2016年12月20日

悪夢の次は難題か?

 先日、外出しようと玄関を出たら、丁度通りかかったご近所の方と目が合ってしまい、お互い大きな声で「おはようございます」と挨拶した。

 このご主人、いつも奥さんを伴い、買い物や散歩をしている。時には二人手をつないで歩く姿もよく見かける。もう80歳を過ぎているが、実に仲が良い。たぬきさん夫婦とはえらい違いだ。たぬきさんが手を握ろうとすると、奥さんから「シッ、シッ」と追い払われる。

 これには理由があって、奥さんの一人歩きが難しくなっているからだ。おそらく股関節か膝の調子が良くないのだろう。そのため、ご主人が一生懸命支えているようだ。日によって調子が変わるようで、大体は杖をついて歩く。たまに調子が良いと、杖なしで歩いていることもある。それでもご主人が必ずついている。

 ご主人の偉いところは、できるだけ奥さんを外に連れ出そうと努めていることだ。歩きに支障があればどうしても家から出なくなりがちだ。そうすると、精神的に良くないし、下手すると認知症にもなりやすいかもしれない。また、筋肉が衰え、益々歩けなくなる。そうならないように、ご主人が懸命に支えている。奥さんもご主人に引っ張られれば頑張って歩こうとするだろう。

 ご主人はおしゃべり好きだ。しかし奥さんは口数が少なく、いつも我々の会話を聞きながらニコニコしている。会話と言っても、他愛のない話が多い。ところがこの日は違った。

 急にあらたまり、「所で、3,4分お時間がありますか?」と訊いてきた。「大丈夫ですよ。何か?」と問うと、「自治会の役員改選が来春にあります。役員は大体決まったのですが、会長がまだ決まりません。誰か適任者いませんかと頼まれ、私はすぐに**さん(私だ)を推挙しました。ほかの方たちも、それがいいと賛同してくれました」

 「ちょ、ちょ、ちょ・・・待ってください」と、もう思いっきり焦った。こちらの意思も確認せず、「それがいいとは何事だ」と、一方的な進め方に戸惑った。

 更に「いや、何とかお願いします」と懇願してくる。役員は何度か経験しており、それなりにやり方はわかっているので、それほどの負担はない。しかし、会長の忙しさは役員とは違って大変だとわかっていた。約250名で組織された自治会だ。そのため連絡事項が多く、平日、休日関係なく、頻繁に会合に出ていき、その内容を役員に知らせる。リポート作りだけでも大変だ。役員は仕事を持っていてもなんとかこなせるけど、会長は無理だ。そのため、定年退職した方が代々選ばれることが多かった。

 私はまだ仕事を続けている。到底無理なので、「仕事と一緒では難しいでしょう」とやんわり断ると、「はい、**さんが仕事をされているのは承知しています。ですから、できるだけ支障が出ないよう全員が協力するので、就いて欲しいというのがみんなの気持ちです」「そういわれてもなあ・・・」

 実に困った。そういえば、前回役員をしたとき、最後の会合で、当時の会長から「2,3年後は、**さんに会長が回るかもしれませんよ」と言われたことを思い出した。その時は冗談だと思い、受け流していた。まさか本当に回ってくるとは・・・。

 「とにかくまだ無理な状況です。リタイヤでもしたら検討するかもしれませんが、今回は何とかほかの方にお願いしてください」と必死に頼んだ。「**さんのお気持ちはみんなに伝えますが、もしそれでもお願いすることになったら考えてください」と言いながら、帰っていった。

 頭が痛いな。早く新しい会長を見つけてくれと祈るばかりだ。

 「チョウ」とつく役はいろいろある。会長もそうだけど、部長、班長、隊長、課長、級長・・・etc.
どれも私はなりたくないものだ。下手に責任を被せられることが嫌なのだ。逃げられないで、仕方なく引き受けたものもあったけど。

 しかし、一つだけ得意とする「チョウ」があった。それは「C調」「シー調」ね?

 難題を抱えているのに、バカなことを言ってる場合ではなかった。このような役目はMATTさんが得意だろうな。代わって欲しいものだ。
 
posted by Boo! at 23:43| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

悪夢は忘れたころに・・・?

 先月の雪には驚いた。まさか11月に降るとは思わなかったので、雪情報が出ていたにもかかわらず、冬用タイヤに替えなかった。

 幸い、ノーマルタイヤでも無事に運転できたけど、「これは早目に替えたほうがいいな」と思い立ち、近くのタイヤショップに寄った。どこでも良いのだけど、ここで購入したからだ。

 所が、応対した店員が申し訳なさそうに「年内は予約で埋まっていて、早くても来年1月中旬以降になります」と言うではないか。驚いた。考えることは誰しも同じで、11月の早い雪で慌てて申し込んだ者が一気に増えたようだ。

 恐らく他の店でも同じ状況だろうと諦め、帰途についた。途中ランニングのため公園に寄ることにした。駐車場近くまで来ると、なんとなくハンドルが重く感じる。ともかく駐車場に入り、車から降り、車体を眺めると、明らかに傾いている。「まさか…」と思いながらタイヤに目をやると、左側後輪がペシャンコになっていた(悲)。「さっきの店でパンクしてれば、修理してくれたのに」と恨めしかった。

 「こうなったら仕方ない。昔取った杵柄だ。タイヤの一つや二つ、なんとかなる」と自信に満ち溢れながら(?)工具を出し、スペアタイヤを用意した。

 まずナットを緩めようと、レンチを差し込み、回そうとした。非力な私だが、こういう時はバカ力を発揮する。渾身の力を込め、レンチに力を入れた。が、ビクともしない。両手でにぎり、全身に力を込める。もう「痔」になりそうだ。腹立ちまぎれに足をかけ、体重を乗せるように上から力を入れた。しかし、全く歯が立たない(涙)。

 「それにしても、なんでこんなに固く締めるんだ」と、取り付けた業者に憎しみを覚えた。大の男が交換できないほどナットを締められたら、パンクが怖くて遠出などできなくなる。マニュアルにも「締め付け過ぎないように」と、注意書きがあるほどだ。「もうあの店には頼まん」と思った。

 「さてどうしたものか…」と途方に暮れたが、JAF会員であることを思い出した。何十年も年会費を払い続けてきたが、数えるほどしか利用したことがない。バッテリー上がりが2回、エンジン故障1回あった程度だ。

 「こういう時のJAFだ」と携帯を取り、連絡した。長時間待たされるかと覚悟したが、40分ほどで駆け付けてくれた。

 プロ御用達の電動工具であっさりとナットを緩めた。そして手際よく交換した。「ちょっとキツかったようですね」と同情してくれた。会員だからとは言え、無料で済んだことは有難い。

 3日後、12ヶ月点検でディーラーに持ち込んだ。冬用タイヤ交換も一緒にやってくれるというのでちょっと早目に出したのだ。こんなことなら、最初からディーラーに頼めば良かった。

 しかし、パンクも久しぶりだったなあ。後でタイヤの溝を確認したら、釘ではなく、長ネジがしっかりと突き刺さっていた。来春ノーマルに戻すときは新品タイヤにすることにしたので、パンク修理は依頼しなかった。
posted by Boo! at 21:47| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

結婚、されど結婚!

 本日は我々夫婦の結婚記念日です。もう計算できないほどの年数が経ちました(悲)。しかし、女房というのはよく憶えているもので、「何回目だっけ?」と言おうものなら、「45回でしょう」とすぐ返ってくる。

 ま、よく続いたものだと感心する。全ては私一人の努力だ。艱難辛苦に堪えてきたからこそ、今がある。だから彼女には「感謝せよ」「おかずを1品増やせ」と言いたい所だ。しかし向こうも同じように思っているに違いない(笑)。

 結婚前の付き合いが約5年だから、結婚期間の45年を加えると50年、なんと半世紀も付き合ってきたことになる。元々は赤の他人だったのに、こうして長い年月を共に過ごしてきたことは不思議としか言いようがない。相性が良かったのか・・・?

 男同士でもそうだけど、相性の良し悪しは第一印象で決まることもあるし、何回か付き合っているうちに相手の良さが理解でき,付き合いが深まることもある。それも相性が良かったと言えるでしょう。これは理屈ではない。

 かつて、親の選んだ相手と結婚することが当たり前の時代があった。ひどい場合は有無も言わせず、強引に結婚させたケースもあったらしいから今じゃ考えられない。大体泣くのは女性だったでしょう。阿羅漢さんの奥さんなんて、最初「熊と結婚させられた」と日夜泣いたそうだ。

 それにしても、当人の知らぬうちに親と仲人だけの話し合いで決め、結婚式で初めて相手の顔を見るなんて、洒落にもならない。強い今の女性だったら、「ふざけんな!」とばかり、新郎を蹴飛ばして逃げ出すに違いない。

 でも、そのような結婚でも平和な家庭を築き、最後まで添い遂げる夫婦も存在したのだから、たまたま相性が良かったのかもしれない。逆に、熱愛の末に結婚しても、さっさと別れるカップルも多い。結婚というのは恋愛とは違うようだ。一時の勢いだけで結婚してもうまくいかないということだろうか?

 かつて、大学の後輩女子に驚いたことがある。「結婚します」と我々夫婦に招待状が届いた。喜んで出席の返事を出した。別の後輩からは「盛大な結婚披露宴になるようです」と聞いており、「派手好きな**ちゃんらしいや」と楽しみにした。

 所が、式の1週間前に「結婚やめました」と連絡がきた。驚いた我々は「えー!あと1週間だよ」「一体、どうしたの?」と問うた。「前から少し気になっていたのだけど、それがどんどん大きくなってきて、我慢できなくなった」「結婚すればなんとかなるかもと思ったけど、長い先のことを考えると・・・」と半分泣きながら事情を話した。

 聞けば、200名近くの方々に招待状を送ったそうだから、その事後処理には相当なエネルギーとお金を費やしただろうと思う。我々だって、あまりにもドタバタしたキャンセルで、くそ迷惑なやつだと呆れたくらいだ。

 それにしてもよく思い切ったことをしたもんだ。相手の心中を思うと同情したくなるが、しかし、一人だけが悪いということはない。二人でちゃんとした話し合いができなかったのだから、どっちもどっちだ。一番驚き、ショックを受けたのは双方の両親、仲人だろうし、相手である彼の会社での立場も微妙になったに違いない。

 だが考えてみると、結婚して離婚するよりも、結婚前に別れたほうがはるかに良い。周囲には迷惑をかけることになるけど、それはその時だけのことだ。一度しかない人生、多少の犠牲を払っても、自分で納得できる結論を出したほうがよい。

 その2年後、彼女は新しい相手を見つけ、無事結婚した。離婚ではなかったから、初婚になる(笑)。考え方も堅実に変わったか、60名程度の出席者に抑え、こじんまりと、ほのぼのとした好い披露宴になった。現在でも仲良くしているから、あの時の決断は彼女にとっては正解だったようだ。

 さて、5年後の我々は50周年を迎える。金婚式だ。一人だけ元気でもダメだから、なかなか大変な数字だと思う。両親は達成できなかったし、義父母も叶わなかった。その点、あたごウクレレさんご夫妻はすごい。仲の良いことはピカ一だ。金婚式はとっくに過ぎ、もうすぐダイヤモンド婚式を迎えるそうだ。つまり60年ということだ。すごいなあ。なに、まだそんなに経ってない?
posted by Boo! at 22:05| 東京 ☀| Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

おすすめ?

 昨日はヤボ用があり、都内まで出かけた。普段から都内まで出かけることは多いので、別に珍しくもない。ただ、都内と言っても都会のど真ん中、官公庁が集中する周辺だ。しかも昨日は日曜日、官公庁は一斉に休みとあって、普段とは様子が違う。いつになく新鮮な印象を受けた。

 地下鉄を降り、皇居のお堀端を歩き、お目当てのビルに向かう。警視庁、国会議事堂が目に入る。さらに外務省、財務省と続き、阿羅漢さんやたぬきさんにはお馴染みの地方裁判所が現れる。お二人は被告人という立場でよく出入りするのだ。門番も思わず敬礼するそうだ。悪い人間もそこまでビビらせれば大したものだ…どこが?

 本当に官公庁ばかりだ。ちょっと感激したのは、国会議事堂の姿だった。綺麗な街並みに映え、静かに美しく佇んでいた。存在感もある。この様に上品な建物の中で議論を繰り広げる国会議員たちは上品なのだろうか?議事堂に入る資格のない者が多いような気がする。

 紅葉はとっくに終わったはずだが、議事堂周辺の銀杏並木が美しい黄色に染まっていた。思わずデジカメならぬ、タブレットで撮った。

国会議事堂.jpg

 それにしても、この界隈の静けさはどうだろう。人通りはほとんどなく、10分歩いて2人しかすれ違わなかった。1人は外国人らしい男性のジョギング中だった。

 車の往来も平日に比べると極端に少ない。何だか日本ではないような錯覚さえ覚える。しかし、所々にパトカーや白バイが待機していて、目を光らせていた。場所が場所だから仕方ないが、これだけが無粋だ。

 突然サイレンが鳴り、1台の車を追跡した。これが2回あった。少しでも不審とみれば追いかけるようだ。阿羅漢さんだったら追いかけられっ放しだ。一緒でなくて良かった(笑)。

 やがて大きなビルに入った。30何階だから超高層ビルだ。会場に入ると、窓越に周辺ビル街の景色がパノラマで飛び込んできた。挨拶もそこそこに、窓まで寄り、見惚れた。東京は雑然としているようだけど、こうして上から眺めると捨てたものではない。機能的な美しさだ。先程見た議事堂が眼下にある。ここでもシャッターを押した。

議事堂周辺.jpg

 なまじ変な場所に行くよりも、たまに官公庁街を歩くのも悪くないなと思った。奥さんとご一緒も良し、浮気相手でも良し(いればですけどね)です。
posted by Boo! at 22:03| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

はや、12月!

 まさに「光陰矢のごとし」です。ついこの間新年を迎えたと思っていたのに・・・。

 一年を振り返ることは意味のあることなのでしょうが、私に限っては、無意味にダラダラとした一年を過ごしてきたので、敢えて避ける(笑)。

 最近気になることがある。それは高齢ドライバーによる事故報道のあり方だ。自分が高齢者の範疇に入るから余計に感じるのかもしれない。連日のように新聞やTVニュースで報道されるので、他人事ではない。

 しかしこれら報道は果たして公正なのだろうか?勿論事実に基づいて報道しているとは思うけど、こと更高齢者のみを取り上げている印象が強く、まるで高齢者ばかりが事故を起こすかのようだ。すると当然ながら世間は、「高齢ドライバーをなんとかしろ」となる。その論調は益々高くなっている。

 確かに、年を取れば体のあちこちが衰えるし、反射神経も鈍ることは否定しない。しかし、個人差というのがある。**歳になったからと言って、一斉におかしくなるなんてことはない。

 運転は、若いから事故を起こさない、年寄りは起こす、などと単純に論じることはできない。しかし報道は、「高齢ドライバー=危険」一色だ。私はこれを偏向報道と言いたい。具体的数字を示し、「なるほど」と思わせる報道をしてもらいたい。例えば、警察庁が公表している交通事故の統計がある。

 年度毎に、世代別の事故数をグラフ化している。それによれば、交通事故全体に占める割合の最も高い世代は20才前後の若者となっている。問題の高齢者世代はずっと下の位置だ(2011年度)。若者のほうが余程危険ということになる。だがこれをもって、「若者に運転させるな」の風潮にはならない。つい先日も、20代のドライバーが高速道路を逆走して事故を起こした。これがもし高齢者だったら「それ見たことか」と大きく報道したに違いない。不公平だ。逆走は高齢者の専売特許のようだが、そんなことはない。一瞬勘違いすることは誰にも起こりうる。むしろ、逆走を防止する手立てを考えたほうが良い。

 運転する者は、年齢に関係なく、誰もが危険と隣り合わせだ。それを自覚して運転するべきだ。高齢者ばかりに白い目を向けるのではなく、ドライバー全体の問題と捉えて欲しい。

 とは言うものの、私だっていつまでも運転しようとは考えてはいない。ちょっとでも自信が無くなったら、やめるつもりだ。今の所自信に溢れ、モタモタと前を走る車がいると「おらおら、邪魔だ」とばかりを煽りまくるし、信号が赤でも無視する。一般道路を平均100km、高速道路は150km以上で走ることを旨としている…オイオイ。
posted by Boo! at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

大雪

 いやいやいやいやいやいや、いや・・・・・・・・・・・しつっこい?まさかの大雪でした。

 「雪の予報」が出ていたとは言え、まだ11月です。普通は早くて12月下旬、下手すれば最近は1月過ぎにならないと降らない。予報はどうせ外れるか、降ってもパラパラ、大したことないだろうと舐めていた。

 ところが朝起きて、外を見たら小雪がちらついていた。積もるほどではなく、道路も濡れていた程度だった。まだ冬用タイヤに交換してなかったので心配したが、「この程度なら大丈夫だ」と安心した。

 所がその2時間後、出かけようと玄関を開けたら、本格的な降りになっていて、車の屋根、フロントガラスには数センチ程度の雪が積もっていた。道路はシャーベット状態だ。柄のついたブラシで車の雪を払った。「こんなに降るなら、昨日のうちにタイヤ交換するんだった」と後悔した。

 スリップして事故でも起こしたら最悪だから、慎重運転を心がけ、車を走らせた。しかしかなり湿った雪のせいか、道路はべちゃべちゃで、ノーマルタイヤには助かった。

 「暖冬だ」と騒ぎ、昔の冬の寒さを懐かしんだ(?)私としては、この大雪はまさかの出来事だ。11月の初雪としては54年ぶりというし、11月の積雪は観測史上初らしい。人間長く生きると、こういう珍しいことに遭遇する。そういえば、54年前というと、私が生まれた年だったような・・・?

 2年前の2月だったか、2週続けて大雪が降ったことがあった。記憶にもないほどよく積もったが、そのために雪による被害が多く出た。私の住む町周辺でも雪の重さで車庫の屋根がつぶれたお宅が多かった。我が家も屋根に設置している太陽光パネルに積もった雪が一気に滑り落ち、雨樋が一部破損した。パネル面はガラス状だから、滑りやすい。

 東北も大変だろうな。特に阿羅漢さんの家はすっかり雪で隠れてしまい、雪穴から出入りしているそうだ。クマでも出てきたかと、近隣の住民を驚かせているから迷惑な話だ。いっそのこと、そのまま冬眠すればいいのに・・・(笑)。
posted by Boo! at 22:39| 東京 ☀| Comment(7) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする