2017年02月07日

積ん読?

 現在の住まいに建て替えたのは2000年だった。丁度区切りの良い年なので、忘れない。

 建て替え前の住まいには、雑多な本や雑誌が部屋を占有していた。他にも、レコード、カセットテープ、CDなどが溢れかえっていた。全ての部屋がこんな状態では息が詰まる。妻には文句いわれるし…。

 だから、一つ部屋を決め、これらを置く専用にした。書斎と言えば聞こえは良いけど、物置みたいなものだ。その代わり気兼ねすることなく、次から次に新しい本やCDを置いた。
 
 その内、足の踏み場もない状態になった。棚に入り切らなくなった本などを床に置くからだ。色んなものを跨ぐように室内を移動した(悲)。

 なんとなく妻と建替えの話が持ち上がった。まだ築17年しか経ってなかったが、不満が多く、愛情の持てぬ家だった。一気に話が盛り上がり、あっという間に契約まで進んだ。

 工事期間中は仮住まいに移る。こういう機会は不用品大処分には絶好だ。折角新しくなる住まいに再び不用品を持ち込むことはない。一気に片づけるべく、腰を上げた。私は専ら本類の処分に没頭した。

 普通、一度読んだ本はそれでお役目終了だ。二回以上読むような本は稀に違いない。だから読み終わったらすぐに処分すれば、増えることはない。それができないのは、心のどこかに、本を捨てる後ろめたさみたいなものがあるからかもしれない。

 私に自慢できるのは、購入した本はほとんど目を通している事だ。面白くなくても、最後まで読むことにしている。途中までピンと来なくても、後半面白くなることもあるからだ。最後まで面白くなかった本は、躊躇うことなく捨てることができた。単に購入するだけでロクに読まない、所謂「積ん読」状態ではないから、少しは本も救われる(?)。

 整理を開始したものの、何を捨てるか迷う。一冊手に取って、パラパラとページをめくるとつい読み始めてしまう。ちっとも作業が進まない(笑)。

 しかし仮住まいに移る日が迫ってくると、迷ってなどいられない。本のタイトル、作者名から選別するようにした。何しろ一度は読んでいるから、なんとなく中身が想像できる。

 慣れてくると、ほぼ即断のように処分が進んだ。やがて、捨てることに快感を覚えるようになった。「どうしようか?」と迷うものは、躊躇わず、処分行きとなった。

 こうして1/3位にまで減らすことができた。

 新しい住まいには書斎を設け、たっぷりと収納できる本棚を作ってもらった。また階段踊り場の壁をくり抜いて、文庫本専用棚にした。約1,000册近く収納できる。

 新しい住まいに移って初めの2,3年は、スキスキ、ガラガラのゆとりある書斎だった。特に本棚は未使用の棚が目立つた。踊り場の壁も、半分は空いていた。

 最初は空間があることに満足した。だがやがて、その空間、すき間を埋めたくなる。新しい本を買い込み、読み終わると本棚に収める。読み終えてからだから、スローペースだ。でも、すき間が減るということは、それだけの本を読んだ証でもある。少しづつすき間が減ることが励みになり、10年を過ぎたあたりから、すっかりすき間が消えた。文庫本スペースにも入り切らなくなってしまった。フロアの隅に本が 置かれるようになり、部屋の空間を圧迫する。

 これでは昔の状態に逆戻りだ。

 暖かくなったら、2000年当時を思い出し、一気に整理処分しようと計画している。
posted by Boo! at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

はや、2月!

 お正月気分も大してないまま1月も過ぎ去り、2月に入りました。

 北陸や東北地方といった日本海側は大変な大雪に見舞われている。半端な積り方ではないようで、「雪国の方は大変だ」と気にかかる。秋田の従兄がまだ元気だったら、逐一雪の情報を知らせてくれたはずだ。

 主のいなくなった家には連れ合い一人が暮らしている。バカ広い家に一人では、益々孤独感が募るだろうなと、田舎も都会と同じように核家族化が進む現実を突き付けられる。周辺には親類が散らばっているけど、かつてのような濃い付き合いではないようだ。従兄のように人一倍マメで義理堅くないと、人も来なくなる。まるで何とかの切れ目みたいだ(悲)。毎日のように従兄と酒を酌み交わした、私と同い年のいとこも「全然行かねえ」と言う。「もっとも、未亡人しかいない家に男が一人ノコノコと行けねえけどよ」と言ったので、電話口で大笑いした。

 東京は昨年11月に初雪が降った。こんなに早い時期の雪は滅多にない。だから、この冬は雪が多いかもと心配した。しかし、その後はお天気続きで、気配もない。その代わり空気が乾燥し、インフルエンザ流行が心配だ。

 我家では、1階と2階に加湿器を置き、フル稼働させている。それでも50%付近を維持するのがやっとだ。電源Offにするとすぐに40%以下に落ちるから、加湿の効果はあるようだけど・・・。庭の土もカラカラに乾き、戸外に置いてある鉢物は水不足になりがちだ。先日タップリと水を与えたが、翌日にはもう表面が乾き始めた。

 2月になると頭の痛い作業が待っている。例の確定申告だ。16日から受付が始まる。ただし、還付金を受け取る方はもっと早くから申請できる。あたごウクレレさんなんか、先月に済ませてしまったそうだから、その素早さには驚いてしまう。

 人間、嫌なことはつい後回しにしがちだ。延ばし延ばし、いよいよ切羽詰まってから火事場のバカ力を発揮、一気に片付ける。これが私の昔からのパターンだ(笑)。学校の試験なんて一夜漬けが得意(?)だった。あたごウクレレさんを見習って、来年は早く取り掛かろうと反省するけど、提出してしまえばそんな反省はすぐに忘れてしまう(笑)。

 今月は久しぶりに昔の職場同僚3人と飲み会だ。おばさん3人組だが、当時はまだ結婚前の若い女性達だった。3年間ほど一緒だったが、いずれも寿退職した。彼女達が辞めて10年ほど過ぎた頃、一人から「久しぶりに集まりましょう」と電話がきた。以来毎年のように集まることになった。

 全員、娘さんという印象だったのに、やがて落ち着いた主婦に変わっていく。彼女達の家庭環境が変わるにつれ、話題も変わる。旦那中心から、子育て、進学、就職へと子供中心に移った。一段落すると再び旦那の話になった。昔はのろけていたものだが、最近は深刻な話が多くなっている。

 早期退職させられたがなかなか再就職できない、会社を辞めて独立したものの、経済的に苦しくなったとかだ。このような心配事がないのは一人だけだ。

 それでもなんとか乗り切り、皆、子供達の結婚まで頑張った。さあこれからはノンビリと夫婦二人の生活だと安心した矢先、一人は親の介護に直面することになる。介護に関しては私が先に体験したから、少しはアドバイスできた。しかし長い介護で、昨年やっと解放されたが、その疲れが出たらしく、今度は自分の体調を崩してしまった。やっと体調が戻ったので参加できるそうだ。

 もう一人はもっと深刻だ。大変仲の良い夫婦で、家族もよくまとまっていた。彼女は働き者で、旦那の失業中は一人朝から晩まで仕事を掛け持ちして家計を助けた。よく「うちの旦那はアッシーだから」と言って、会が終わり近くになると、「迎えにきて」と電話をかけた。車で1時間もかかるから、私だったら「ふざけるな」と無視する(笑)。しかし旦那はニコニコしながら迎えに来た。まんざら嫌ではなかったのかも知れない。だが最近、旦那の浮気が発覚し、離婚の危機に直面している。「あんなに仲良かったのに」と、私には信じられない。現在、裁判で係争中だ。

 何十年もの夫婦生活を送っても、壊れる時は簡単に壊れるのだなあと、いささか複雑な気持ちになっている。

 いつ壊れてもおかしくないはずの、たぬきさんや阿羅漢さんが壊れないのは不思議だ。となると逆に、絶対壊れっこない、ゆるぎないはずのあたごさんご夫婦がもしかすると危ないのかも・・・おいおい!

posted by Boo! at 22:15| 東京 ☀| Comment(10) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

WiFi中継器

 タブレットを使い出してから1年になった。当時、ガラケーからスマホに変えるか、迷っていた。メールと通話ができれば十分なので、ガラケーでなんの不都合もなかったからだ。ネットを観たければPCがある。またスマホの小さな画面でネットや映像を観ても目が疲れるからちょっと抵抗があった。

 それでもたまに、外出先でもネット検索したいことがある。路線や地図などだ。ノートPCを持ち運ぶのでは重いし…。

 そこでガラケーはそのままに、タブレットを購入した。見やすい8インチサイズにした。自宅で使うだけなら、WiFi機能があれば十分だ。しかし外出して、どこでも使いたいとなると、WiFiだけでは不満が出る。公衆無料WiFiや民間が提供する無料WiFiがあるけど、しかしスポットが限られる。なにより、セキュリティに不安がある。不特定多数と同じWiFiをシェアするのだから、用心するに越したことはない。私は避けている

 検討した結果、少し価格が上がるけど、SIMロックフリー対応の機種にした。今や多くの通信会社から格安のSIMカードが販売されている。カードの容量によって1ヶ月の利用料金が決まる。各社それほどの差はない。私が契約したのは、3台でシェアできるコースだ。つまり、タブレット2台(妻用もある)とノートPCで使えるように、8GBを3枚で分ける契約にした。合計なので、どのように使い分けても良い。8GBを越えなければいいのだ。しかし毎月余ってしまう。これで2,000円弱だからアホみたいに安い。ガラケー2台の利用料金と、この2,000円合計しても7,000円だ。キャリアのスマホ1台分にしかならない。

 最近すっかり操作になれた妻は料理、辞書、路線検索などに使いまくっている。特に料理は助かるようだ。毎日のことだから、「何を作ろうか?」と悩むことがある。そんな時にネットでレシピを探している。

 時々、素っ頓狂な声を上げる。「あ、ネットにつながらない」「途中で切れた」と文句を言うのだ。

 実は、自宅内で使っていると、時々こんな症状が出る。部屋によって電波状態が変わるからだ。ご存知のように(知らない?)、我豪邸は広い。余りにも広いので、部屋から部屋への移動は自転車を使うほどだ。

 無線ルーターは2階の書斎に設置している。だから2階であればどこの場所でも問題ない。しかし階下に降りると、部屋によっては電波状態が極端に悪くなる。そんな時はタブレットを持ち、電波を求めて部屋をウロウロする(笑)。

 なにか解決方法はあるのか、ネットで調べた。するとWiFi中継器なるものがあると知った。ルーターからの電波を中継器が受け取り、それを離れた場所まで届くようにする仕組みらしい。

 だが種類もあるし、いろいろなメーカーから出ている。価格もピンからキリまでだ。近くのPCショップや大型家電で下調べした。二つほど候補に上がった。我家のルーターはNEC製なので同じメーカーの方が安心感はある。しかし少々高い。

 さり気なく使いたいので、コンセントに差し込むタイプが望ましい。WiFiだけでなく、有線LANも使える二刀流が良い。すると大分絞られてきた。店頭では7,500円くらい、ネット購入で6,000円が相場と分かった。

 問題は、買ってはみたものの期待するほどではなかった場合だ。お金を捨てたと同じことになる。金持ちほど1円も粗末にしないものだ。ここがたぬきさんとは異なる点だ。

 同程度の機能、性能を持ち、もっと手頃なものがないか、探した。

 探せばあるもので、それまで聞いたこともないメーカーから出ている製品の評価が高い。私が知らないだけで、実は世界的なメーカーだそうだ。価格はなんとたったの2,900円。定価は6,000円ほどらしい。私の希望する機能全て備わっている。半値以下で買えるとは魅力的だ。期待外れだったとしても、あきらめがつく価格だ。

 決心し、購入した。

Tplink.jpg

 早速セッティング。といっても難しいことはない。正常であることを示すランプ点灯を確認し、タブレットを立ち上げた。1階で最も電波が届かない部屋のコンセントに中継器を差し込んだ。確かに改善はした。しかしバーが1本増えた程度で今ひとつ。次に、最も電波状態の良い部屋に中継器を移した。すると電波は最強になり、バーもフルマークだ。タブレットを持って先程の電波が届きにくい部屋に移動した。

 なんと、電波が強状態に変わったから驚いた。そして、1階のどの場所でも問題なくWiFiが使えるようになった。こんなに劇的に改善するとは思わなかった。

 マンションのように同じ階で使う場合は必要ないでしょうが、我家のように1,2階といった戸建の場合は重宝するかもしれません。
posted by Boo! at 23:17| 東京 ☀| Comment(2) | 元ラジオ少年のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

当たるも…当たらぬも?

 年賀はがきの当選番号が発表された。皆さんの結果はどうだったでしょうか?

 長年に亘って当選結果に一喜一憂してきた。100枚で3等が2枚当たる確率だ。しかし、なかなか当たらない。我家では妻の分と合わせて毎年300枚以上届く。しかし3,4枚当たるのがやっとだ。今年は少し増えて、6枚だった。1枚しか当たらない年もあった。

 最下位である3等でこんな程度だから、2等以上となったら当たるのが不思議なくらいだ。それでも一度だけ2等に当たった年があった。景品が何だったか忘れたけど、狂喜した(笑)。

 何等であれ、「当たる」というのは嬉しいものだ。幸運を独り占めした感がある。

 以前、宝クジを毎年のように買った時期があった。有り余るほどの金を持っている私だから、一攫千金を狙う必要などない。単に運試しだった…はずだ。しかし、3,000円が一度当たったのが最高で、「こんなものに金を使うのはバカげてる」と悟り、以来パタッとやめた。

 「宝クジ」と言えば義母を思い出す。30年以上も前のことだ。義母が友人と巣鴨のとげぬき地蔵に行った。お年寄りに人気のあるスポットだ。お地蔵さんをタワシで水洗いすると病が治るという御利益があるそうだ。しかし沢山の方がゴシゴシ洗うので磨り減ってしまい、新しく作り直したとか。新しい地蔵ができるまで、地元に住むたぬきさんが地蔵代りに立った。つまり、バンド用語で言うと、トラだ。

 でも、御利益ゼロどころか、却って病が重くなる人が続出し、無残にも捨て置かれた。現在のたぬきさんを彷彿させる出来事だった。

 さて義母たちが商店街を歩いていると、ある場所で列を作っていた。宝クジ売り場だった。それまで買ったこともなかったのに、なんとなく勢いで買ったらしい。しかし、たったの2枚だ(笑)。

 後日興奮した電話がきた。「当たった、当たった!」と喚いていた。宝クジを買ったことなど知らないから、「何が?」と問うた。「宝クジだよ」と叫ぶ。「あ、そう」と余り関心なく反応した。3,000円しか当たったことがない私だ。せいぜい同程度か、良くて10,000円だろうと舐めた。

 「違うよ。もっとだよ」と言う。どうもあり得ないことが起こりつつあった。そして、「百万円当たった」の言葉に、「ヒョエー!」と、今度は私が興奮した。たった2枚で百万円とは…。

 即、私の皮算用が働いた。「百万円の分け前をどうするかだな」と、私が当たった訳でもないのに配分を考えた(笑)。「義母が一番権利があるから、6割の60万円を渡す。残りの40万円は、妻と義妹、それに私と義弟の4人で10万円づつ分ければ、バッチリだ」と、我ながらの高い計算力に感銘した。

 だがいつまで待っても、義母から連絡が来ない。「野郎、逃げやがったな」

 その年は、義父の13回忌法要の予定があった。打合せに行くと、「いつも済まないねえ」と言いながら、白い封筒を差し出した。「この間の宝クジのおすそ分け」と言う。「とうとう10万円だ」とニヤニヤしながら、封筒をさすった。だが、なんか薄い。10万円ならもっと厚いはずだ。

「お父さんの法要でなにかとお金が出て行くから、少しだけど」「イヤイヤ申し訳ないです」と、一応感謝の気持ちを現した。

 後で封筒を開けると、1万円札一枚だった(悲)。妻も当てが外れたのか、「チェ!」と不満顔だった。

「ま、良いんじゃないの」と、むしろ大金に浮かれないしっかりした義母に感心した。でも、せめて3万円は欲しかったなあ(笑)。
posted by Boo! at 22:12| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

チューナー

 楽器の音合わせには基準となる音が必要だ。

 昔はピアノやオルガンの音を参考にして合わせた。しかし、ピアノの場合は狂っていることが多かったから、合わせにくかった。

 最近はいろいろな種類のチューナーが出ている。最も多いのは、電子チューナーでしょう。文庫本くらいの大きさから、500円玉ほどの小さなものまである。ギターやウクレレにはクリップ式チューナーが圧倒的だ。

 大学生の頃は音叉を使ったが、他にと言うと、調子笛があった。

 調子笛は、三味線や琴といった邦楽器によく使われたのではなかったか?お袋が一時三味線の稽古を始めた時に調子笛をピーピー吹きながら音合わせしていたことを思い出す。なかなか音が合わず、四苦八苦していた(笑)。

 ギター用の調子笛もあった。6つの笛が並んでいて、ギターの各弦に対応した笛を吹いた。大学のサークルにもこれを持参してチューニングするやつがいた。でも調子笛はかなり問題があった。

 まず吹き方によってピッチが変わる。息を吹き込むことで笛の温度が上がり、やはり音程が変わりやすい。それに笛自体の精度がどうだったか?

 結局、音叉に信頼を置くことになる。しかしこれも静かな場所で使うのならまだしも、教室のようなざわざわした場所では聴き取り難かった。叩いて振動させた音は、すぐに減衰してしまうので、その為何度も叩くことになる。阿羅漢さんなどはあまりに何回も頭に叩いて振動させるものだから、血だらけになったそうだ。

 固い物体に叩くということは、音叉を傷つけたり、場合によっては変形させてしまう。見ただけでは分からなくても、リスクはある。そうなれば当然、ピッチに影響するだろうことは容易に想像つく。うっかり上から落とすなどは厳禁だ。

 注意深く扱っても、長年使い続けると狂ってくるらしい。そのため、定期的に音叉のピッチを正確に修正することが必要だ・・・と、これは音の専門家から教えられた。ま、我々にはそんな厳密な狂いなどわからないから、ほどほどで良いのだろう。

 ソロで弾く場合は自分のチューニングだけ注意すればよいけど、バンド編成になるとお互いの楽器チューニングに気を払うことになる。5人のうち4人が正確でも、一人がおかしいと全体が狂ったように聴こえるから、責任重大だ。

 しかしスチールギターの場合、どんなに正確にチューニングしても、バーを音程正しく置かなければ意味がないから、難しい。

 最近のYouTubeやウクレレ教室の発表会の演奏を聴くと、結構音が合っているので感心する。入門者や初心者にとっては音合わせは難しいはずだ。ある時期までは、音のずれた不協和音を聴かされる発表会が多かったものだ。それがここへきて、あまり気にならなくなった。

 数年前から友人のウクレレ教室に顔を出すようになって、その理由が分かったような気がした。生徒さん全員が小さな電子チューナーを楽器に取り付けて音合わせしていたからだ。楽器はほとんど弾けなくても、チューナーを頼りに合わせるから、全員ほぼ正しい音にすることができる。メーターを見る目は真剣そのもので、ちょっとでもポイントから外れると直していた。

 電子チュ−ナーは便利な道具だけど、ただ、肝心の音を聴かず、メーターばかりに頼っていると、耳の訓練にはならないと懸念する。あまり過信せず、自分の耳も鍛えてほしいものだ。


チューナー.jpg
(最近購入したクリップ式チューナーです)


posted by Boo! at 23:11| 東京 ☀| Comment(24) | ハワイアン音楽・楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

お正月あれこれ…。

 正月気分もすっかり抜け、皆さんも平常生活に戻ったことでしょう。

 もしかすると初めてかもしれないが、三が日全て寺・神社にお参りした。元旦は、自宅近くの神社二つをハシゴ。二日は、市内で一番大きいと言われる神社に参拝した。現在の地に住んでからもう35年になろうとしているのに、初めて訪れた。地元では有名だし、車で近くを通ることはよくある。しかし、境内に入ることはなかった。

 さすがに多くの参拝客でごった返していた。だが私にはピンとこなかった。何というのか、「佇まい」が良くないのだ。ただ大きいでは駄目で、「品」のようなものがないと有り難みが薄れる。お賽銭を入れただけで、早々に引きあげた。自宅近くの小さな神社のほうが余程良い。

 「品がないと言えば、阿羅漢さんとたぬきさんを思い出すなあ」と、変な所でお二人の顔がちらついた。

 三日は少し足を延ばして、川越まで行った。有名な喜多院にお参りした。初詣としては4,5年前に訪れた以来で、相変わらず大変な人出だ。その足で、蔵が並ぶ通りを目指す。川越は「蔵造りの町」として有名だ。私も好きな一画で、江戸時代の風情を残している。

 県外から、或いは海外からも訪れているのだろう、人、人のラッシュだ。お互いすれ違うにもやっとの有り様だった。

 蔵を眺めながら、「菓子屋横丁」に向かう。ここも有名だ。一昨年だったか、火事で数店舗が焼失し、死者も出た。「どうなったか…」と気になっていた。しかし再建した店が多く、 何事もなかったかのように、賑わっていた。それでも建築中の建物もあった。なにはともあれ、「菓子屋横丁」として存続できたのは良かった。

 この横丁で何か買うのかと思ったら、妻には目的の店があったらしく、見学しただけだ。そして、その店に向かう。知る人ぞ知る、豆菓子専門の店だ。人気店らしく、外にまで客が溢れていた。入り口で店員から楊枝一本渡され、「中の試食品どれでもとうぞ」と言う。沢山の種類が置いてあり、どれも美味しい。全部口に入れようかと思った(笑)。

 妻は「お土産にする」と、豆の入った容器を幾つも大きな紙袋に入れて、二袋も買い込んだ。

 結構歩き回り、疲れもした。駅ビルにあるコーヒー店で一服した。

 三日続けたとは言え、私に神社巡りの趣味はない。ただ、正月はどうしても「食っちゃ寝」状態になりがちで、体に良いことは一つもない。だからこうして外出して歩かないと体がなまる。

 4日から仕事という方が多いかもしれません。しかし私は思い切って8日まで休んだ。7日は古い友人と新年会。都心まで出た。

 休み最後の8日は、何年ぶりかで映画鑑賞した。「マイルス・アヘッド」だ。ジャズファンであれば、マイルス・デイビスを思い浮かべるはずです。

 「マイルスの空白の5年間を描いたもの」というので、伝記、ドキュメンタリー性を期待していた。しかし多少の事実には基づいてはいるのだろうが、かなり娯楽映画にシフトした脚色だった。

 純粋にマイルスの音楽に期待すると肩透かしを食う。娯楽と割り切れば、楽しめるでしょう。
 
 以上、私のお正月報告です(笑)。

 皆さんは如何でしたか?
posted by Boo! at 22:25| 東京 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする