2018年01月23日

大雪

 よく降りました。「大雪になる恐れがあります」と予報していたが、その通りになった。

 昨夜帰宅する頃にはかなり積もり、立ち往生した車をチラホラ見かけた。やはり上り坂や陸橋付近で多く、その為渋滞が発生しやすい。

 「大渋滞に巻き込まれたら、何時に帰れるか」と心配になり、出来るだけ幹線道路を避け、裏道、抜け道を探して車を走らせた。

 車の少ない裏道は却って雪深いのだけど、昨年末に冬用タイヤに交換したので、心強い。スイスイ走れた。

 だが自宅に着くと大変だった。車庫前が雪の「てんこ盛り」状態。しかし、冬用タイヤだから、そのまま突っ込んで入れようかと思ったけど、自宅でスリップしてぶつけたら洒落にならない(笑)。庭の奥からシャベルを持ち出し、車庫前周辺の雪かきをした。

 さすがにこの日は乗らなかったらしい妻の車は、まるでワンボックスカーのような姿になっていた。普通のセダンなのに、屋根に積もった雪が高くなっていたからだ。

 その後も雪は降り続き、時々部屋の窓を開けてはため息をついた。

 風呂を浴び、ベッドに入ろうとしたが、翌朝の状況がどうなるか気になり、様子を見るため外に出た。

 驚いた。帰宅した時に雪かきしたはずなのに、まるで元の状態に戻っていた。しかも雪はまだやまない。「このままだと、朝大変になるなあ」「今のうちに少しでも雪かきしておこう」と決断し、防寒着に着替え、雪かきグッズを用意し、再び外に出た。

 雪は踏み固められたり凍ってしまうと作業が何倍も大変になる。こんなことは雪国の人だったら常識でしょうが、都会人はその意識が薄い。

 しかし何年か前の大雪被害で学習したのか、遅い時間にもかかわらず、近隣住民の何人かが、既に雪かきをしていた。自宅向かいのご主人二人も出てきて、三人で周辺を一気に片付けた。以前、こんなことはまずなかった光景だ。

 こんなことで住民同士親しくなれるのなら、たまに大雪が降るのも悪くはないかも知れない(笑)。

「なにもこんな遅い時間に雪かきとはねえ」と笑い合いながら、黙々と作業を続けた。
 
 お陰で、今朝は楽に車を出すことができた。


 明日は更に強い大寒気に見舞われるそうです。当地もマイナス5,6度の予報が出ています。ここは北国か!
posted by Boo! at 21:47| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

暖旧交

 先日、高校時代の仲間有志が集まり、新年会兼飲み会をした。一人が馴染みとしている都内の和食店に10名以上集った。東京は勿論、神奈川、埼玉、千葉からも駆けつけてきた。顔を出くらいだから、皆元気だ。

 我々の高校は、東京の郊外にあった。環境抜群の場所で、それもそのはず、文教地区に指定されていた。下車駅から真っ直ぐ延びる広い道路が学校までの通学路だった。道路の広さは半端ではなく、誠に贅沢な作りだった。確か6車線だったが、両側にはグリーンベルト、歩行者専用道路があり、さらに桜並木が続いた。恐らく幅40m以上はあったのではないか?

 入学した年の4月、丁度桜満開とぶつかり、上から桜の花に包まれるような中を感激しながら歩いた。現在では花見の名所になっているらしい。駅から学校まで、約1kmほどの距離。普通に歩いて10分だった。途中、国立大学や他高校もあって、正に文教地区にふさわしかった。

 そんな恵まれた環境にあった我が高校は男子高。ヤンチャな連中が多く、黒い学ランをだらしなく着て、誇り高い(?)文教地区を闊歩した。

 文教地区とあって、色々と街の規制があったようだ。現在は知らないが、当時は出店にも規制がかかり、いわゆる遊興関連の出店は認められなかったと聞いた。「学生には必要ない」ということだったのか?それでも抜け道はあったようで、いつの間にか喫茶店ができたり、ビリヤード店ができたりした。近くには大学があったのだから、当然の流れと言える。

 だが高校生である我々は、そんな場所には出入りできない。校則手帳にも厳重注意事項の一つとして罰則が設けられていた。

 が、大人の世界を一刻も早く覗きたい連中がいて、中にはビリヤードに夢中になり、やがて学校に知られてしまった。退学とまではいかなかったものの、何日間の登校禁止処分を受けた。今じゃ、高校生はおろか、中学生までが繁華街をうろつき、カラオケ店やゲームセンターに入り浸っている現状からすると、なんて純情な時代だったろう(笑)。

 飲み会でそんな話題が出たら、「いやー、実は俺もバレたんだ」と白状する者が二人もいて、ビックリした。

 勉強ばかりする奴と思っていたが、意外な一面を知り、親近感を覚えた(笑)。
 
posted by Boo! at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

物置

 モノが増え続けると、やがて置き場所に困ることになる。押入れ、収納棚、家具の引き出しなどに取り敢えず置くことが多い。だが、この「取り敢えず」がくせ者で、その内、何をどこにしまったか分からなくなる。
すぐに探し出せないと、面倒になり、再び同じモノを買ってしまうことも珍しくない。それどころか、あることさえ忘れてしまう。こうして無駄なモノが増えていく(悲)。

 きちんと整理ができるか苦手かは、どうも持って生まれた性格的なもののような気がしてならない。私の母も得意とは言えなかった。そのくせ、「だらしない。片付けなさい」と口やかましく言われたから、反発して「お袋に似たんだ」と悪たれついた(笑)。 

 友人の中には整理魔みたいな奴がいる。思い出すと、彼らは子供時分から整理が得意だった。意識せずとも、自然に整理・整頓していた。いつ遊びに行っても部屋の中は整然としており、私の部屋とは雲泥の差だった。

 例えば、話し中に何かが必要になると、躊躇なく特定の場所から見つけ出す。だらしのない私は感心してしまう。そして、用が済むとさっさと先程出したモノをすぐ元の場所に戻す。「出したらすぐに元に戻す」が整頓のコツのようだ。私だったら、友人が帰るまでそのままだ。

 引き出しの中も綺麗に整理されていた。探しやすいように、分類も見事だった。「なるほど、このようにすれば良いのか」と感心、反省はするけど、肝心の実行力が伴わない(笑)。

 負け惜しみを言うと、余りにも整理の行き届いた部屋は、生活感に欠けると感じる。ちょうどモデルルームみたいなものだ。すっきりはしているけど、私などはすぐに落ち着かなくなる。だから、生活感を出すために、敢えて整理しない、とも言える・・・(笑)。

 室内をいくら散らかしても、外からは見えないから誤魔化せる。しかし、屋外に出している色々なモノは、道路からでも目に入る。掃除道具、園芸用の鉢、肥料や土の入った袋、脚立、それに夏冬交換タイヤなどなど・・・見苦しいとも言える。

 そこで物置を購入することにした。庭に出ていたモノが全て入る大きさだ。最初は「安いもので十分だ」と思っていた。しかし色々と見比べると、やはりちゃんとしたメーカー品はデザインが良いし、使い勝手にも優れている。妻も「これがいい」と気に入ったので、決めた。当初予算の倍以上になってしまった(悲)。

 たかが物置と言えど、阿羅漢さんの家より立派に見える(笑)。交換する?
posted by Boo! at 22:05| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

控えよ!

 年末から正月休みに入り、今日が仕事始めという方も多いかもしれません。長い休みに飽き飽きした方もいるでしょう。毎日あちらこちらの寺や神社に初詣という訳にもいかないですしね。私もその一人ですが・・・。
 
 しかし、時間を持て余すくらいのんびりと休むことも、時には必要なことかも知れない。人間(特に日本人)はせわしない動物だから、何もせずじっとすることは悪いことのように自分を追い詰めるきらいがないでもない。貧乏性と言う奴だろうか?

 でも何も考えず、「ボー」とすることだって大切だ。と言っても、阿羅漢さんやたぬきさんのように、生まれた瞬間から今日まで思考ゼロのまま生きてきた方もいる。赤ん坊が生まれる時は、「オギャー」と声を出す。しかしこのお二方は、「ボー」と発声しながら生まれたそうだから、筋金入りだ(笑)。

 よく釣り人が日がな一日、糸を垂らし、喰いつく魚を待つ。いつ引っかかるか分からないのに、飽きもせず、じっと目を凝らし、「浮き」の少しの変化も見逃さない。何時間であろうと、不動の姿勢で待つ。まるで仏像のようだ。釣りの興味などない私には、「よく退屈しないもんだ」と呆れる。

 玄人はだしの友人に、釣りの何が面白いのか、訊いたことがある。「釣れても、釣れなくとも良い。ひたすら待つ。これが無我の境地に至る。俗世界に浸りきったお前には分かるまい」と偉そうにホザいたので、「バカ言え。金と女ばかり追いかけるお前の言うことか!」と言ってやった。ま、人間、そう簡単に悟れるものではないはずだ。

 折角の正月休みだったから楽器の練習に励めたはずだが、そうは問屋が卸さない(笑)。むしろ、「いつでも出来る」とばかり、目の前の正月料理やお酒にウツツを抜かし、「飲もう」と友人から誘われれば、いそいそと出かけては何時間も居酒屋で盛り上がった。
 
 やっと、「いつまでも緩んでいてはマズい」と多少は反省し、二日前に今年初めてスチールギターの前に座った。
 
 バーとピックを出そうとしたが、いつもの場所に見当たらない。あちこちひっくり返したものの出てこない。どうやら年末の大掃除で妻が勝手に片付けたらしい。「楽器周辺は俺の聖地だ。勝手に動かすべからず」と、あれほど伝えたはずなのに…(涙)。呼ぼうにも、「今日はテニス」と出かけてしまっていない。それならと、練習から楽器手入れに方向転換した。 

 しばらく手入れしなかったスチールギターは、汚れまくっていた(悲)。心を入れ替え、ついでに弦も張り替え、ピカピカ(?)に磨いた。「ウーム、何と綺麗になったことか。清々しい」と、己の清掃技術に感心した。こんなに綺麗になっては、何だか触るのも惜しく、「汚さぬよう、練習を控え、今暫くはオブジェ代わりに飾っておこう」と変節した(笑)。

 と言っても、控えっ放しだったか…(恥)。
posted by Boo! at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

あけましておめでとうございます

 新しい年を迎えました。しかし、我々の世代になると、新しい年を迎える度に古くなります(悲)。嫌だねー!

 元日はまず寝坊からです。普段ゆっくり寝られないのですから、三が日くらいは良いでしょう。

 念入りに(?)顔を洗い、阿羅漢さんと違って豊富な髪の毛を整え、階下に降りた。既にテーブルの上には豪華な正月料理が用意されていた…と思いきや、「遅い!もうお腹が空いたよ。早く料理を並べて!」と命令され、冷蔵庫からせっせと取り出してテーブルに運んだ。

 「正月早々からこき使われるとは」と、早くも今年の行く末が見えてきた(悲)。

 料理が揃った所で「乾杯!」。妻の手に目をやると、グラスを持った右手を少し上に持ち上げている。しかし左手は前に差し出していた。「何だ、その左手は?」と聞くと、「おとしだまでーす!」と抜かした。

 「いい年をして、お年玉じゃネーだろ」と言いたかったが、ここで渡さないと地獄の2018年になるから、渋々100万円ほど渡した。ま、私にはハシタ金ですけどね(涙)。

 その後は近くの神社三か所で初詣。一つは凄く並んでいたが、他は大したことなかった。古い御札や御守りを返納し、新しいものを買った。

 全然信心深くない私だけど、子供時代からの習慣のせいか、これらを一応済ませてしまわないと落ち着かない。神社巡りの後は、駅近くのカフェでコーヒーと軽い食事を取った。

 夕方には義妹夫婦が来宅予定なので早々に戻る。酒盛りとなるでしょう。酔っぱらうと書けなくなるので、いま必死に書いている次第です(笑)。

 明日は、電車で一時間ほどの有名神社に4人で行くので、今夜は我が家に泊まるはずだ。

 皆さんもそれぞれの思いを持ちながらお正月を迎えられたことでしょう。何も考えない方もいるでしょうけど(笑)。

 何を求める訳ではありませんが、とにかく平和であって欲しい。地球全体が不穏な空気に覆われているようで、今一つ浮かれた正月気分になれません。

 さて、当ブログも12年目に入ります。最近は投稿ペースが落ちていますし、いつかペンを置く日が来るでしょう。自然消滅するのか、ある日突然やめてしまうのか、それともしぶとくあと3年5年続くのか分かりませんが、「書ける内が花」と自分に言い聞かせ、今しばらく続けてみます。駄文にお付き合いください。

 よい年にしましょうね。
posted by Boo! at 13:31| 東京 ☁| Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

御礼!

 今年も1年間お付き合い頂き、有難うございました。
 
 何とか書き続けることが出来ましたのも、ひとえに私一人の努力によるもので、決して阿羅漢さんやたぬきさんののお陰ではありません(笑)。

 一日も休まず書き続ける、週一或いは月一のペース、中には半年に1回と、人それぞれの書き方があるようです。私もかつては月に15~20本ほど書いた時期がありました。しかし段々ペースが落ち、今では5,6本がやっとの有様です。「書くことがなかったら、無理してまで書くまい」と、途中から考え方が変わったこともあります。

 ブログは一応日記の延長ということになってますが、「公開」して書くからには、やはりある程度の線引き、モラルなどが必要と考えます。余りにもプライバシーに踏み込んだ記事を見つけると、「無防備だなあ」と心配になるものです。

 私は「公開」と「非公開」を使い分けています。「非公開」はプライベートな内容に徹しており、自分だけが読む、ある意味本当の日記になっています。何かのトラブルで「公開記事」が消えても特に困りはしませんが、「非公開記事」は大切ですから、しっかりバックアップを取っています。一種忘れてはいけない大事なメモ記録にもなっているのです。

 ブログで気になるのは、以前にも書いた記憶がありますが、写真の掲載です。確かに見栄えが良くなるし、楽しくもなります。でも余計なお世話ですが、十分気を配って載せて欲しいと思ってしまいます。

 最近はスマホで撮った写真を載せることがほとんどでしょう。ぱっと撮ってぱっと載せることができますから、便利になりました。しかし待って欲しい。

 スマホにはGPS機能が当然のようについてます。撮った画像には、日付は勿論、場所まで特定できる情報が記録されることはご存知でしょう。確かにこれは便利で、旅行写真を整理する時などは重宝するものです。

 でも、誰でも閲覧できるブログに載せる場合は細心の注意が必要でしょう。特に自宅や友人・知人宅で撮った写真を載せる場合は、記録された情報(Exif)を削除してからにしましょう。スマホだけでなく、最近のデジカメも同様です。

 嬉しそうな家族写真をアップしたブログが目に入ると、「大丈夫かい!」と思ってしまいます。幸せなショットを沢山の人に見てほしい気持ちはわかるのですが・・・。やはり、関係者のみの閲覧にしたほうが無難だと考えます。

 悪知恵の働く奴は、ちょっとした情報からでも近づいてくるものです。神経質のようですが、このくらい注意して丁度良いのです。

 当ブログに写真が少ないのは、以上の理由でもあるのです。見せたいような写真がないことが一番か…(悲)。

 さて、一年を振り返り、「総括」でもしないといけないのですが、余計なアドバイスに終始してしまいました。ま、これも「総括」の一つです(笑)。

 来年はさらに細々とした記事になるでしょう。適当にお付き合いください。と同時に、来年こそはオフ会を実現したいものです。

 最後に、今年も沢山のコメントをいただきました。一つのコメントは記事10くらいに相当するもので、大きな力を貰いました。中には、私のパワーを盗み取る怪しからぬ者がいたようですけど・・・。

 では良い年をお迎えください。
posted by Boo! at 23:36| 東京 ☀| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする