絡んで窒息する恐れがあったからです。その間は、24時間体制で誰かしらが付き添い、さすがにキツかったようですが、最期を看取ることができたことは、なによりでした。

 JGさんから皆さんに、「落ち着きましたら、是非またオフ会に参加させてください」と書き添えてありました。

 JGさん、再会を楽しみにしてます。

posted by Boo! at 22:08| 東京 ☁| Comment(27) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする